G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

9月26日(金) NZドル/円

【今日のトピック】
夕方に欧州金融機関の経営不安の噂

【基調】
上値重い

【目先の注目材料】
・NZの金利先安観
・欧米金融危機
・日米株価
・10/3 米雇用統計
・10/23 NZ中銀政策金利発表

【本文】
今朝発表されたニュージーランド(NZ)第2四半期のGDP(国内総生産)は、前期比マイナス0.2%、前年比プラス1.0%となり、2四半期連続で前期比マイナス成長を記録、リセッション(景気後退局面)入りした。市場予想の前期比マイナス0.5%を上回ったことを受け、NZドル/円相場は発表後に73円02銭まで上昇したが、73円付近では上値が重く、日中は米国議会で金融安定化法案の可決がにわかに不透明な情勢となってきたことや、日経平均の下落、夕方には欧州金融機関の経営不安のうわさでユーロが急落するのに伴い、夕方には71.89円まで下落している。

NZのカレン財務相はGDPについて、「第2・四半期が予想ほど悪くなかったことは、第4・四半期に見込まれる回復を前に歓迎すべきニュースだ」との見解を表明。ただ、市場ではNZ中銀が次回10月23日の政策金利発表で、政策金利を少なくとも0.25%引き下げることが確実視されており、来年にかけて金利が段階的に引き下げられる公算となっていることがNZドル相場の重しとなっている。夕方の取引では、欧州金融機関の経営不安という新たな材料がでてきたことで、目先のNZドル/円相場はやや下落基調が続きそうだ。この材料に関する信憑性や市場の反応、米国株価動向に注目したい。

バックナンバー

●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

のりかえ&おかえりキャッシュバックキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

メキシコペソ/円のポイント

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ