G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

9月22日(月) ランド/円

【今日のトピック】
南ア大統領辞任の影響に注目

【基調】
やや軟調

【目先の注目材料】
・南アの政局の混迷
・米金融危機
・日米株価、ドル/円相場、ユーロ/円相場、豪ドル/円相場

【本文】
今月のランド/円相場は、最大約10%以上(1円63銭)下落し、18日にほぼ5か月半ぶり安値12円43銭を記録。 米国の金融市場への懸念からハイリスク・ハイリターン型のランドが売られ、円を買い戻す動きが活発化したことが背景。 先週末の米金融危機への対策を受けて、市場の懸念が和らぎ、ランド/円相場は19日に10日ぶり高値13.64円まで反発した。 しかし、20日に与党アフリカ民族会議(ANC)の要求を受け入れ、ムベキ南ア大統領が辞任したことを受け、ランド/円相場は 先週末から1.4%(19銭)下落してスタート。週初めの取引では、アメリカ政府や金融当局の講じた危機対応策の効果を疑問視する声が 強まり、円買いがやや優勢となっている。目先のランド/円相場はやや下落リスクの高い状況が続きそうだ。

バックナンバー

●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

米雇用統計特別企画

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ