G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

9月8日(月) ドル/円

【今日のトピック】
米国政府のGSE救済を好感し、大きく窓を空けオープン

【基調】
急反発

【目先の注目材料】
・GSE(政府系住宅金融機関)に関する話題
・NY株式市場、NY原油相場
・要人発言(特に米・欧)

【本文】
週明けのドル・円相場は週末に米国政府が発表したGSE(政府系住宅金融機関)救済策を好感した。再燃しつつあった金融不安が後退したことにより週末のクローズより1円以上高く始まった。本日の東京市場でもメガバンク株が軒並みストップ高まで買われ、日経平均が400円以上プラスでひけた。しかしドル・円自体の動きは鈍く、早朝に3営業日ぶりとなる109円を示現するなど堅調ながらも、上値を抑えられる格好となった

本日は大きな注目材料が少ないことから、動きの乏しい展開が予想されるが、GSE救済の影響を見極めるためにも、海外市場の動向には注目が集まりそうだ。
また、ECB理事の発言やフィッシャー・ダラス連銀総裁の講演も、様子見ムードの相場には影響を与えるかもしれない。

バックナンバー

●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

米雇用統計特別企画

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ