G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

7月17日(金)豪ドル/円

【今日のトピック】
値動き鈍るも油断は禁物

【基調】
戻り鈍い

【目先の注目材料】
・主要国(特に日米)株価、ドル/円、ユーロ/円
・底固い豪州経済
・日豪金利差(3%弱)
・7/19 米住宅着工件数、建設許可件数、シティ・グループ決算発表
・7/20 東京市場休場
・7/21 バーナンキFRB議長議会証言

【本文】
昨日の米株上昇を受けてリスクに対して積極性が増し、豪ドル/円相場はきょう早朝に75.73円まで上昇したが、日中の取引ではインドネシアの首都ジャカルタで外資系ホテルが爆発が起きたことが報じられると、リスク回避志向が強まり、豪ドル/円相場は午前10時半過ぎに74.66円まで下落。夕方には75円ちょうど近辺で推移している。

米ダウ平均が4日続伸しているにもかかわらず、豪ドル/円の伸びは鈍いという印象がある。13日に70.72円まで下落しているだけに、豪ドル買いにこれまでよりも慎重になっているようだ。今週の取引では、米国株式市場が大幅に上昇したことで豪ドル/円相場も反発したが、なぜ米株が上昇したかというと、主として今週発表された米大手金融機関の決算が好調だったことによるものであり、米国経済全体の先行き見通しが著しく改善しているわけではない。

月末にかけては総じて重要なイベントが少なく、夏休みシーズンに差し掛かることもあり、値動きが鈍くなることが予想されるが、本日のジャカルタでの爆発事件など、予期せぬ出来事で相場が急変するリスクは常にあり、油断は禁物である。

バックナンバー

●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

のりかえ&おかえりキャッシュバックキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

メキシコペソ/円のポイント

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ