G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

7月16日(木)NZドル/円

【今日のトピック】
NZ格付け見通し引き下げで急落

【基調】
急落

【目先の注目材料】
・大手格付け機関によるNZ格付け見通し引き下げ
・主要国(特に日米)株価、ドル/円相場、ユーロ/円相場
・7/16 米新規失業保険申請件数、対米証券投資
米フィラデルフィア連銀景況指数
・7/17 米住宅着工件数、建設許可件数

【本文】
午後1時前に大手格付け機関フィッチ・レーティングスがニュージーランド(NZ)の格付け見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げたことを受け、NZドル/円相場は午後1時過ぎから最大ほぼ80銭下落し、午後2時過ぎに59円91銭を記録した。フィッチは格付け見通しを引き下げた理由として、高水準の経常赤字と対外債務を挙げた。NZの経常赤字は、第1四半期に対GDP比率で8.5%(http://www.gaitame.com/market/indicator_nz.html) を記録している。序盤に前日比200円以上上昇した日経平均が引けにかけて上げ幅を約75円にまで縮小するのに伴い、円が各通貨に対して上昇していることも、NZドル/円相場を押し下げている

今週の取引では世界経済の先行きへの懸念が和らぎ、主要国の株価上昇や円相場の下落が進行したが、本日の東京市場では、景気の先行きについて慎重な見方が根強いことが改めて示された形となっている。ドル/円相場では94円ライン、NZドル/円相場では60円ラインの攻防がカギだ。週末にかけては余り大きな値動きは期待しづらいが、どちらに振れるかといえば下方向ではなかろうか。

バックナンバー

●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

のりかえ&おかえりキャッシュバックキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

メキシコペソ/円のポイント

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ