G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

7月13日(月)ランド/円

【今日のトピック】
ほぼ2カ月ぶり11円台割れ

【基調】
軟調

【目先の注目材料】
・世界経済の先行き懸念
・主要国(特に日米)株価
・7/14 独ZEW景気期待指数、米小売売上高
・7/17 米住宅着工件数、住宅建設許可件数

【本文】
ランド/円相場は週初めに最大25銭(2.2%)下落し、午後3時半過ぎにほぼ2カ月ぶり安値10.96円を記録した。世界経済の先行き懸念が強まっていることで、リスク回避志向が強まり、株安・円高基調が強まっていることが背景。世界経済の先行き懸念が強まる場合は、日米欧の投資家が新興国から資金を引き揚げる動きを強めるため、ランドなどの新興国通貨はひと際弱く推移する。

ランド/円相場は通常、南アフリカの材料には殆ど反応せず、主要国(特に日米)株価動向に大きく左右される。本日発行の外為どっとコム総研のウィークリービューにも記したが、2日の米雇用統計発表に端を発した世界経済の先行き懸念は容易には覆らず、ランド/円相場は当面強い逆風に晒されることとなりそうだ。

バックナンバー

●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

のりかえ&おかえりキャッシュバックキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

メキシコペソ/円のポイント

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ