G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

4月3日(金)ランド/円

【今日のトピック】
のど元過ぎれば熱さ忘れる

【基調】
堅調

【目先の注目材料】
・南アの高金利(9.5%)
・G20声明で途上国支援枠3倍に拡大
・日米株価、ドル/円、ユーロ/円
・北朝鮮のミサイル発射による地政学的リスク
・4/3 米国雇用統計

【本文】
株価が世界的に上昇し、外国為替市場で円を売る動きが強まっていることに加え、きょう未明に発表されたG20(20カ国・地域首脳会合)の声明で、途上国への支援枠が3倍の7500億ドルに拡充されたことを受け、新興国通貨が急上昇。ランド/円相場は昨日朝から65銭、6.2%上昇し、今朝にほぼ5ヵ月半ぶり高値11円07銭を記録した。

アメリカの住宅市場の底打ち観測や金融対策により、株価に対して強気な見方が増え、外国為替市場でも更なる円安を予想する声が増えてきた。筆者も当面は円安基調が持続すると予想するが、米自動車大手の経営危機や米不良資産買い取り計画の過大評価など、根本的な懸念材料がくすぶり続けており、相場が急変する可能性を秘め続けることになるだろう。

現在の水準から高金利通貨の長期投資を考えるのは、より慎重になるべきではないか。近い将来に相場が急落してからでも遅くないであろう。

バックナンバー

●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

米雇用統計特別企画

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ