G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

3月16日(月)ユーロ/ドル

【今日のトピック】
1.30ドル突破で、ユーロ本格上昇

【基調】
堅調。上値試し

【目先の注目材料】
・3/16 NY連銀製造業景気指数、対米証券投資、米鉱工業生産
・3/17 独ZEW景気期待指数、米住宅着工件数
・ユーロ/ドル相場の1.30ドル試し
・米国株式市場
・「安全資産」としてのドル買い
・米国経済の厳しい状況
・米財政赤字の急拡大
・ユーロ圏経済の減速
・東欧の経済危機
・欧州中銀による追加利下げ観測

【本文】
ユーロ/ドル相場はきょう夕方の欧州市場序盤で、13日に記録したほぼ半月ぶり高値1ユーロ=1.2955ドルを記録した。特段の材料のない中、欧州勢がユーロを買い進めた模様。先週12日のレポートで、ユーロ/ドル相場の日足3カ月のチャートはダブルボトムを形成しており、上値をうかがう形となっていると述べたが、まさしくその通りの展開となっている。

市場では、ユーロ/ドル相場の重要な節目である1.30ドルラインを試す機運が強まっている。今年のユーロは、1月にユーロ圏の中堅国の格付けが相次いで引き下げられたことや、中・東欧の経済危機を背景に売り込まれる場面もあったが、ユーロ/ドル相場は1.25ドルラインが底値との見方が強まってきた。過去1年間のチャートを見ても、1.30ドル割れ水準が底値圏であることがお分かりいただけるだろう。

1.30ドルラインにはストップロスのドル売り/ユーロ買いオーダーが集中しており、この水準を突破すれば、昨年12月中旬同様、ユーロの上昇機運が急速に強まる可能性が高い。

バックナンバー

●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

のりかえ&おかえりキャッシュバックキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

メキシコペソ/円のポイント

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ