G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

3月2日(月)カナダドル/円

【今日のトピック】
カナダのGDP独特の発表形態ゆえに・・・

【基調】
軟調

【目先の注目材料】
・3/2 (加) 12月GDP
・3/2 (加) 第4四半期GDP
・3/2 (米) 2月ISM製造業景況指数
・3/3 (加) 加中銀政策金利発表
・ドル/円相場動向

【本文】
本日のカナダドル/円相場では、久々に大きなイベントを控えている。すなわち、12月分と第4四半期分のGDPが発表される予定となっているが、本日のカナダドル/円相場はこの結果が最も大きなポイントとなってくるだろう。

カナダのGDPは昨年10月分から前月比ベースでマイナス続きとなっている。前回11月分のGDPについては、前月比ベースでのマイナスが予想を上回ったものの、それを織り込む向きも多かったため、カナダドル/円相場が急落することは無かった。

しかし、本日は12月分のGDPだけではなく、第4四半期のGDPも発表されることになっている。カナダでは、他の国と違って毎月GDPが発表されることになっているが、3ヶ月に1回は四半期分のGDPが発表されることになっており、今回はその3ヶ月に1回の当たり月となっている。

カナダの四半期分のGDPは、前期比年率ベースでの伸び率が2003年第3四半期以来プラス続きとなっているだけに、12月分GDPの結果にかかわらず、第4四半期のGDPの前期比年率ベースでのマイナスが予想よりも大きかった場合については、カナダ経済の先行きに対する懸念が広がりやすくなるだろう。そのようなときには、カナダドル/円相場急落の可能性は高いといえるので、要注意だ。

バックナンバー

●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

のりかえ&おかえりキャッシュバックキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

メキシコペソ/円のポイント

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ