G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

1月21日(水)NZドル/円

【今日のトピック】
NZ中銀大幅利下げ観測が強い売り圧力に

【基調】
軟調。下値試し

【目先の注目材料】
・NZ中銀による大幅利下げ観測
・NZ経済の急減速
・S&P社によるNZドル建て債券格下げ
・日米株価、ドル/円相場、ユーロ/円相場
・1/29 NZ中銀政策金利発表

【本文】
NZドル/円相場は今朝に7年半ぶり安値46.30円を記録した。今月中旬から日米株価の下落基調が強まっていることや、欧州通貨(ユーロ、ポンド)が円に対して弱含んでいること、13日に大手格付け機関S&P社がNZドル建て債券の格付け見通しを引き下げたこと、そして20日に発表されたNZ第4四半期の消費者物価指数が2年ぶりに前四半期から低下したことで、NZ中銀が来週29日に政策金利を1%引き下げるとの観測が強まっていることが背景。

きょう日中の取引では、ドル/円相場が90円台に反発するのに伴い、NZドル/円相場も47円台中盤まで反発したが、ドル/円相場が再び90円台を割り込むとともに、NZドル/円相場も47円ちょうど前後まで下落している。NZ中銀による大幅利下げ観測によりNZドルのファンダメンタルズは大きく劣化しており、NZドル/円相場の強い反発は期待薄の情勢。更に下値を切り下げるか否かは、日米株価の動向がカギとなろう。目先は米ダウ平均が8000ドル台を回復するか否かがポイントだ。

バックナンバー

●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ