G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

7月24日(木) NZドル/円

【今日のトピック】
高金利通貨相場に波乱の予兆

【基調】
軟調

【目先の注目材料】
・NZ中銀の追加利下げ観測
・豪州中銀の「利下げ」観測
・米国の年内利上げ観測
・日米株価
・ドル/円相場
・NY原油相場
・金相場

本文

NZ(ニュージーランド)準備銀行(中央銀行、RBNZ)は今日早朝、政策金利を8.25%から8%に引き下げることを発表し、声明で今後の追加利下げの可能性を明言した。政策金利発表後に大手通信社が現地の17社のエコノミストを対象に実施した調査によると、全員が次回9月11日にNZ中銀が0.25%の追加利下げを実施すると予想している。政策金利発表後、NZドル/円相場はほぼ半月ぶり安値79.94円を記録した。

米国の金利先物市場では、年内の金利引き上げを完全に織り込む一方、豪州では昨日発表された消費者物価指数が予想の範囲内に留まったことで、金利先物市場では早くも来年の利下げをほぼ織り込んでいる。市場では米国とオセアニアとの金利差縮小観測が強まりつつあり、NZドルおよび豪ドルは対米ドル主導での下落リスクが高まってきたといえるだろう。原油や貴金属、穀物などの国際商品価格の指数であるCRB指数は今月3日に過去最高値473.97を記録したのち、昨日にかけて10%以上下落するなど、商品価格の下落も資源国・高金利通貨にとって重しとなっている。

バックナンバー

●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

のりかえ&おかえりキャッシュバックキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

メキシコペソ/円のポイント

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ