G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

7月17日(木) ドル/円

【今日のトピック】
米金融株大幅反発。今後の動向に注目

【基調】
反発

【目先の注目材料】
・日米株価
・NY原油相場
・米大手金融機関決算発表(7/17 J.P.モルガン、メリルリンチ、7/18 シティグループ)
・7/17 米住宅着工件数
・米新規失業保険申請件数
・米フィラデルフィア連銀景況指数

本文

米住宅金融公社フレディマックとファニーメイの資金繰り悪化懸念やバーナンキFRB議長が15日の議会証言で米国経済に対して厳しい見通しを示したことを受け、ドル/円相場は昨夜にほぼ50日ぶり安値103円77銭を記録したが、昨夜の米国株式市場の急反発やNY原油相場の大幅下落を受け、ドル/円相場は今日夕方に105円47銭まで反発している。昨日の米国株式市場では、アメリカの証券取引委員会が大手金融機関株の空売り規制の強化を発表したことや、銀行大手ウエルス・ファーゴの決算を受けて、渦中のファニーメイとフレディマックはともに29%超上昇、本日決算を発表するJ.P.モルガンチェースは15.9%、バンク・オブ・アメリカは22.4%上昇するなど、米金融株が軒並み急反発。第2四半期の決算発表に絡んだ金融市場への懸念は後退したとの見方も出ているが、決算発表はまだ始まったばかり。今日明日の米金融機関の決算発表が当面のドル/円相場の方向性を大きく左右しそうだ。

バックナンバー

●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ