G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

6月24日(火) ユーロ/円

【今日のトピック】
ユーロ/円、過去最高値に迫る

【基調】
やや堅調

【目先の注目材料】
・欧州中銀の7月政策金利引き上げ観測
・ユーロ圏経済の減速懸念
・7/3 欧州中銀政策金利発表
・ドル/円相場
・日米株価

本文

ユーロ/円相場は夕方に168.21円まで上昇し、過去最高値168.93円を記録した昨年7月以来の高値を記録した。目新しいユーロ買い材料が見当たらない中、アジア系ファンドによるユーロ買い/ドル売りが相場を押し上げている模様。欧州中銀(ECB)のトリシェ総裁が今月5日に政策金利を7月に引き上げる可能性を明言し、その後欧州中銀の幹部が相次いで7月利上げの可能性を示唆したことを受け、今月のユーロ/円相場は堅調に推移している。ユーロ/円の目先のターゲットは過去最高値168.93円、それを抜ければ170円の大台だ。ただ、昨日発表された6月の独ifo業況指数は前月の103.5から2005年12月以来の低水準の101.3を記録し、6月のユーロ圏サービス業PMI(購買担当者景気指数)は、景気判断の境目である50を2003年6月以来初めて割り込むなど、ユーロ圏の景気先行き懸念が強まっている。ユーロ相場は当面やや堅調な推移が持続しそうだが、一旦天井感が強まれば、調整が入る可能性もありそうだ。

バックナンバー

●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

米雇用統計特別企画

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ