G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

6月20日(金) ユーロ/円

【今日のトピック】
ユーロ円堅調な地合いをキープできるか

【基調】
底堅い

【目先の注目材料】
・6/20 トリシェECB総裁講演、EU 首脳会議
・6/23 独6月IFO景況指数

本文

今月5日に、トリシェECB(欧州中央銀行)総裁が「7月に利上げを実施する可能性を排除しない」と発言したことで利上げ期待が高まって以降、ユーロ円が堅調に推移している。また、その後もトリシェ氏がユーロ圏でのインフレ進行に対する懸念を示したことや、消費者物価指数が高水準で推移していることもあって利上げ期待がさらに高まり、それによってユーロ買いも活発になった。ユーロ円は一昨日には168円乗せとなり、昨年7月13日につけた史上最高値(168円90銭台)の更新もうかがう展開となった。

市場では、あらためてECB当局者がインフレ懸念を示した場合や、利上げ実施について示唆した場合には、来月の利上げ実施の可能性が高まるという思惑からユーロがさらに買われるとの見方も出ている。ちょうど本日はトリシェECB総裁が講演を行う予定となっており、利上げ実施について示唆する発言が出れば、ユーロが活発に買われる展開になりそうだ。場合によっては、史上最高値更新の可能性もあるだろう。

バックナンバー

●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ