G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

5月20(火) ユーロ/円

【今日のトピック】
ユーロ圏利上げ観測再浮上

【基調】
やや堅調

【目先の注目材料】
・5/21 独IFO景況指数
・ドル/円相場
・日米株価

本文

今日午後6時に発表された5月の独ZEW景気期待指数は、前月の−40.7から−41.4に悪化し、市場予想の−37.0を下回ったものの、ドイツ6大経済研究所のZEW研究所のウォルフガング・フランツ所長が発表後に「欧州中銀は近い将来の金利を引き上げるだろう」と発言したことを受け、夕方の取引でユーロが上昇している。

先週15日に発表されたドイツ第1四半期のGDP(国内総生産)速報値は、前期比+1.5%と、12年ぶり高水準を記録(前年比では+1.8%)。この結果を受け、2008年のドイツのGDPは、世界経済の減速傾向が強まる中、2%程度で底固く推移するとの見方が強まっている。ドイツでは労働者の賃金が前年比5〜10%程度引き上げられると公算で、インフレ(物価上昇)懸念が強まっており、欧州中銀(ECB)の理事会のメンバーであり、ウェーバー独連銀総裁はインフレを強く懸念する発言を繰り返している。しかし、スペインの第1四半期のGDPは前期比+0.3%と、13年ぶり低水準を記録するなど、ユーロ圏内で景況感にバラつきが生じている。

今年に入ってユーロ圏では利上げ観測、利下げ観測双方が浮上しており、その度にユーロ相場が大きく変動した。今日夕方には利上げ観測が急浮上したが、利上げの有無は今後発表される指標の結果次第だ。目先は明日21日発表の独IFO景況指数に注目したい。

バックナンバー


●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

のりかえ&おかえりキャッシュバックキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

メキシコペソ/円のポイント

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ