G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

3月7日(金) ドル/円

【今日のトピック】
米国2月雇用統計発表

【基調】
やや軟調

【目先の注目材料】
・米国2月雇用統計(失業率、非農業部門雇用者数)

【本文】
本日は米国2月雇用統計の発表日ということで、それが注目材料となり、注目の通貨ペアといえばドル円となるだろう。雇用統計は統計対象が幅広いゆえに経済動向を見極めるのに最も適した指標のひとつということで、ドル円相場に大きな影響を与えることが多い。そのため、本日発表の雇用統計の結果が本日のみならず、来週以降のドル円相場の動きを左右することになる可能性もある。

雇用統計発表前日の木曜日には、米住宅金融会社の債務不履行通知の報道をきっかけに広がった信用不安や、米国株式相場の下落を受けて102円台前半にまで下落する場面が見られた。本日の雇用統計の結果が悪ければさらに安値を更新する展開となり、場合によっては2005年1月以来の102円台割れとなる可能性があるだろう。逆に、雇用統計が好結果になれば、今後しばらくドル円相場は堅調、もしくは底堅い推移を続けることになると思われる。

バックナンバー

●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

のりかえ&おかえりキャッシュバックキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

メキシコペソ/円のポイント

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ