G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

2月26日(火)NZドル/円

【今日のトピック】
NZドル/円、2ヶ月ぶり高値88.06円

【基調】
やや堅調

【目先の注目材料】
・日米株価動向
・3/6NZ中銀政策金利発表
・3/13NZ1月小売売上高

【本文】
NZドルは26日、対米ドルで1985年3月のNZの変動相場制移行後の最高値1NZドル=81.51セント、対円では2ヶ月ぶり高値88.06円を記録した。NZと米国の金利差拡大観測や、最近数週間に日本人向けのNZドル建て社債、いわゆるウリダシ債の発行が再び活発化していることに加え、週初めに日米の株価が大幅上昇したことで、リスク回避志向が後退し、円売りが強まったことが背景。今日日中の取引では、NZドルが対米ドルで最高値を記録後、利食い主導で最大約1%下落(80.71セント)し、NZドル/円相場も日中に最大約1%(91銭)下落(87.15円)したが、下値では買い意欲の強い状況が当面続きそうだ。

NZは、昨年第4四半期の失業率が22年ぶり低水準の3.4%、個人消費も底固く推移する一方、第4四半期の消費者物価指数は前年比+3.2%と、NZ中銀の物価誘導目標の上限である+3%を上回っている。市場では、米国の3月の利下げが確実視される中、NZの政策金利は9月頃まで現在の8.25%に据え置かれるとの公算が強まっており、NZドルは1月下旬から対米ドルで最大約10%上昇、対円では最大約12.6%(9円92銭)上昇した。NZドル/円相場では昨年11月以来の90円台が視野に入ってきており、日米株価の推移が最大の争点となりそうだ。

バックナンバー

●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ