G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

外為どっとコムのスタッフが今最もホットな通貨ペアを日々ピックアップし、その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。弊社お取り扱いの全通貨ペアを対象に、各国の経済・金利動向や金融政策、株価、商品相場動向など、あらゆる視点からその日一番注目の通貨ペアをご紹介します。
ニュースや他のレポートでは伝えきれない、貴重な情報をご提供いたします。
※祝祭日除く。

4月26日(水) 米ドル/円

【通貨ペア】
米ドル/円

【今日のトピック】
日銀、買入れ縮小観測を否定へ

【基調】
足場固め

【目先の注目材料】
・4/26 トランプ米大統領税制改革案
・4/27 日銀金融政策決定会合
・主要国株価、国際商品市況

【本文】
本日から日銀金融政策決定会合が行われており、明日には当面の金融政策と経済・物価情勢の展望(展望リポート)が発表されるほか、黒田総裁の会見も予定されている。展望リポートでは、足元の景気判断を上方修正する公算が大きいとされる。そうした中、一部には日銀が現在の「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」の枠組みを修正するのではないかとの見方もあるようだ。日銀は長期国債の保有残高が「年間約80兆円」ペースで増加するように買入れを行うとしているが、足元の買入れ額はこのペースを大きく下回っており、現状を追認する形でペースダウンを宣言する可能性があるとの見立てだ。実際にペースダウンとなれば、市場が金融緩和の縮小と受け止める可能性もあろう。ただ、インフレ目標の達成が見通せない中で円高(デフレ)を招きかねない枠組変更を、黒田総裁が容認する可能性は極めて低いと見る。総裁会見でも買入れペースダウンに質問が集中しそうだが、あくまでも一時的な現象として、緩和縮小を認める事はまずないだろう。

ドル/円は、本日の東京市場で111円台半ばまで上伸しており、17日に付けた年初来安値108.134円から3円以上反発した。このまま、上向きの流れを確実なものにできるか、今夜のトランプ(米大統領)減税案と明日の日銀金融政策決定会合が注目のイベントとなりそうだ。


バックナンバー(2017年4月)


●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

米雇用統計特別企画

スプレッドタイムセール 2017年4月28日(金)午後3時00分〜2017年4月29日(土)午前3時00分

スプレッド縮小キャンペーン

上限なしキャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

メキシコペソ/円のポイント

FXブログ