G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

外為どっとコムのスタッフが今最もホットな通貨ペアを日々ピックアップし、その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。弊社お取り扱いの全通貨ペアを対象に、各国の経済・金利動向や金融政策、株価、商品相場動向など、あらゆる視点からその日一番注目の通貨ペアをご紹介します。
ニュースや他のレポートでは伝えきれない、貴重な情報をご提供いたします。
※祝祭日除く。

9月22日(金) NZドル/円

【通貨ペア】
NZドル/円

【今日のトピック】
政権交代はあるか

【基調】
波乱含み

【目先の注目材料】
・9/23 NZ総選挙 
・主要国株価、国際資源価格

【本文】
明日23日にNZで行われる総選挙(一院制、定数120)で9年ぶりに政権交代が起きる可能性がある。8月以前はイングリッシュ首相率いる与党・国民党が圧倒的優位に立っていたが、8月に入り野党・労働党の党首にジャシンダ・アーダーン氏が就任すると支持率が急上昇。終盤の世論調査では与野党の支持率がいずれも40%台で拮抗しており予断を許さない状況となっている。

市場としては、前財務相で経済運営に定評があるイングリッシュ首相の続投が望ましいとの見方が多い。また、アーダーン労働党は米国離脱後も協議が進む環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の再交渉(外国人による中古住宅取得の禁止が争点)を表明しており、日本が目指す11月の合意に向けた障害となる可能性もある。このため、短期的には政権交代がNZドル安要因となる可能性が高い。反対に、与党が政権を維持すればNZドル高に振れる公算だ。

なお、選挙は即日開票され、23日夜にも大勢が判明する見通し。国民党と労働党の2大政党がいずれも単独過半数を確保できない場合は、小政党との連立交渉が焦点になる。


バックナンバー(2017年9月)


●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

米雇用統計特別企画

スプレッド縮小キャンペーン

トランプ政権の焦点

G-1 BATTLE −欧州&高金利通貨チャンピオンシップ−

上限なしキャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

メキシコペソ/円のポイント

FXブログ