ポジション比率情報

前営業日のポジション比率情報(毎日更新)

「ポジション比率情報」とは、当社「外為どっとコム」の外国為替保証金取引『外貨ネクストネオ』にてお取引いただいておりますお客様の実際のポジションの売り買いの比率を表しております。
上段の棒グラフにつきましては、その日の『外貨ネクストネオ』のポジションの売り買いのバランスを合算して表示しており、下段の折れ線グラフにつきましては、過去から現在までのポジションの売り買いのバランスの推移を表示いたしております。

ポジション比率情報ダウンロード[XLS]XLS

ポジション比率情報から見る月の顧客動向


【ポジション比率情報の比較(前月比)】

9月末時点のポジション比率情報

8月末時点のポジション比率情報


【9月の為替相場】

9月のドル/円相場は118.532〜121.321円のレンジで推移。月間の終値ベースでは約1.1%の下落(ドル安・円高)となった。
前半にひとしきり上下に振れた後は、120円を挟んだもみ合いのまま119円台後半で取引を終えた。月間の値幅は約2.8円に留まっており、これは4月の約2.3円に次いで今年2番目の小動きという事になる。中国経済への不安などを背景に、資源価格や主要国株価が弱含んだ上に、それらに配慮して米連邦公開市場委員会(FOMC)が利上げを見送るなど、本来なら為替相場の大変動に繋がってもおかしくない地合いであったが、四半期末という季節性も影響したのか、やや動意を欠く展開であった。

 

9月のユーロ/円相場は132.229〜137.440円のレンジで推移。月間の終値ベースでは約1.4%の下落(ユーロ安・円高)となった。
月を通して見ると、値動きの荒い中で売り材料に反応する場面が多かった。特に中国経済の減速懸念が根強い中で主要国株価が下落した上、独自動車大手VWが排ガス規制をクリアするために不正を行った事が明らかとなり、これをきっかけに欧州株が急落してユーロ/円相場の重石となった。

 

9月の豪ドル/円相場は82.116〜87.508円のレンジで推移。月間の終値ベースでは約2.4%の下落(豪ドル安・円高)となった。
8月の中国発の世界的な株価の暴落から広がったリスクオフムードが9月初めに一服すると、豪ドル/円も82.116円の安値を付けたところから下げ幅を縮小する様子が見られた。しかし、その後も散発的に台頭する中国の景気減速懸念が頭を抑える形となり、後半は再び安値圏に沈んだ。また、豪中銀(RBA)の金融政策に関しては当面据え置きの色が濃く、豪ドルが主体的に動くという様子は見られず、全般的に主要国株価を眺めての値動きとなった。

【ドル円相場の顧客動向】

ドル円日足1ヶ月

ドル円売買比率


ドル/円相場は概ね119〜121円でレンジを形成する中、ポジション比率は買いがおよそ7〜8割前後で推移しており、大きな辺土が見られなかった。売買比率を見ても、月を通して偏りが見られなかった。様子見姿勢を取った投資家が少なくなかった事を物語っており、売買もやや低調だったと見られる。

【ユーロ円相場の顧客動向】

ユーロ円日足1ヶ月

ユーロ円売買比率


ユーロ/円のポジション比率は、売り持ち(ショート)比率が5割を超えている事が多かったのが特徴的である。月初に132円台まで下落する場面で4割台に低下したが一時的となり、間もなく5割を回復。17日に月の高値となる137円台に上昇すると63.4%に達したほか、その後133円台まで下押した場面でも5割を割る事はなかった。ユーロ/円相場は6月に141円台を付けた後はじり安で推移しており、それに歩調を合わせるかのように個人投資家の売り意欲の強さが窺える展開となった。

【豪ドル/円相場の顧客動向】

豪ドル円日足1ヶ月

豪ドル円売買比率


豪ドル/円のポジションン比率は、全般的には買い持ち(ロング)優勢で推移。3日には買い持ち比率が90%に達した。ただ、16日に8月後半以来となる87円目前に迫ると、買い持ちが一時66%台まで低下。この日の売買比率を見ると売り新規が増加しており、一部投資家がレンジ上限と見て売りポジションを持ったようだ。もっとも、翌日以降の下落局面ですかさず80%台を回復するなど、買い意欲の強さも健在であった。


●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

のりかえ&おかえりキャッシュバックキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

メキシコペソ/円のポイント

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ