ポジション比率情報

前営業日のポジション比率情報(毎日更新)

「ポジション比率情報」とは、当社「外為どっとコム」の外国為替保証金取引『外貨ネクストネオ』にてお取引いただいておりますお客様の実際のポジションの売り買いの比率を表しております。
上段の棒グラフにつきましては、その日の『外貨ネクストネオ』のポジションの売り買いのバランスを合算して表示しており、下段の折れ線グラフにつきましては、過去から現在までのポジションの売り買いのバランスの推移を表示いたしております。

ポジション比率情報ダウンロード[XLS]XLS

ポジション比率情報から見る月の顧客動向


【ポジション比率情報の比較(前月比)】

9月末時点のポジション比率情報

8月末時点のポジション比率情報


【9月の為替相場】

9月のドル/円相場は97.50〜100.61円のレンジで推移。月間の終値ベースではほぼ横ばいの推移となった。上旬は株高や米8月雇用統計の好結果を期待する動きからじり高となるも、雇用統計が前月に続き弱い内容だったことを受けて一旦は失速。しかし、市場の9月米連邦公開市場委員会(FOMC)での量的緩和縮小開始への期待は高く、再び上昇し11日には100.61円の高値を記録した。ただ、その後は株価が伸び悩んだ上、FOMCが市場の期待に反して量的緩和縮小を見送ったことや、米国の暫定予算や債務上限引き上げ協議が混迷した事からドル買いは進まず、上げ幅を縮小した。

 

9月のユーロ/円相場は129.78円〜134.94円のレンジで推移し、月間の終値ベースでは約2.5%の上昇(ユーロ高・円安)となった。上旬は、前月末にシリア情勢への懸念から下落した反動により堅調に推移。東京オリンピック開催決定を受けて本邦株高が進んだ事も上昇を後押しした。中旬はやや伸び悩んだものの、米FOMCが量的緩和縮小を見送った事で主要国の株価や国際商品価格が上昇すると、19日に約4年ぶり高値となる134.94円を記録した。下旬に入ると、イタリア政局不安や米財政協議の混迷を受けて一時131円台に下落する場面も見られたが、133円台を回復して9月の取引を終えるなど、堅調ぶりが目立った。

 

9月の豪ドル/円相場は87.70円〜94.43円のレンジで推移し、月間の終値ベースでは約4.9%の上昇(豪ドル高・円安)となった。上旬から中旬にかけ、豪州国内では豪準備銀行(RBA)による利下げ観測の後退や政権交代、国外では中国経済の持ち直し観測、シリア情勢の懸念後退や米FOMCでの量的緩和縮小見送りを好感した株高を受け、大幅に上昇。19日に94.43円と、約3か月ぶり高値を記録。ただ、下旬に入ると米財政協議の混迷を受けたリスク回避ムードにより上げ幅を縮小した。

【ドル円相場の顧客動向】

ドル円日足1ヶ月

ドル円売買比率


9月のドル/円は、買い比率が上旬の70%台半ばからじわじわと上昇し、下旬には90%台に達しており、月末時点では圧倒的な買い越しであった。前月に続き、中長期ではドル高・円高基調を見込み、買いポジションを保有する動きが優勢となった。相場が11日に月の高値となる100.61円を付けた後は軟調に推移する中でも、売買比率は目立って低下しなかった。後半に向け含み損を抱えた投資家が増えた模様である。

【ユーロ円相場の顧客動向】

ユーロ円日足1ヶ月

ユーロ円売買比率


9月のポジション比率は、6日に129.90円まで下押すタイミングで買いが44.4%に達するも、その後は相場が急騰する場面で売りが増える展開となり、134.95円の高値を記録した19日には82.9%に達した。売買比率を見ると、10日や19日のように相場が急騰して売りが増加した直後に買い決済がやや優勢となる傾向が見られ、売りポジションを素早く手仕舞う様子が伺える。一方で6日の下押しを見ると、新規の買いが増加した後、売り決済にそれほどの変化が見られなかった事から、中長期でのユーロ高・円安を見込んでいた様子である。

【豪ドル/円相場の顧客動向】

豪ドル円日足1ヶ月

豪ドル円売買比率


9月上旬の上昇局面では、ポジション比率の買い持ちが減少し、売買比率の売り決済がやや多めで推移しており、相場上昇に合わせ買いポジションを利益確定する動きが一部見られた。相場の上昇は中旬に入っても続くが、この時は売買比率の新規買いが増加するも買い持ちはほとんど増加しておらず、短期売買が主流であった模様。同じ上昇局面でも対応が分かれる珍しい結果となった。買いポジションを決済した後も相場上昇が続いたため、流れに乗るべく短期売買を行ったものと推測される。


●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

のりかえ&おかえりキャッシュバックキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

メキシコペソ/円のポイント

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ