最終更新日:2011年8月1日FXステージサービス終了についてのQ&A

※本Q&Aは、今後も随時アップデートしてまいりますので、お手数ではございますが継続してご確認くださいますようお願い申し上げます。

1.サービス終了について

2.ポジション・資金移動について

移動処理の概要について

「資金(返還可能額)移動」について

「ポジション・資金移動」について

「最低維持率」と移動後のロスカットについて

その他移動処理関連について

3.入出金について

4.お取引について

5.履歴閲覧サイトについて

Q1-1.『FXステージ』のサービス終了日時はいつですか?

A.『FXステージ』サービス終了スケジュールは、次の通りです。

『FXステージ』強制決済の実施およびFX取引サービスの終了日:2011年3月19日(土)
前日・3月18日ニューヨーク(NY)クローズ直前のメンテナンス開始時刻(日本時間:翌19日午前5時30分)をもちまして、『FXステージ』における決済注文の受付、執行および約定処理をすべて終了いたしました。また、『外貨ネクスト』への「ポジション・資金移動」やお客様ご自身による決済がなされなかったために、この時点で残存していたお客様のポジションは、18日の当社クローズレート(終値)を用い、すべて19日午前6時までの間に反対売買により強制決済いたしております
決済対象となったお客様のうち『外貨ネクスト』口座をお持ちの方に限り、同決済により確定した「資産合計」の最終確定を経て、同年3月26日(土)午前5時30分時点における「返還可能額」の全額を、同日中にお客様の『外貨ネクスト』口座へ移動させていただいております。
旧『FXステージ』取引画面のサービス終了日:2011年3月31日(木)午後5時
旧『FXステージ』取引画面の全チャネル(リッチアプリ版・Web版・モバイル版)は、この日時をもちまして、ログインができなくなっております。
なお当社では、サービス終了した旧『FXステージ』取引画面に代わり、同年4月2日(土)より「『FXステージ』履歴閲覧サイト」の提供を開始いたしております。同サイトでは、「取引残高報告書」ほか『FXステージ』電子帳票の出力サービスをご利用いただけます(2012年3月末終了予定)。

PAGETOP

Q1-2.どうして『FXステージ』のサービスを終了したのですか?

A.2010年3月の『FXステージ』取引システムのリニューアル以降、同取引システムには不安定な要素があり、同年9月17日付で関東財務局より下された行政処分の該当事項となったものも含め、これまで数々のシステム障害の発生を招いております。
当社ではこうした障害の発生の度に、その原因の究明とともに不具合解消のための作業を実施してまいりましたが、今後新規建玉のお取引を再開した場合、新たな障害の発生に伴うお客様方へのさらなる悪影響の懸念を払拭できるまでには至っておりません。当社ではこうした経緯に鑑み検討を重ねた結果、はなはだ遺憾ではございますが、抜本的解決策として同サービスの終了を決断した次第でございます。

PAGETOP

Q1-3.今回のサービス終了で、預けている資金への影響はありますか?

A.お客様からお預りしておりますご資産につきましては、信託保全サービス『セーフティーネクスト』の対象として区分管理されます。この区分管理は、『FXステージ』取引サービス終了日(2011年3月19日)以降も引き続き適用されております。

PAGETOP

Q1-4.『外貨ネクスト』のサービスは終了しないのですか?

A.当社が創業当初より提供しております『外貨ネクスト』につきましては、長年の運用を通じて取引システムの安定性に一定の実績があり、ここ最近も取引システム自体の重大な障害の発生事例はございませんため、『FXステージ』サービス終了後もこれまで通りサービスを提供してまいります。
また当社では、『FXステージ』サービス終了後も取引手数料無料のFXサービスを引き続きお客様へ提供できますよう、『外貨ネクスト』オンライン取引にて2010年11月1日午前7時以降に発注され、かつ約定した全ご注文の手数料を撤廃し「無料」(0円)とさせていただいております。

今後も当社では『外貨ネクスト』において、注文機能の拡充やインターフェイスの改善など、お取引環境の向上へとつながる施策を随時実施してゆく予定です。

PAGETOP

Q1-5.『FXステージ』の終了で、手数料無料サービスはなくなってしまうのですか?

A.『FXステージ』のサービス終了後も、取引手数料無料のFXサービスを引き続きお客様へ提供できますよう、もうひとつの店頭FXである『外貨ネクスト』オンライン取引にて2010年11月1日午前7時以降に発注され、かつ約定したすべてのご注文の手数料を撤廃し、「無料」(0円)とさせていただいております。

PAGETOP

Q1-6.『外貨ネクスト』の口座開設はどうすればできますか?

A.当社Webサイト内の「口座開設」ページにあるリンクボタン、または「履歴閲覧サイト」画面左下のバナー画像よりアクセスできるお申込みフォームを通じ、『外貨ネクスト』の口座開設をお申込みいただくことができます。
同フォームの送信情報ならびにお客様からの「本人確認書類」による審査の終了後、口座開設準備完了のメールを送信いたします。また、『外貨ネクスト』の「口座番号」と「保証金お振込先銀行口座」を記載した書面を、それぞれ転送不要の簡易書留郵便にてお届けします。この郵便物をお受取りいただいた時点で、『外貨ネクスト』口座開設手続きは完了となります。
口座開設の流れの詳細につきましては、こちらのページをご参照くださいますようお願いいたします。

本人確認書類の詳細につきましては、こちらをご参照ください。

PAGETOP

Q1-7.以前に『FXステージ』とあわせて、『外貨ネクスト』の口座も開設したような気がするのですが、口座番号やパスワードを覚えていません。どうすればよいのですか?

A.『外貨ネクスト』の口座番号をお忘れの際は、ご本人様確認を取らせていただいたうえで、お客様の登録メールアドレス宛てに電子メールにて(または登録ご住所宛てに郵送にて)口座番号を通知いたしますので、お手数ですが当社お客様サポートセンターまでお問い合わせ願います。 また『外貨ネクスト』のログインパスワードをお忘れの場合には、「暗証番号(数字4桁の初期パスワード)」を書面にてご変更いただく必要がございますので、お手数ですが当社お客様サポートセンターまで「通知事項変更届」のご請求をお願いいたします。 それぞれの手順の詳細につきましては、下記リンク先ページをご参照願います。
口座番号を忘れた場合
ログインパスワードを忘れた場合

PAGETOP

Q2-1.『FXステージ』のポジションや資金の移動処理とは、一体どのようなものだったのですか?

A.かつて『FXステージ』では、「ポジション・資金移動」と「資金(返還可能額)移動」という2種類の移動サービス(機能)を承っておりました。
「ポジション・資金移動」とは、お客様が『FXステージ』にてお持ちのポジションを、同取引サービス終了後も引き続き保持していただけますよう、ポジションの成立値やスワップ損益はそのままに「資産合計」全額とあわせて『外貨ネクスト』口座へと移動するサービス(機能)です。
また「資金(返還可能額)移動」とは、『FXステージ』口座の「返還可能額」を、わざわざ出金せずとも『外貨ネクスト』口座へ直接的に移動するサービス(機能)のことで、こちらはポジションの移動を伴いません。
いずれもお客様からの申請に基づき、週末取引時間外(原則土曜日)に移動処理を行なうというもので、全8回の実施の後、2011年3月18日(金)ニューヨーク・クローズ直前のメンテナンス開始時刻(日本時間:翌19日午前5時30分)をもちまして申請受付を、また翌19日(土)日中をもちまして移動処理を、それぞれ終了しております。

PAGETOP

Q2-2.「資金(返還可能額)移動」とは何ですか?

A.「資金(返還可能額)移動」とは、お客様の『FXステージ』口座の「返還可能額」全額を、同一のお客様の『外貨ネクスト』口座へ移動する機能のことです。2011年3月18日(金)ニューヨーク(NY)クローズ直前のメンテナンス開始時刻(日本時間:翌19日午前5時30分)をもちまして申請受付を、また翌19日(土)日中をもちまして移動処理を、それぞれ終了しております。

PAGETOP

Q2-3.『FXステージ』の資金を『外貨ネクスト』へ移動することはできますか?

A.誠に申し訳ございませんが現在は、以前の「資金(返還可能額)移動」のような直接的な資金移動をお受けしておりませんため、大変お手数ではございますが、以下の手順によりご資金の移動をお願いいたします。

  1. 「『FXステージ』履歴閲覧サイト」内にて「当日出金」依頼
  2. 当社にて「当日出金」依頼された金額を出金処理
    (金融機関営業日午前中のご依頼は当日午後に、その他は翌・金融機関営業日に処理いたします。具体的な処理日は取引画面内「出金予定日一覧」をご参照願います。)
  3. 出金された金額がお客様の「出金先預金口座」に着金
  4. 同金額を、お客様ご自身にて『外貨ネクスト』へご入金
  5. お客様からのご入金が『外貨ネクスト』資産合計へ反映

なお、以上のお手続きのうち4.(『外貨ネクスト』へのご入金)におきましては、振込手数料が無料であり、かつご入金が速やかに『外貨ネクスト』口座へ反映される「クイック入金サービス」のご利用をおすすめいたします。

PAGETOP

Q2-4.申請したにもかかわらず、月曜日になっても「資金(返還可能額)移動」の処理がなされていませんでしたが、どういうことですか?

A.申請直後からその週の金曜日ニューヨーク(NY)クローズ(土曜日早朝)までの間に、何らかの理由で『FXステージ』口座の「返還可能額」が0円となった場合には、移動すべきご資金がないため、「資金(返還可能額)移動」の処理をキャンセルとさせていただいておりました。「返還可能額」が0円となる理由としては、次のようなケースが挙げられます。

●申請後、返還可能額の全額を出金依頼した
●申請後、返還可能額の全額を既存ポジションの取引保証金積み増しに使用した
●申請後、急激な相場変動により全ポジションがロスカットされ、かつ資産合計以上の損失が発生した

これらのほか、「資金(返還可能額)移動」処理をキャンセルさせていただいた理由としては、次のものが挙げられます。

●申請後、『外貨ネクスト』口座を閉鎖(解約)した

PAGETOP

Q2-5.「資金(返還可能額)移動」直後の『外貨ネクスト』における返還可能額が、実際に移動した金額よりも少なかったのですが、どういうことですか?

A.移動先の『外貨ネクスト』口座が次のいずれかの状態のときは、「資金(返還可能額)移動」の処理直後に、同口座における返還可能額が実際の移動金額を下回るようになっておりました。

●移動直前の『外貨ネクスト』口座の「維持率」が50%以下であった
『外貨ネクスト』口座の「維持率」が50%以下のとき、同口座の返還可能額は0円となります。このような条件下で「資金(返還可能額)移動」を行なった場合は、そのうち『外貨ネクスト』口座の維持率を50%に引き上げるために必要な金額(=「維持保証金」−「有効保有額」)を減じた額が「返還可能額」に反映されております。
●移動直前の『外貨ネクスト』口座に「不足金額」が発生していた
口座の「資産合計」が「取引保証金額」に満たない、あるいは「資産合計」がマイナスとなっているなど、『外貨ネクスト』口座に「不足金額」が発生しているときに「資金(返還可能額)移動」を行なった場合は、そのうち不足金額の相殺分を減じた額が「返還可能額」に反映されております。
●移動直前の『外貨ネクスト』口座の円資産がマイナスであった
移動先の『外貨ネクスト』口座の資産のうち円(建て)資産がマイナスとなっているものの、円換算額でそれを上回る外貨資産が存在する場合には、『外貨ネクスト』口座に不足金額は発生しません(返還可能額が存在する場合もあります)。たとえこのようなケースでも、「資金(返還可能額)移動」により資金(円)を移動した場合は、その一部ないし全部がマイナス円資産の相殺に用いられ、残額が「返還可能額」に反映されております。

PAGETOP

Q2-6.「ポジション・資金移動」とは何ですか?

A.「ポジション・資金移動」とは、お客様の『FXステージ』口座の「全ポジション」および「資産合計」全額を、同一のお客様の『外貨ネクスト』口座へ移動する機能のことです。2011年3月18日ニューヨーク(NY)クローズ直前のメンテナンス開始時刻(日本時間:翌19日午前5時30分)をもちまして、受付を終了いたしております。

PAGETOP

Q2-7.「ポジション・資金移動」を申請したにもかかわらず、月曜日になっても移動処理が全くなされておりませんが、どういうことですか?

A.週末取引時間外の「ポジション・資金移動」処理時点において、お客様の口座状況が以下の少なくとも一方に該当する場合は、同移動処理をキャンセルとさせていただいておりました。

  1. 注文中の決済注文がまだ残っていた
    移動処理の実施に際して、有効となっている決済注文が1件でも存在した場合には、その週の移動処理はキャンセルとさせていただいておりました。ただし2011年3月19日(金)に処理を実施した「ポジション・資金移動」最終回に限り、その直前時点で注文中であった決済注文をすべて当社にて強制取消いたしましたため、本理由によるキャンセルは発生しておりません。
  2. 移動直後の『外貨ネクスト』維持率が「ロスカットレベル+10%」未満であった
    移動処理の実施に際して、移動後の『外貨ネクスト』口座の「維持率」(直前の金曜日クローズレートにて算出した数字)が「最低維持率」(ロスカットレベル+10%)を下回ることが判明した場合には、その週の移動処理はキャンセルとさせていただいておりました。

PAGETOP

Q2-8.ポジションを移動する際は、その時点での評価損益(含みの損益)が確定させられるのでしょうか?

A.「ポジション・資金移動」の処理において、各ポジションはいったん反対売買により決済されますが、その際には結果として取引損益が発生しないように処理されております。具体的には次の通りです。

  • 決済注文の「成立値」:ポジション(新規注文)の「成立値」に同じです。
  • スポット(損益):新規・決済の「成立値」が同一であるため、「0円」となります。
  • スワップ(損益)円換算:決済時点のスワップポイント累積額となります。ただし、益金であった場合は同額の「調整出金」を、損金の場合は同額の「調整入金」を、処理直後に『FXステージ』口座に対し実施しますので、最終的な損益は「0円」となります。
    『外貨ネクスト』へ移動したポジションの「成立値」および「スワップ(損益)」は、移動前のポジションのものと同一です。

PAGETOP

Q2-9.『FXステージ』から移動してきたポジションは、もともと『外貨ネクスト』にあったポジションと区別がつきますか?

A. 『FXステージ』から移動してきたポジションは、『外貨ネクスト』PC取引画面内「取引履歴」画面において、背景色が「黄色」で表示されますので、容易に区別ができます。
またこれらポジションは、『外貨ネクスト』取引画面内「ポジション照会」「注文履歴」「取引履歴」の各画面における「成立日時」が、「ポジション・資金移動」の実際の処理日時(原則土曜日)となっております。

PAGETOP

Q2-10.サービス終了までにポジション移動または決済しなかったポジションは、どのようになるのですか?

A.
2011年3月18日(金)ニューヨーク・クローズ直前のメンテナンス開始時刻(日本時間:翌19日午前5時30分)までに、「ポジション・資金移動」申請または反対売買による決済がなされなかったポジションにつきましては、すべて同日のクローズレート(終値)にて反対売買により強制決済いたしております。
買いポジションに対しては上記各適用レートのBidサイドが、また売りポジションに対しては同適用レートのAskサイドが、それぞれの決済注文の約定レートとして適用されております。

PAGETOP

Q2-11.『FXステージ』の各ポジションに設定されている「ロスカットレート」は、『外貨ネクスト』への移動後も引き継がれますか?

A. 『FXステージ』ではポジションごとの評価によりロスカットが実行される一方、『外貨ネクスト』では口座全体での評価に基づきロスカットが実行されるなど、両口座の「ロスカット・ルール」は大きく異なっておりました。そのため誠に申し訳ございませんが「ポジション・資金移動」では、『FXステージ』の「ロスカット・ルール」に基づき自動設定された「ロスカットレート」の『外貨ネクスト』への引き継ぎは実施しておりません。

PAGETOP

Q2-12.「ポジション・資金移動」における「最低維持率」とは何のことですか?

A.「最低維持率」とは、お客様の「ポジション・資金移動」申請に基づく移動処理の実施直後に、直前の金曜日クローズレートを用いて算出した『外貨ネクスト』口座の「維持率」が満たすべき最小の数字のことをいい、『外貨ネクスト』口座にてお客様が任意設定された「ロスカットレベル」(30・40・50%)に「10%」を上乗せした数字です。たとえば「ロスカットレベル」が「40%」の場合、「最低維持率」は(40%+10%=)50%となります。
当社では移動処理の実施に先立って、移動直後の『外貨ネクスト』口座の「維持率」を算出し、この数字が「最低維持率」を下回ることが判明した場合には、移動処理をキャンセルとさせていただいておりました。

PAGETOP

Q2-13.『FXステージ』のポジションや資金の移動により、確定申告に影響は生じますか?

A.「資金(返還可能額)移動」は、ご資金の口座間移動のみであるため、確定申告に対する直接的な影響はございません。
また「ポジション・資金移動」処理においては、結果として取引損益は発生しておりませんので、確定申告における申告所得額に影響はないものと解されます。
ただし本移動処理は、「『FXステージ』における決済注文約定」→「『外貨ネクスト』における新規注文約定」のプロセスを経ていることから、申告の際の添付書類として「取引履歴」を提出する場合には、これらの履歴も含まれる必要があると考えられます。また後述のように、『FXステージ』での決済においては、いったん確定した「スワップ円換算(損益)」を「調整入出金」によって相殺する方式をとっておりますため、「取引履歴」の提出の際にはあわせて「入出金履歴」の添付が必要となります。
「取引履歴」と「入出金履歴(明細)」は、ともに電子帳票「取引残高報告書」に記載されております。来年(2012年)3月末日までの間は、「『FXステージ』履歴閲覧サイト」内にて出力していただくことができます。

  1. 『FXステージ』の全ポジションを、同ポジションの「成立値」と同一レートにて決済
     (「スポット(損益)」は「0円」、「スワップ円換算(損益)」は実際の額で確定)
     ↓
  2. 確定した「スワップ円換算(損益)」を相殺する「調整入出金」を実施
     (これにより上記決済の取引損益は「0円」となります)
     ↓
  3. 『外貨ネクスト』にて移動前と同じ「成立値」によりポジションを新規建て
     (評価損益のうち「スワップ(損益)」は移動直前と同じ額となります)
※確定申告に関する詳細につきましては、恐れ入りますが専門の方にご相談いただくことをおすすめいたします。

PAGETOP

Q2-14.私の『FXステージ』ポジションは強制決済されたはずですが、その際に確定したはずの損益金が口座内に1円も残っていません。どこへ行ってしまったのですか?

A. 2011年3月19日(土)の早朝に実施する『FXステージ』全残存ポジション強制決済の対象となったお客様のうち、『外貨ネクスト』口座をお持ちの方につきましては、同年3月26日(土)午前5時30分時点における「返還可能額」の全額を、同日中にお客様の『外貨ネクスト』口座へ移動させていただいております。
同年3月26日以降に『FXステージ』口座の「資産合計」が0円となっている場合は、以上の理由により全額が『外貨ネクスト』口座へと移動したものであるものと存じます。

PAGETOP

Q2-15.『FXステージ』での「法人リスク管理申請」設定は、ポジション移動と同時に『外貨ネクスト』へ引き継がれますか?

A. 「法人リスク管理申請」の設定は、『FXステージ』と『外貨ネクスト』とでそれぞれ別個になっております。そのため誠に申し訳ございませんが、「ポジション・資金移動」または「資金(返還可能額)移動」の際に、『FXステージ』における「法人リスク管理申請」の設定情報を『外貨ネクスト』へと引き継ぐことはできませんので、ご注意くださいますようお願い申し上げます。

PAGETOP

Q3-1.サービス終了以降は、『FXステージ』への入出金はできますか?

A. 詳細は以下の通りです。

●ご入金
『FXステージ』口座へのご入金は、2011年3月18日(金)ニューヨーク・クローズ直前のメンテナンス開始時刻(日本時間:翌19日午前5時30分)をもちまして、受付を終了いたしております。  なお「ポジション・資金移動」を申請されたお客様に限り、その申請に基づく移動処理の実施時点をもちまして、受付を終了いたしております。
●ご出金
 『FXステージ』取引画面に代わって同年4月2日(土)よりサービスを開始した「『FXステージ』履歴閲覧サイト」では、同日より当分の間、旧『FXステージ』口座のご資産の出金依頼をお出しいただくことができます。
※同サイトにおけるご出金は、全額出金のみの取り扱いとなります。

PAGETOP

Q3-2.『FXステージ』の出金依頼はいつまで受け付けているのですか?

A.2011年4月2日(土)よりサービスを開始した「『FXステージ』履歴閲覧サイト」では、同日より当分の間、「当日出金サービス」を含む出金のご依頼をお出しいただくことができます。「当日出金サービス」の詳細につきましては、こちらをご参照願います。

※「履歴閲覧サイト」におけるご出金は、全額出金のみとなります。一部出金はお受けできませんので、あらかじめご承知おき願います。

なお、「履歴閲覧サイト」での出金依頼の受付終了後は、お客様のお求めに応じてこれらご資産を返還させていただくことになります。その際の具体的な手順等につきましては、追って「履歴閲覧サイト」等にてお知らせいたします。

PAGETOP

Q3-3.出金依頼をした資金はいつ出金されるのですか?

A.「履歴閲覧サイト」内にてお出しいただきました出金のご依頼につきましては、ご依頼を承った際に提示させていただいた「出金予定日」に、当社における出金処理をいたします。

PAGETOP

Q3-4.『FXステージ』サービス終了までに出金しなかった資金は、どのようになるのですか?

A. 詳細は以下の通りです。

●『外貨ネクスト』口座をお持ちの『FXステージ』お客様
2011年3月26日(土)午前5時30分時点において『FXステージ』口座内に存在する「返還可能額」全額を、同日中にお客様の『外貨ネクスト』口座へ移動させてさせていただいております。この移動処理は、同年3月19日(土)に実施した全残存ポジション強制決済の対象であったかどうかにかかわらず適用されております。
●『外貨ネクスト』口座をお持ちでない『FXステージ』お客様
(以前に『外貨ネクスト』口座を閉鎖されたお客様も含みます)
旧『FXステージ』口座のご資産の出金依頼は、「『FXステージ』履歴閲覧サイト」にて、今後当分の間お出しいただくことができます。
また、同サイトにおける出金依頼の受付終了後も、お客様のご資産は引き続き当社にて厳重に管理したうえで、お客様のお求めに応じて返還させていただきます。この具体的なお手続きにつきましては、追って同サイト等にてお知らせいたします。なおその際には、ご本人様確認をお願いする場合がございますので、誠に恐れ入りますがご協力のほどお願いいたします。
※『FXステージ』サービス終了時点で「資産合計」として存在していたお客様のご資産は、引き続き信託保全サービス『セーフティーネクスト』の対象として区分管理されます。

PAGETOP

Q3-5.『外貨ネクスト』口座へ入金する際は、『FXステージ』のときと同じ預金口座宛てに資金を振り込めばよいのですか?

A.お客様がご自身の当社FX取引口座にご入金いただく際の振込先預金口座(当社名義)は、『FXステージ』と『外貨ネクスト』とでそれぞれ全く別の銀行口座を使用しております。新たに『外貨ネクスト』口座をご開設いただいたお客様は、お手数ではございますが必ず『外貨ネクスト』取引画面内にて振込先預金口座をご確認のうえ、お振込みくださいますようお願いいたします。
お客様の『外貨ネクスト』における振込先預金口座は、同取引画面内【入出金】→【お振込先一覧】にてご確認いただけます。

PAGETOP

Q3-6.『FXステージ』サービス終了後に入金してしまったのですが、どうすればよいのでしょうか?

A.お客様がご自身の『FXステージ』口座内へご入金いただく際の振込先預金口座(当社名義)は、 2011年3月18日(金)ニューヨーク・クローズ直前のメンテナンス開始時刻(日本時間:翌19日午前5時30分)をもちまして、取り扱いを終了させていただきました。
なお、3月18日の金融機関営業時間中(日中)までに当社にて着金が確認できなかったお客様からのご入金は、振込元の金融機関にてお客様ご自身で組戻し手続きを行なっていただく必要がございます。またその際に発生する組戻手数料等は、お客様のご負担となります。

※同一のお客様のご名義であっても、『外貨ネクスト』口座へご入金いただく際の振込先預金口座(当社名義)は、上記『FXステージ』のものとは全く別のものとなりますので、十分ご注意願います。

PAGETOP

Q4-1.発注済みの未約定注文は引き続き有効となっているのでしょうか?

A.2011年3月18日(金)ニューヨーク・クローズ直前のメンテナンス開始時刻(日本時間:翌19日午前5時30分)までに約定しなかったご注文につきましては、その有効期限にかかわらず、すべて強制取消処理をいたしております。

PAGETOP

Q4-2.『FXステージ』にあった注文方法は『外貨ネクスト』に移植されないのでしょうか?

A.かつて『FXステージ』に限り提供しておりました各種注文方法のほか、お客様のFX取引における利便性向上につながる注文機能の数々を、今後『外貨ネクスト』にて順次追加してゆく予定でございますので、どうぞご期待くださいますようお願いいたします。

PAGETOP

Q5-1.「『FXステージ』履歴閲覧サイト」とは何ですか?

A.旧『FXステージ』取引画面に代わり、2011年4月2日(土)付けでサービスを開始したのが「『FXステージ』履歴閲覧サイト」です。この「履歴閲覧サイト」では、2010年3月のシステム全面リニューアル以前を含め※、過去の『FXステージ』におけるお取引の履歴が記載された各種電子帳票を出力していただくことができます。
また、旧『FXステージ』取引画面のサービス終了(上記日時)までにお受けできなかったご出金につきましても、当分の間「履歴閲覧サイト」内にてお受けいたします。

※大変お手数ではございますが、同リニューアル以前と以降の「取引残高報告書」は、それぞれ別々に出力していただく必要がございます。リニューアル前後の取引内容をひとつの「取引残高報告書」にまとめることはできませんので、あらかじめご承知おきくださいますようお願い申し上げます。

PAGETOP

Q5-2.「『FXステージ』履歴閲覧サイト」はモバイルでも利用できますか?

A.誠に申し訳ございませんが、「『FXステージ』履歴閲覧サイト」は、PC向けWeb版のみの提供となります。モバイル端末には対応しておりませんので、なにとぞご了承を賜りますようお願い申し上げます。

PAGETOP

Q5-3.「『FXステージ』履歴閲覧サイト」で出力できる電子帳票には、どのようなものがありますか?

A.「『FXステージ』履歴閲覧サイト」にてPDF形式で出力できる電子帳票は、以下の通りです。

  • 取引残高報告書
  • 取引報告書
  • 建玉報告書
  • 保証金残高・入出金明細書
※『FXステージ』全面リニューアル実施日(2010年3月29日)以降の「取引残高報告書」につきましては、「年間」(2010年3月29日〜同年12月31日)、「四半期」および「月間」の各期間単位の提供となり、任意の期間を指定しての出力はできなくなります。またこれに伴い、リニューアル実施日よりも前(同年3月26日以前)の履歴と同実施日以降の履歴とを、単一の報告書にまとめて出力することはできなくなります。2010年(平成22年)の年間を通じての「取引残高報告書」をお求めのお客様は、大変お手数ではございますが、リニューアル実施日前後に分けての出力をお願いいたします。

PAGETOP

Q5-4.「取引残高報告書」などの電子帳票を確定申告の際に使用したいのですが、いつまで出力できるのですか?

A.「履歴閲覧サイト」内における電子帳票出力サービスは、今後当分の間提供させていただく予定でございます。サービス提供の終了日が確定した際には、「履歴閲覧サイト」内にてその旨お知らせいたします。

PAGETOP

Q5-5.「履歴閲覧サイト」のURLは何ですか? また、ログインする際のIDやパスワードには、何を用いるのですか?

A. 「履歴閲覧サイト」ログインページのURLは下記の通りです。
●「履歴閲覧サイト」ログインページURL:https://fx.gaitame.com/members/

また同サイトへのログイン時に使用する口座番号(ID)とパスワードは、旧『FXステージ』のものと同一となります(パスワードは2011年3月31日午後5時時点でのご設定に同じです)。
『FXステージ』口座番号をお忘れになったお客様はこちらを、パスワードをお忘れになったお客様はこちらをご参照願います。

※「履歴閲覧サイト」では、旧『FXステージ』にてご登録の「ニックネーム」を用いてのログイン、および第二認証モードによるログインは、ともにご利用になれませんのでご注意願います。

PAGETOP

Q5-6.「履歴閲覧サイト」でも、速報メールはいままで通り受けられるのですか?

A.誠に申し訳ございませんが、旧『FXステージ』取引画面内にてご登録のメールアドレス宛ての速報メール配信は、同取引画面のサービス終了日時(2011年3月31日午後5時)をもちまして、終了させていただいております。
『外貨ネクスト』取引画面内にてご登録いただいておりますメールアドレス宛て配信は、引き続きこれまで通り提供いたします。

PAGETOP

Q5-7.「履歴閲覧サイト」でも、プレミアム情報サイト『外為情報ナビ』は利用できますか?

A.誠に申し訳ございませんが、「『FXステージ』履歴閲覧サイト」内では『外為情報ナビ』をご利用いただくことはできません。
なお当社の『外貨ネクスト』では、これまでと同じく、所定のご利用条件を満たされたすべてのお客様に1ヵ月単位で『外為情報ナビ』サービスを提供いたしております。ご利用条件の詳細につきましては、こちらをご参照願います。

PAGETOP

Q5-8.「履歴閲覧サイト」では、登録情報の変更はできますか?

A.「『FXステージ』履歴閲覧サイト」におけるご登録情報の変更は、書面「通知事項変更届」に限りお受けいたします。その際は大変お手数ではございますが、同サイト内にて同書面用紙をダウンロードしていただくか、または当社お客様サポートセンターへ同書面をご請求くださいますようお願いいたします。
またその際には、変更される情報の種類にかかわらず、本人確認書類のご送付が必要となります。本人確認書類の詳細につきましては、こちらをご参照願います。

PAGETOP

Q5-9.以前の『FXステージ』取引画面へのログインは、もうできないのでしょうか?

A.旧『FXステージ』取引画面は、「リッチアプリ版」「Web版」「モバイル版」のいずれも、2011年3月31日(木)午後5時をもちましてサービス提供を終了させていただきました。
これに代わりただいま当社では、「『FXステージ』履歴閲覧サイト」を提供しております(Web版のみ)。同サイトでは、過去の『FXステージ』におけるお取引の履歴(電子帳票)を出力できるほか、旧『FXステージ』取引画面のサービス終了までにご依頼いただけなかった出金のご依頼も当分の間承っております。

PAGETOP