『外貨ネクスト』から『外貨ネクストネオ』へのポジション資金移動について

『外貨ネクスト』全会員様を対象とした『外貨ネクストネオ』への口座移動「自動ポジション・資金移動」の完了に伴い、
当社では2013年12月21日(土)をもちまして、『外貨ネクスト』における店頭FXサービスを終了いたしました。
以下は、「自動ポジション・資金移動」による口座移動の対象となった、以前の『外貨ネクスト』会員様向けのご案内です。

『外貨ネクスト』から「ポジション・資金移動」をされた方からのFAQ

ご質問カテゴリ

「自動ポジション・資金移動」について

お客様による「ポジション・資金移動」について

サービス・設定の移動について

移動処理後の口座状況について

新旧サービスの相違点について

その他


1-1.「自動ポジション・資金移動」とは何ですか?

お客様の申請に基づく「ポジション・資金移動」とは異なり、当社がお客様に代わって所定の「処理実施予定日」に実施する、『外貨ネクスト』から『外貨ネクストネオ』への口座移動処理のことで、2013年8月17日以降の毎週土曜日に順次実施いたします。口座移動の処理実施日は、こちらからご確認ください。また、当社が定める処理実施予定日よりも移動処理を前倒しする場合に限り、お客様の申請に基づきご変更を承ります(早期移動申請)。

PAGETOP

1-2.「ポジション・資金移動」と「自動ポジション・資金移動」の違いは何ですか?

「ポジション・資金移動」とは、お客様の任意のタイミングで『外貨ネクスト』から『外貨ネクストネオ』への移動処理ができるサービスのことで、『外貨ネクスト』PC取引画面内の申請フォームにてお申込みいただけます。
一方「自動ポジション・資金移動」とは、当社がお客様に代わって、所定の実施日に『外貨ネクストネオ』への移動処理を実施するサービスです。
詳細はこちらをご参照ください。

PAGETOP

1-3.「自動ポジション・資金移動」はどのように申し込めば良いのですか?

「自動ポジション・資金移動」は、お客様による「ポジション・資金移動」とは異なり、お申込みは不要となります。当社で定めたルールによって、お客様を2つのグループ(Aグループ、Bグループ)に分けて実施させていただきます。
詳細はこちらをご参照ください。

PAGETOP

1-4.「自動ポジション・資金移動」のAグループ・Bグループとは何ですか?

それぞれ以下の通りです。

●「自動ポジション・資金移動」Aグループ

移動処理の実施日時点で、以下の3つの条件全てに該当している方となります。

  • [条件1] 過去6ヵ月間、一度も『外貨ネクスト』にログインしていないこと
  • [条件2] 口座の「資産合計」に外貨が含まれておらず、かつ円資産の残高が1,000円未満であること
  • [条件3] ポジションを保有していないこと

[Aグループ移動処理予定期間] 2013年8月17日(土)〜2013年9月28日(土)

●「自動ポジション・資金移動」Bグループ

上記「Aグループ」に該当しないすべてのお客様です。

[Bグループ移動処理予定期間] 2013年10月12日(土)〜2013年12月21日(土)

AグループならびにBグループの処理実施予定日につきましては、こちらのページをご参照願います。
なお、いずれの場合もスケジュールは変更となる可能性がございますのでご注意ください。

PAGETOP

1-5.「自動ポジション・資金移動」実施時期における「早期移動申請」とはなんですか?

『外貨ネクストネオ』への口座移動処理を、お客様の任意により、当社が定める「自動ポジション・資金移動」処理実施予定日より前倒しできるサービスです。2013年8月11日(日)より、『外貨ネクスト』PC取引画面内の専用申請フォームにて承っております。

PAGETOP

1-6.「自動ポジション・資金移動」のBグループに該当しているのですが、もっと早く移動処理を実施して欲しい場合は、どうしたら良いですか?

『外貨ネクスト』PC取引画面内にございます「早期移動申請」フォーム)よりお申込みいただくことで、「自動ポジション・資金移動」Bグループの処理実施予定日よりも早く口座移動をすることが可能です。

PAGETOP

1-7.「自動ポジション・資金移動」のBグループに該当していますが、移動日をもっと遅くしてもらうことはできますか?

大変申し訳ございませんが、追ってお知らせするBグループのお客様別の「自動ポジション・資金移動」処理実施日よりも後に、移動処理を先送りすることはできません。

PAGETOP

1-8.「自動ポジション・資金移動」処理の中止条件に引っかかってしまった場合、次はいつ実施されるのですか?

「自動ポジション・資金移動」の処理実施日において、所定の処理中止(先送り)条件に該当したお客様は、その次の処理実施日(原則翌週)に再び処理対象となります。
ただし、第18回・12月14日(土)の「自動ポジション・資金移動」における処理中止(先送り)口座は、例外なく翌週・12月21日(土)「自動ポジション・資金移動」最終回の口座移動対象となります。 また同移動処理に先立ち、対象口座に残存しているすべての外貨資産を円転させていただきます。 詳細はこちらをご確認ください。

PAGETOP

1-9.「自動ポジション・資金移動」の実施スケジュールにおける「(口座番号)帯域」とは何ですか?

「口座番号帯域」とは、「自動ポジション・資金移動」対象となるお客様の『外貨ネクスト』口座番号の上3ケタの数字を用いた区分のことをいいます。当社では『外貨ネクスト』におけるご利用状況に応じてお客様をA・Bの2グループに分けたうえで、この「口座番号帯域」ごとに、こちらのページのスケジュールの通りに「自動ポジション・資金移動」処理を実施いたします。お手数ですが、ご自身の『外貨ネクスト』ご利用状況ならびに口座番号をご確認のうえ、該当する口座番号帯域の「処理実施予定日」を同ページ中にてご確認願います。

PAGETOP

1-10.「自動ポジション・資金移動」において、処理の中止(先送り)条件に該当した場合、次の処理はいつなされるのですか?

「自動ポジション・資金移動」または「早期移動申請」処理実施日の午後1時時点で次のいずれかの条件に該当していた場合には、その回の移動処理を中止し、次回の処理実施予定日(翌週土曜日)に先送りさせていただきます。

・口座の「資産合計」がマイナスとなっている場合
・口座の「資産合計」に外貨が含まれる場合
・「受渡履歴」画面にて、「状態」が「完了」となっていない受渡が1件以上ある場合

ただし、第18回・12月14日(土)の「自動ポジション・資金移動」における処理中止(先送り)口座は、例外なく翌週・12月21日(土)「自動ポジション・資金移動」最終回の口座移動対象となります。 また同移動処理に先立ち、対象口座に残存しているすべての外貨資産を円転させていただきます。 詳細はこちらをご確認ください。

PAGETOP

1-11.「自動ポジション・資金移動」は、全体保証金率が何パーセント以下の場合に移動が中止されるのですか?

「自動ポジション・資金移動」では、個人・法人とも全体保証金率による移動処理の中止(先送り)条件はございません。これに伴い特に個人のお客様の場合は、移動直前の「全体保証金率」が低ければ低いほど、移動後の『外貨ネクストネオ』にて不足金発生に伴うロスカットの対象となる可能性が高まりますので、あらかじめご留意のほどお願いいたします。お客様におかれましては、下記のリンクをご参照され、追加ご入金または保有ポジションの一部決済等による、処理当日時点での「全体保証金率」の向上をおすすめいたします。

『外貨ネクスト』と『外貨ネクストネオ』のロスカット・ルールの違い

(以前の「ポジション・資金移動」にて設定しておりました、全体保証金率の下限設定(4.6%)による移動処理の中止条件につきましては、8月10日(土)の同最終回をもちまして条件から除外となりました。)

「ポジション・資金移動」をお申込みいただき、移動の先送り条件に該当していたために口座移動が完了していないお客様につきましても、「自動ポジション・資金移動」開始後は変更後の移動処理中止(先送り)条件が適用され、全体保証金率による移動処理の中止はされませんのでご注意ください。なお、移動処理の中止(先送り)条件の変更につきましては、こちらをご参照ください。

PAGETOP

1-12.「早期移動申請」はどうやって申し込むのですか?

『外貨ネクスト』PC取引画面内にございます。次の手順によりアクセスできます。
 [1] 『外貨ネクスト』PC取引画面へログイン
 [2] 画面左側のメニュー「早期移動申請」をクリック

PAGETOP

1-13.『外貨ネクストネオ』への移動処理はいつ行われますか?

当社がお客様の代わりに実施する「自動ポジション・資金移動」では、当社が定めたルールによってお客様を2つのグループに分け、それぞれの処理実施日の午後1時以降に移動処理を行います。定められた実施日よりも処理を早めたい場合には、『外貨ネクスト』PC取引画面内の専用申請フォームにて「早期移動申請」をお申込みください。

PAGETOP

1-14.『外貨ネクストネオ』への 「早期移動申請」はいつまでできますか?

「早期移動申請」は、2013年12月7日(土)午後1時まで承ります。
※「自動ポジション・資金移動」の実施スケジュールはこちらのページをご参照願います。

PAGETOP

1-15.ポジション・資金がない(ゼロです)が、「早期移動申請」の申請はできますか?

はい。ポジションをお持ちでない、あるいは口座の残高がゼロであっても、「早期移動申請」をお申込みいただけます。

PAGETOP

1-16.『外貨ネクスト』のポジションのうち一部のみを『外貨ネクストネオ』へ移動することはできますか?

「自動ポジション・資金移動」(「早期移動申請」を含む)においては、すべての保有ポジションを一斉に移動することになります。誠に申し訳ございませんが、お持ちのポジションの一部のみの移動は承っておりませんので、あらかじめご承知おき願います。

PAGETOP

1-17.「早期移動申請」を代理でしてもらうことはできますか?

誠に申し訳ございませんが、「早期移動申請」は、原則としてお客様のご判断のもとに申請いただく必要がございますため、代理による申請は承っておりません。申請のお手続きが困難な場合には、恐れ入りますが当社がお客様に代わり実施する「自動ポジション・資金移動」による移動処理をお待ちくださいますようお願いいたします。
なお『外貨ネクストネオ』のお取引を始めるにあたっては、リッチアプリ版、Webブラウザ版、スマートフォンアプリ版、iPad版にて契約締結前交付書面をご確認のうえ、同書面へのご同意をいただく必要がございます(モバイルアプリ版からはご確認いただけません)。リッチアプリ版、Webブラウザ版、スマートフォンアプリ版、iPad版にて同書面へのご同意をいただくまでの間は、リッチアプリ版を含む全取引チャネルのご利用ができませんので、あらかじめご承知おき願います。

PAGETOP

1-18.保有しているポジションを移動するとき、土日分のスワップポイントはどうなるのですか?

「自動ポジション・資金移動」処理実施日(原則土曜日)直前の金曜日に、土日分を含む3日分のスワップポイントを付与します。

PAGETOP

1-19.移動完了後は、メール通知がありますか?

口座移動処理が完了した場合、また、お客様の口座が処理中止条件に該当したために次回以降に先送りとなった場合のいずれも、翌週月曜日を目途にその旨をお知らせするメールをパソコン用メールアドレス宛てにお送りします。

PAGETOP

1-20.法人の場合も、「早期移動申請」の申請方法は同じですか?

はい、申請方法は同じです。

PAGETOP

1-21.「早期移動申請」を申し込みましたが、取り消すことはできますか?

「早期移動申請」の申請後は、申請フォームがあった画面内にキャンセルボタンが表示されます。処理実施日の午後1時までであれば、このキャンセルボタンをクリックすることで、申請をキャンセルできます。
※キャンセル後、お客様からの再申請がなかった場合には、その後当社が指定した日時に「自動ポジション・資金移動」を実施させていただくことになりますのでご注意願います。

PAGETOP

1-22.「早期移動申請」の中止条件に引っかかってしまいましたが、改めて申請をしなければならないのですか?

一度お出しいただいた「早期移動申請」は、その後「自動ポジション・資金移動」の最終回まで引き続き有効となりますため、改めて申請をお出しいただく必要はございません。

PAGETOP

2-1.「ポジション・資金移動」とは何ですか?

お客様の申請に基づき、すでにお持ちのポジションを決済することなく、簡単に口座全体を『外貨ネクストネオ』へ移動する処理のことをいいます。
本サービスの受付は、2013年8月10日(土)をもちまして終了いたしました。
一方、当社がお客様に代わって、所定の実施日に『外貨ネクストネオ』への移動処理を実施するサービスを「自動ポジション・資金移動」といい、同年8月11日(日)以降順次実施いたします。なお、移動処理を早めたい場合には、『外貨ネクスト』PC取引画面内に設置する所定の申請フォームより「早期移動申請」をお申込みください。
詳細はこちらをご参照ください。

PAGETOP

2-2.「ポジション・資金移動」はいつまで実施するのですか? また受付が終わった後はどうなるのですか?

お客様の申請に基づく「ポジション・資金移動」は2013年8月10日(土)をもちまして終了いたしました。翌8月11日(日)からは、当社指定の処理実施予定日にお客様に代わり移動処理を実施する「自動ポジション・資金移動」がスタートします。8月11日(日)以降についてもお客様の任意により、指定された処理実施予定日よりも前の日程に移動処理の対象となることができます(早期移動申請)。
詳細はこちらをご確認ください。
※スケジュールは変更になる可能性がございます。

PAGETOP

2-3.「ポジション・資金移動」の申請はPCからしかできませんか?

大変申し訳ございませんが、『外貨ネクストネオ』への移動について電子書面で確認し同意が必要になります。そのため、『外貨ネクスト』PC取引画面にログインいただいてから申請をしていただく必要がございます。

PAGETOP

2-4.移動処理直前の『外貨ネクスト』口座の条件によっては移動処理を中止するとのことですが、具体的にどのような場合ですか?

お客様の『外貨ネクスト』口座が、申請フォーム内に記載がある「処理実施予定日」の午後1時時点で次のいずれかの条件に該当する場合には、その回の「ポジション・資金移動」処理を中止し、次回実施予定日に先送りさせていただきます※1
お客様におかれましては、ご自身の『外貨ネクスト』口座が下記各条件に該当しませんよう、ご対処をお願いいたします。

  • 口座の「資産合計」がマイナスとなっている場合
  • 口座の「資産合計」に外貨が含まれる場合
  • 「受渡履歴」画面にて、「状態」が「完了」となっていない受渡が1件以上ある場合

※1 以上の理由により処理が先送りとなった「ポジション・資金移動」申請は、その後お客様ご自身にてキャンセルされない限り、移動処理の完了または「自動ポジション・資金移動」最終回まで引き続き有効となります。この場合も変更後の移動処理の中止(先送り)条件が適用となりますのでご注意ください。
なお、以下の両条件は、「ポジション・資金移動」最終回(本年8月10日(土)実施分)をもちまして、移動処理の中止(先送り)条件から除外されました。
その翌週からの 「自動ポジション・資金移動」においては、以下の通り移動処理の中止条件とはなりませんのでご注意ください(2013年8月11日(日)受付開始の「早期移動申請」を含む)
・(個人のお客様のみ)口座の「全体保証金率」が「4.6%」を下回っている場合
  個人・法人のお客様ともに、その他の中止条件に該当しない限り、移動処理直前の「全体保証金率」の値にかかわらず移動処理を実行いたします。
・「入出金履歴」画面にて、「出納状況」が「受付」または「処理中」となっている出金が1件以上ある場合
  円貨の出金依頼の場合は、移動処理直前に当社にてご依頼を取り消したうえで、「自動ポジション・資金移動」処理を実行させていただきます。
  (外貨の出金依頼は、「口座の「資産合計」に外貨が含まれる場合」条件により移動処理の中止対象となるため、ご依頼の取消はいたしません。)

PAGETOP

2-5.「ポジション・資金移動」の申請から移動処理当日までの間、『外貨ネクスト』での取引はできますか?

はい、可能です。ただし、処理当日の午後1時時点で未約定であったご注文は、移動処理と同時にすべて取消となります。
また、この間のお取引の結果として処理当日の午後1時時点で次のいずれかに該当した場合には、その回の移動処理を中止し、先送りさせていただきます※1のでご注意のほどお願いいたします。

  • 口座の「資産合計」がマイナスとなっている場合
  • 口座の「資産合計」に外貨が含まれる場合
  • 「受渡履歴」画面にて、「状態」が「完了」となっていない受渡が1件以上ある場合

※1 以上の理由により処理が先送りとなった「ポジション・資金移動」申請は、その後お客様ご自身にてキャンセルされない限り、移動処理の完了または「自動ポジション・資金移動」最終回まで引き続き有効となります。
なお、以下の両条件は、「ポジション・資金移動」最終回(本年8月10日(土)実施分)をもちまして、移動処理の中止(先送り)条件から除外されました。
その翌週からの 「自動ポジション・資金移動」においては、以下の通り移動処理の中止条件とはなりませんのでご注意ください(2013年8月11日(日)受付開始の「早期移動申請」を含む)。
・(個人のお客様のみ)口座の「全体保証金率」が「4.6%」を下回っている場合
 個人・法人のお客様ともに、その他の中止条件に該当しない限り、移動処理直前の「全体保証金率」の値にかかわらず移動処理を実行いたします。
・「入出金履歴」画面にて、「出納状況」が「受付」または「処理中」となっている出金が1件以上ある場合
 円貨の出金依頼の場合は、移動処理直前に当社にてご依頼を取り消したうえで、「自動ポジション・資金移動」処理を実行させていただきます。
 (外貨の出金依頼は、「口座の「資産合計」に外貨が含まれる場合」条件により移動処理の中止対象となるため、ご依頼の取消はいたしません。)

PAGETOP

3-1.『外貨ネクスト』の会員ですが、どうすれば『外貨ネクストネオ』を利用できるのですか?

以下のいずれかの方法により、口座全体を『外貨ネクストネオ』へ移動することで、『外貨ネクストネオ』をご利用いただけます。

1. 当社がお客様に代わって行なう「自動ポジション・資金移動」

2013年8月17日(土)より、当社がお客様の代わりに口座移動処理を実施する「自動ポジション・資金移動」を開始いたします※。これに伴い、すべての『外貨ネクスト』のお客様は、2013年12月21日(土)のサービス終了までに『外貨ネクストネオ』へ口座ごと移動されることになります。自動ポジション・資金移動は原則土曜日に実施いたします。
「自動ポジション・資金移動」の詳細は、こちらをご参照ください。

2. お客様による「早期移動申請」

「自動ポジション・資金移動」の実施日よりも前に移動をご希望のお客様は、『外貨ネクスト』PC取引画面内に設置する所定の申請フォームを通じ、ポジション・ご資金を含む口座全体の『外貨ネクストネオ』への移動(早期移動申請)をお申込みいただけます。早期移動申請に基づく移動も原則土曜日に実施いたします。

※スケジュールは変更となる可能性がございます。

PAGETOP

3-2.『外貨ネクスト』のポジションに対し設定した、スワップ振替機能の「予約振替」は『外貨ネクストネオ』にも引き継がれますか?

『外貨ネクストネオ』では2013年夏に「スワップポイント振替」機能を追加導入いたしましたが、その振替方式は「即時振替」のみとなっております。そのため『外貨ネクスト』における「予約振替」設定は(『外貨ネクストネオ』への「スワップポイント振替」機能の追加導入にかかわらず)、移動処理の完了と同時に無効となります。スワップ益金の確定を希望されるお客様は、移動処理実施日の午後1時よりも前に「即時振替」により確定していただくことをおすすめします。

PAGETOP

3-3.『外貨ネクスト』での「法人リスク管理申請」設定は、口座移動と同時に『外貨ネクストネオ』へ引き継がれますか?

『外貨ネクスト』の「法人リスク管理申請」設定は、『外貨ネクストネオ』には引き継がれません。
『外貨ネクストネオ』では、個人取引における法定の値(4%)よりも低い保証金率(1%以上)を基準とした高レバレッジでのお取引を、すべての法人のお客様に対し提供いたします。

PAGETOP

4-1発注済みの未約定注文は、口座移動後も引き続き有効となりますか?

お客様の申請に基づく「ポジション・資金移動」、当社がお客様の代わりに実施する「自動ポジション・資金移動」(2013年8月11日(日)受付開始予定の「早期移動申請」を含む)ともに、処理実施日午後1時時点で約定していなかった『外貨ネクスト』の指値・ストップ注文(「ストップロス自動設定」によるものを含む)はすべて自動的に取消となりますため、『外貨ネクストネオ』への移動はなされません。ご注文の維持を希望されるお客様は、大変お手数ですが『外貨ネクストネオ』への口座移動後に、改めてご注文の発注をお願いいたします。

PAGETOP

4-2『外貨ネクストネオ』への口座移動後、ロスカット以外で特に注意すべきことはありますか?

『外貨ネクストネオ』では、同一通貨ペアの売・買ポジションを同時保有する「両建」の可否が選択できますが、移動処理直後の初期状態では、この設定が「(両建)なし」にとなっております。したがって、同設定のままの状態で保有ポジションと同一通貨ペアかつ反対の売買区分のご注文を発注され、かつ約定した場合には、その保有ポジションのうちご注文と同じ数量が「約定日時」の古い順に決済されます。

こうした決済の回避を希望されるお客様は、お手数ですが『外貨ネクストネオ』リッチアプリ【設定】→【注文設定】→【注文初期値設定】にて、両建「あり」にご変更願います。

※「ワンクリック注文」は、設定にかかわらず両建「なし」として処理されます。そのため、両建「あり」への変更後であっても、保有ポジションと同一通貨ペアかつ反対の売買区分の「ワンクリック注文」を発注された際には、そのポジションが同じ数量だけ決済されますのでご注意願います。

※各取引ツール(リッチアプリ版/スマートフォンアプリ版/iPad版/モバイル版)は個別に設定が必要となります。
例えば、リッチアプリ版で両建設定を[あり]に設定を変更されても、スマートフォンアプリ版は両建設定は[なし]の状態となっております。
複数の取引ツールをご利用の際はそれぞれの取引ツール設定を必ずご確認ください。

※同じPC端末上で複数の方が『外貨ネクストネオ』リッチアプリへログインされる環境において、一人の方が「両建」等の初期設定値を変更された場合には、他の方の初期設定値も同様に変更されてしまう場合がございます。こうした環境においては、お手数ですが、ログインの度に初期設定値のご確認をお願いいたします。

なお以上のほかにも、取引ルールの差異に伴う注意点は多数ございます。お客様におかれましては、『外貨ネクストネオ』サービス案内ページや新旧取引ルールの比較ページ等をご一読いただき、『外貨ネクストネオ』の取引ルール、ならびに新旧取引ルールの差異につき十分ご理解いただいたうえでのお取引をお願いいたします。

PAGETOP

4-3口座移動処理後『FXポイント』はどうなりますか?

『外貨ネクスト』終了にあわせて『FXポイント』サービスも終了となります
。詳細は、こちらのページをご参照ください。

PAGETOP

4-4口座移動処理後『FX Vision』はどうなりますか?

『外貨ネクスト』終了にあわせて『FX Vision』サービスも終了となります。
詳細は、こちらのページをご参照ください。

PAGETOP

4-5『外貨ネクストネオ』へ移動した直後の月曜オープンに、全ポジションがロスカットになる可能性はありますか?

移動処理後のお客様の『外貨ネクストネオ』口座の「有効比率」が、以下の条件に合致するなどして月曜オープン時点で100%を下回った際には、ロスカットが執行されます。
お客様におかれましては、移動処理前の時点での追加ご入金または一部ポジションの決済等により、こうした形でのロスカット執行の回避をおすすめいたします。

●大幅な円安に伴う「必要保証金額」の増大により、口座に不足金が発生した

保有ポジションの通貨ペアの相場が、移動処理直前の時点でその成立値よりも大幅に円安方向へ進んでいた場合には、同ポジションにかかる「必要保証金額」が移動処理前の額よりも増大することがございます。この結果「必要保証金額」が「資産合計」を上回った場合には、『外貨ネクストネオ』口座の「有効比率」が100%を下回るため、直後の月曜オープン時点でロスカットの対象となります。
※非・対円通貨ペアにおいては、取引通貨(通貨ペア名の左側の通貨。「ユーロ/米ドル」の場合はユーロ)の対円相場が円安方向へ進んでいた場合に、必要保証金額が増大することがございます。

●月曜オープンレートが前週末クローズレートよりも大幅に乖離し、評価損が増大した

為替相場に多大な影響を及ぼす何らかの出来事が週末(土・日曜)に発生した場合には、月曜オープンレートが前週末クローズレートに対し大幅に乖離するケースがございます。こうした事象が「ポジション・資金移動」処理を実施した週末に発生し、かつその乖離方向がお客様の思惑と反対方向であった場合には、評価損の増大に伴い「有効比率」が100%を下回り、月曜オープンレート時点でロスカットが執行される可能性がございます。

詳細は下記をご参照ください。
『外貨ネクストネオ』のロスカット・ルール】 
『外貨ネクストネオ』現在の必要保証金額】 
『外貨ネクスト』と『外貨ネクストネオ』のロスカット・ルールの違い

※以前の「ポジション・資金移動」における口座移動処理の中止(先送り)条件のうち、「口座の「全体保証金率」が「4.6%」を下回っている場合」(個人のお客様のみ)につきましては、8月10日実施の同最終回をもちまして除外となりました。これに伴い特に個人のお客様の場合は、移動直前の「全体保証金率」が低ければ低いほど、移動後の『外貨ネクストネオ』にて不足金発生に伴うロスカットの対象となる可能性が高まりますので、あらかじめご留意のほどお願いいたします。口座移動をお考えのお客様におかれましては、追加ご入金または保有ポジションの一部決済等による、処理当日時点での「全体保証金率」の向上をおすすめいたします。

PAGETOP

4-6『外貨ネクスト』サービス終了までに口座移動しなかった場合、ポジションは強制決済されるのですか?

お客様が『外貨ネクスト』にてお持ちのポジションは、当社がお客様の代わりに実施する「自動ポジション・資金移動」により、2013年12月21日(土)のサービス終了までに『外貨ネクストネオ』へ口座ごと移動することになります。したがって、お客様が一定期日まで口座移動をしなかった場合に、当社にてお客様のポジションを強制決済するようなことはございません。
なお、双方のサービスは保証金額の算出方法及びロスカット・ルールに相違があるため、『外貨ネクスト』口座においては維持できていたポジションが、『外貨ネクストネオ』に移動した直後にロスカット対象となる可能性がございますので、あらかじめご留意のほどお願いいたします。

PAGETOP

4-7『外貨ネクスト』のポジションや資金の移動により、確定申告に影響は生じますか?

「ポジション・資金移動」(「自動ポジション・資金移動」を含みます。以下同じ)の処理においては、原則として取引損益は発生しません※1ので、確定申告における申告所得額に影響はないものと解されます※2。
ただし「ポジション・資金移動」は、『外貨ネクスト』における「決済注文約定」→『外貨ネクストネオ』における「新規注文約定」のプロセスを経ることから、申告の際の添付書類として「取引履歴」を提出する場合には、これらの履歴も含まれる必要があると考えられます。また後述のように、『外貨ネクスト』での決済においては、いったん確定した「スワップ円換算(損益)」を「調整入出金」によって相殺する形となりますため、「取引履歴」の提出の際にはあわせて「入出金履歴」の添付が必要となります。
「取引履歴」と「入出金履歴(明細)」は、ともに電子帳票「取引残高報告書」に記載されております。

【参考】「ポジション・資金移動」における未決済ポジションの移動処理プロセス

  1. 『外貨ネクスト』の全ポジションを、同ポジションの「成立値」と同一レートにて決済
    (「スポット(損益)」は「0円」、「スワップ円換算(損益)」「未払手数料」は実際の額で確定)
  2. 確定した「スワップ円換算(損益)」を相殺する「調整入出金」を実施
    (これにより、上記決済の取引損益は「未払手数料」分の損失のみとなり、これと同額だけ「資産合計」が減少します)
  3. 『外貨ネクストネオ』にて移動前と同じ「成立値」によりポジションを新規建て
    (この時点で、すでに移動直前と同額の「スワップ(損益)」が評価損益として付与されております)

※1 「ポジション・資金移動」処理直前時点でお持ちのポジションに「未払手数料」が計上されていた場合に限り、移動処理の実施に伴い「未払手数料」と同じ額の損失が発生するため、確定申告における申告所得額に影響が生じます。なお「未払手数料」とは、ポジション成立のもととなった新規注文に対し計上された取引手数料のことで、『外貨ネクスト』電話取引のご注文、または2010年10月31日以前に同オンライン取引経由で発注されたご注文に対し計上されている場合がございます。具体的な合計金額は、「口座照会」画面内「未払手数料」をご確認願います。
※2 確定申告に関する詳細につきましては、恐れ入りますが税務署、税理士等の専門家の方にご相談いただくことをおすすめいたします。

PAGETOP

4-8.移動直後の『外貨ネクストネオ』における「出金可能額」が、移動前の金額よりも少ないのですが、どういうことですか?

以下のいずれかの状態に該当していた場合には、移動後の『外貨ネクストネオ』における「出金可能額」が、移動前の額よりも減少する場合がございます。

●移動直前の為替相場が、保有ポジションの成立値よりも大幅に円安となっていた

新規建玉時の保証金額を恒久的に適用した『外貨ネクスト』とは異なり、『外貨ネクストネオ』では実勢レート水準を基に各ポジションの「1Lotあたり必要保証金額」を週1回算出し、条件に該当した際にはその額を増減します。したがって、保有ポジションの通貨ペアの相場が、移動処理直前の時点でその成立値よりも大幅に円安方向へ進んでいた場合には、同ポジションにかかる「必要保証金額」が『外貨ネクスト』のときの額よりも増大することがあり、その際には「出金可能額」が減少します。
※非・対円通貨ペアにおいては、取引通貨(通貨ペア名の左側の通貨。「ユーロ/米ドル」の場合はユーロ)の対円相場が円安方向へ進んでいた場合に、必要保証金額が増大することがございます。

●保有ポジションに「未払手数料※」が計上されていた

『外貨ネクストネオ』には取引手数料の設定がなく、『外貨ネクスト』における「未払手数料」をそのまま移動できませんため、「ポジション・資金移動」処理に際してはこの「未払手数料」を損金として確定させ、「資産合計」に反映したうえで処理を実施します。したがって処理直後の『外貨ネクストネオ』口座の 「資産合計」は、処理直前よりも「未払手数料」の分だけ減少します。なお、お持ちのポジションに対する「未払手数料」の額は、『外貨ネクスト』取引画面内 「口座照会」にてご確認いただけます。
※保有ポジションの成立時(=新規注文の約定時)に発生した取引手数料。「評価損益」に含まれ、通常は決済時に確定します。全ポジションの合計額は、『外貨ネクスト』取引画面内「口座照会」画面にてご確認いただけます。

PAGETOP

4-9.移動直後の『外貨ネクストネオ』における「出金可能額」が、移動前の金額よりもかなり増えているのですが、どういうことですか?

お客様の『外貨ネクスト』口座が、以下のいずれかの状態に該当していたものと存じます。

●未約定の新規指値・ストップ注文が存在していた

「ポジション・資金移動」対象となった口座においては、その処理実施日午後1時時点で未約定であったすべての指値・ストップ注文を自動的に取り消します。そのため、これらのうち新規注文に対し必要となっていた「注文中保証金額」はすべて解放され、その分だけ『外貨ネクストネオ』における「出金可能額」が増大します。

●保有ポジションの一部が「両建」状態である

『外貨ネクストネオ』では、売ポジションと買ポジションがともに存在する「両建」の通貨ペアにつき、数量が多い側の必要保証金額だけを必要とする 「MAX方式」を採用しております。したがってこうした「両建」の通貨ペアの場合、数量が少ない側のポジションにかかる「必要保証金額」が解放されますので、その分だけ『外貨ネクストネオ』における「出金可能額」が増大します。

●移動直前の為替相場が、保有ポジションの成立値よりも大幅に円高となっていた

新規建玉時の保証金額を恒久的に適用した『外貨ネクスト』とは異なり、『外貨ネクストネオ』では実勢レート水準を基に各ポジションの「1Lotあたり必 要保証金額」を週1回算出し、条件に該当した際にはその額を増減します。したがって、保有ポジションの通貨ペアの相場が、移動処理直前の時点でその成立値よりも大幅に円高方向へ進んでいた場合には、同ポジションにかかる「必要保証金額」が『外貨ネクスト』のときの額よりも減少することがあり、その際には 「出金可能額」が増大します。
※非・対円通貨ペアにおいては、取引通貨(通貨ペア名の左側の通貨。「ユーロ/米ドル」の場合はユーロ)の対円相場が円高方向へ進んでいた場合に、必要保証金額が減少することがございます。

PAGETOP

4-10.『外貨ネクストネオ』において、移動のときの取引や入出金の履歴が見当たらないのですが、どうしてですか?

『外貨ネクストネオ』取引画面内の各履歴画面においては、「ポジション・資金移動」におけるポジションおよびご資金の移動処理自体の履歴は表示されません。
一方、「履歴閲覧サイト」(旧・『外貨ネクスト』PC取引画面)の各履歴画面においては移動処理時の履歴が表示されますので、お手数ですがこちらにてご確認のほどお願いいたします。
※『外貨ネクスト』の保有ポジションを『外貨ネクストネオ』へ移動した際の履歴は、「履歴閲覧サイト」内の「注文履歴」および「取引履歴」において、背景色が黄色で表示されます。

PAGETOP

4-11.出金先預金口座の登録情報が勝手に変更されているようですが、どうしてですか?

当社では「ポジション・資金移動」に際し、13ケタ「記号・番号」表記の「ゆうちょ銀行」(旧「郵便貯金」)口座を出金先口座としてお届けのお客様に限り、同行規定の変換ルール に基づきご登録の口座情報を「支店名+7ケタ口座番号」表記に置き換えております。
表記は大きく変更されておりますが、ご出金の場合にはお客様の口座に正しく出金処理がなされますので、ご安心のほどお願いいたします。

PAGETOP

5-1『外貨ネクスト』同様に、『外貨ネクストネオ』でも信託保全サービス『セーフティネクスト』の対象となりますか?

お客様からお預りしておりますご資産につきましては、信託保全サービス『セーフティーネクスト』 の対象として区分管理されます。この区分管理は、『外貨ネクストネオ』でも引き続き適用されます。

PAGETOP

5-2『外貨ネクストネオ』への口座移動後も、『外貨ネクスト』へのログインや取引はできますか?

『外貨ネクストネオ』への口座移動後は、『外貨ネクスト』取引ルールの下での各取引ツールにおけるお取引は一切できなくなります。
なお、ここまでご利用いただいた『外貨ネクスト』各取引ツールは、口座移動後も一定の期間はそれぞれ以下の用途にご利用いただけます。
ツールにより、それぞれ以下の通りとなります。

●『外貨ネクスト』PC(Web版)取引画面:

過去の『外貨ネクスト』におけるお取引の履歴確認や、電子帳票の出力がご利用いただける「履歴閲覧サイト」となります。
このほか、『FXポイント』のポイント交換、「速報メールサービス」の配信設定等につきましても引き続きご利用いただけます。

●『外貨ネクスト』モバイル取引アプリ

(『外為トレードアプリNEXT』、『外貨ネクスト for iPhone』、『外貨ネクスト for Android』、『外貨ネクスト for iPad』)
これらのモバイル取引アプリは、「ニュース」「レポート」の両マーケット情報限定の閲覧ツール(アプリ)としてご利用いただけます。
※「ニュース」「レポート」以外の画面・機能はご利用いただけませんのでご注意願います。

●『外貨ネクスト』モバイル(Web版)取引画面

誠に申し訳ございませんが、口座移動後は一切ご利用できなくなります。

※ログイン時の口座番号・パスワードは、「履歴閲覧サイト」および「マーケット情報閲覧ツール」で共通のものです。『外貨ネクストネオ』のパスワードとは連動しておりませんのでご注意ください。

PAGETOP

5-3『外貨ネクストネオ』へ移動後の口座番号やパスワードはどうなりますか?

『外貨ネクストネオ』における口座番号(ユーザーID)・パスワードは次の通りです。
●口座番号(ユーザーID):『外貨ネクスト』口座番号に同じです。
●パスワード:移動処理実施日午後1時時点での『外貨ネクスト』ログインパスワードに同じです。
※『外貨ネクストネオ』にログインをするには、『外貨ネクスト』の口座番号(ID)が必要となります。『外貨ネクスト』でご利用されていたニックネームでログインすることはできませんので、ご注意ください。
※『外貨ネクストネオ』では、初期パスワード(電話取引暗証番号)の制度がございません。したがって『外貨ネクストネオ』では使用することはございませんのでご注意願います。

PAGETOP

5-4保有しているポジションを移動した際、同レートで移動されますが、ネオは3桁対応となるためどうなりますか?

『外貨ネクスト』から『外貨ネクストネオ』へ移動したポジションは、成立値の最小桁数※が『0』とな ります。たとえば『外貨ネクスト』において成立した「米ドル/円」ポジションの成立値が「88.56」であった場合は「88.560」、「ユーロ/米ド ル」ポジションの成立値が「1.3485」であった場合は「1.34850」となります。
※対円通貨ペア:小数点以下第3位、非・対円通貨ペア:小数点以下第5位

PAGETOP

5-5『外貨ネクストネオ』に口座を移動した後、『外貨ネクスト』に戻すことはできますか?

誠に申し訳ございませんが、『外貨ネクストネオ』への口座移動が完了した後は、再び『外貨ネクスト』へ戻ることはできません。

PAGETOP

5-6.『外貨ネクスト』で使用していたニックネームでログインできますか?

いいえ、できません。
『外貨ネクストネオ』へのログイン時に入力する「ユーザーID」には口座番号をご入力ください。『外貨ネクスト』でご登録されたニックネームではログインできませんので、ご注意ください。

PAGETOP

5-7.『外貨ネクスト』と『外貨ネクストネオ』のサービスは、どこがどう異なるのですか?

こちらのページ において、両サービスの相違点をまとめております。
詳細はこちらをご参照ください。

PAGETOP

5-8.『外貨ネクスト』と『外貨ネクストネオ』のロスカットルールの違いを教えてください。

『外貨ネクスト』のロスカット・ルールには、取引時間中に随時適用される「ロスカット」と、1日1回適用される「NYCロスカット」の2つがございますが、『外貨ネクストネオ』では前者に限り取引時間を通じて適用されます。
なお『外貨ネクストネオ』のロスカット・ルールは、『外貨ネクスト』のものと差異がございます。
詳細はこちらをご参照ください。

PAGETOP

5-9.『外貨ネクストネオ』に移動したら、ポジションが増えたように見えますが、どうしてですか?

『外貨ネクストネオ』は1,000通貨=1Lotとなっております。
そのため、『外貨ネクスト』で10,000通貨のポジションを保有したまま、『外貨ネクストネオ』へ移動した場合には、10Lot=10,000通貨の表記になりますので、ご注意ください。

PAGETOP

6-1.『外貨ネクスト』と『外貨ネクストネオ』の両方にて、同時に取引することはできますか?

並行してご利用いただくことはできません。
『外貨ネクスト』のお客様が新たに『外貨ネクストネオ』をご利用いただく際には、必ず「ポジション・資金移動」、または2013年8月より実施予定の「自動ポジション・資金移動」によりポジションおよびご資金を含む口座全体を『外貨ネクストネオ』へ移動していただく必要がございます。

PAGETOP

6-2.『外貨ネクストネオ』口座へ入金する際は、『外貨ネクスト』のときと同じ預金口座宛てに資金を振り込めばよいですか?

はい、そのとおりです。
振込先預金口座の詳細は、『外貨ネクスト』の「履歴閲覧サイト」(移動処理前の『外貨ネクスト』PC取引画面)内【お振込み先】→【お振込み先一覧】にて引き続きご確認いただけます。

PAGETOP