店頭FXの税制が2012年1月より「申告分離課税」へと変更されます

2011年6月22日に行われた参議院本会議にて、2011年度税制改正修正法が可決、成立しました。これに伴い2012年1月からは、当社の『外貨ネクスト』をはじめとする店頭FXにおいても、税率が一律20%の「申告分離課税」が適用されることになります。
「くりっく365」や「大証FX」のような取引所取引では「申告分離課税」が認められていた一方、同じFXでも店頭取引においては、課税所得の合計額が大きければ大きいほど税率が高くなる「総合課税」の適用となっておりました。
今回の税制改正で店頭取引と取引所取引の税制が一本化されたことにより、FXをご利用の個人投資家の皆様におかれましては、いくつもの税制上の恩恵をお受けいただけるとともに、ご選択の幅がより一層拡大するものと存じております。
なお、詳細につきましては、法令や国税庁ホームページをご確認頂くか、税務署、税理士等の専門家にお問い合わせください。また、今後、内容が変更となる可能性がございますのでご留意ください。
外為どっとコムでは皆様のご愛顧におこたえするため、より一層のサービスを提供できますようたゆまぬ努力を続ける所存でございます。

  • 特長1. 申告分離税で税率は一律20%
  • 特長2. 取引所先物取引等と損益通算が可能
  • 特長3. 損失の繰越控除が3年間可能

特長1申告分離課税で、 税率は一律20%に

これまで「くりっく365」や「大証FX」のような取引所取引では「申告分離課税」が認められていた一方、同じFXでも店頭取引においては、課税所得の合計額が大きければ大きいほど税率が高くなる「総合課税」が適用されておりました。今回の税制改正の適用 により2012年1月以降は、申告分離課税が適用され、所得額の大小にかかわらず、税率は一律20%となります。

FX税制改正前と改正後の税率図

PAGETOP

特長2取引所における先物取引等と損益通算が可能

損益通算とは、各種所得にて発生した損失をその他の所得と合算し、控除できることをいいます。今回の税制改正により2012年1月以降は、店頭FXであっても、取引所における先物取引等※にて発生した損益との通算が可能となります。もちろん、店頭FX同士での損益通算も可能です。

※取引所FXのほか、「金」「原油」といった商品先物取引や「日経225先物」のような株価指数先物取引など、「先物取引に係る雑所得等の課税の特例(租税特別措置法第41条の14)」の適用対象を指します。

FX税制改正前と改正後の説明例

PAGETOP

特長3損失の繰越控除が3年間可能

今回の税制改正により2012年1月以降は、店頭FXにおける通年(1月1日〜12月31日)の損益がマイナス(損失)となった際に、その翌年以降3年間に渡り店頭FXおよび取引所先物取引等にて発生した利益から、この損失額を控除することができます。損失の繰越控除の適用を受けるためには、損失の金額が生じた年について、確定申告をしておく必要があります。また、その後についても継続して確定申告を行なう必要があります(租税特別措置法第41条の15)。

FX税制改正前と改正後の説明例