重要新旧比較

  現在 変更後
ロスカットの種類 ポジションごとの維持率によるロスカット ポジションごとの維持率によるロスカットに加え、口座全体の全体保証金率によるNYCロスカットが追加になります。
ロスカットルール ポジションごとにロスカット判定をいたします。実勢の評価レートが、各ポジションの「ロスカットレート」に達した際に「ロスカット」の執行対象となり、そのポジション単体が反対売買にて自動決済されます。 今までのロスカットルールに加え、全体保証金率でのロスカットルールが追加になります。
NYクローズ前のメンテナンス開始時点に、ポジション総代金2%の保証金が預託されていない場合、「NYCロスカット」の対象となり、全ポジションが反対売買にて自動決済されます。
ロスカットの回避 ポジションごとの取引保証金を積み増すことにより、個々のポジションの維持率を向上させ、ロスカットの執行を回避する(ロスカット執行までの値幅を拡大する)ことができます。 ポジションごとの取引保証金を積み増すことにより、個々のポジションの維持率を向上させ、ロスカットの執行を回避する(ロスカット執行までの値幅を拡大する)ことができます。
また、口座内に余裕資金を積み増すことにより、口座全体の維持率や全体保証金率を向上させ、ロスカットの執行を回避する(ロスカット執行までの値幅を拡大する)ことができます。
維持率の算出方法 口座全体ではなく、単体のポジションごとに「維持率」を算出します。

計算式は、下記の通りです。
維持率=(取引保証金額+評価損益金)÷取引保証金額×100
※上記の計算式の「取引保証金額」「評価損益金」は、すべて単体のポジションの金額です。
口座全体で、単一の「維持率」に加え、ポジション総代金に対しての有効保有額の割合(%)である「全体保証金率」が追加になります。

『全体保証金率』は、ポジション総代金に対して、有効保有額の割合(%)を表示しています。
全体保証金率=有効保有額※1÷ポジション総代金※2×100で求められます。

※1 有効保有額=資産+評価損益合計−(注文中保証金合計+出金依頼額)※2 ポジション総代金=成立値×取引数量の合計(対円通貨ペアの場合)
ポジション総代金=成立値×取引数量の合計×円換算Bidレートの合計(非・対円通貨ペアの場合)
取引保証金 各通貨ペアの対円通貨ペア取引レート水準を基準に1万通貨あたりの取引保証金額をレバレッジごとに定めた保証金を設定しています。 [マーケット注文(対円通貨ペア)]
【発注時レート×10000×保証金率】を計算し、1,000円未満を切り上げた後、数量を乗算します。

[マーケット注文(非・対円通貨ペア※1)]
【発注時レート×円換算レート×10000×保証金率】を計算し、1,000円未満を切り上げた後、数量を乗算します。

[指値・ストップ注文 (対円通貨ペア)]
【指値レート×10000×保証金率】を計算し、1,000円未満を切り上げた後、数量を乗算します。

[指値・ストップ注文(非・対円通貨ペア※1)]
【指値レート×円換算レート×10000×保証金率】を計算し、1,000円未満を切り上げた後、数量を乗算します。

※1万通貨の最低取引保証金は、1万円です。 ※OCO注文は、指値の大きい方で1万通貨当りの保証金を算出し、それに大きい方の数量を乗算します。 ※1 非・対円通貨ペアは、ユーロドル、ポンド米ドル、ドルスイスフランになります。
レバレッジの種類
  • 「レバレッジ10」
  • 「レバレッジ20」
  • 「レバレッジ50」
  • 「レバレッジ100」
「レバレッジ25」「レバレッジ40」が追加になり、「レバレッジ100」が廃止となります。
  • 「レバレッジ10」
  • 「レバレッジ20」
  • 「レバレッジ25」
  • 「レバレッジ40」
  • 「レバレッジ50」
※法人のお客様は申請をすることでレバレッジ100のご利用が可能となります。
レバレッジ表記
  • 「レバレッジ10」
  • 「レバレッジ20」
  • 「レバレッジ50」
  • 「レバレッジ100」
保証金率という名称に変更になります。
  • 「10%(レバレッジ10)」
  • 「5%(レバレッジ20)」
  • 「4%(レバレッジ25)」
  • 「2.5%(レバレッジ40)」
  • 「2%(レバレッジ50)」
レバレッジ50、100の
週末決済ルール
週末のニューヨーク・クローズ1時間前をもって下記の通りすべて自動的に解消し、同時刻以降にそのポジションまたはご注文を持ち越すことはできない。 廃止となります。
※法人のお客様は申請をすることで保証金率1%(レバレッジ100)のご利用が可能となります。その際、保証金率1%(レバレッジ100)のポジション、注文は、現状と同じ週末持ち越しはできないルールとなりますのでご注意ください。
取引時間 [夏時間]
月曜午前7時〜土曜午前5時40分 ※毎営業日NYクローズ20分前はメンテナンス時間となります。
[冬時間]
月曜午前7時〜土曜午前6時40分 ※毎営業日NYクローズ20分前はメンテナンス時間となります。
メンテナンス時間延長のため、取引時間が10分間短くなります。

[夏時間]
月曜午前7時〜土曜午前5時30分
※毎営業日NYクローズ30分前はメンテナンス時間となります。
[冬時間]
月曜午前7時〜土曜午前6時30分 ※毎営業日NYクローズ30分前はメンテナンス時間となります。
返還可能額の
計算式
[返還可能額]=[資産合計]−[取引保証金]−([注文中保証金]+[出金依頼金額]) A)[返還可能額]=[資産合計]−[取引保証金]−([注文中保証金]+[出金依頼金額])B) [返還可能額]=[有効保有額]−[ポジション総代金×0.02]
A,Bの計算式にて算出される金額のうち、金額の小さい方が適用されます。 ※法人のお客様が申請によって全体保証金率のルールを免除した場合、Bの計算式は含まれません。
クイック入金 メンテナンス時間を除く24時間 メンテナンス時間を除く24時間
※取引時間内にクイック入金処理が完了しない場合、入金処理は受付けされません。
新規注文発注時の
全体保証金率チェック
なし マーケット注文:
発注時レートで全体保証金率が2%を下回っていないのかを確認します。下回っていた場合は約定いたしません。

指値・ストップ注文:
指値レートで全体保証金率が2%を下回っていないのかを確認します。下回っていた場合は発注できません。※法人のお客様につきましては、申請をすることで全体保証金率の確認は免除されます。
注文訂正時の
全体保証金率チェック
なし 訂正のレートが全体保証金率が2%を下回っていないのかを確認します。下回っていた場合は訂正できません。 ※法人のお客様につきましては、申請をすることで全体保証金率の確認は免除されます。
出金時の
全体保証金率チェック
なし 全体保証金率が2%を下回っていないのかを確認します。下回っていた場合は出金できません。 ※法人のお客様につきましては、申請をすることで全体保証金率の確認は免除されます。

pagetop