• HOME >
  • お知らせ

お知らせ


12/1(火)スタート・4大キャンペーン実施のお知らせ[15/11/30]

当社では来たる12月1日(火)より、以下の4大キャンペーンを実施することとなりましたので、お知らせいたします。

■キャンペーン対象期間:
以下4キャンペーン(共通):
2015年12月1日(火)午前7時10分〜2016年1月30日(土)午前6時55分

※以下4キャンペーンのいずれも、ご参加にはそれぞれエントリーが必要です。また、これらの中には特典を重複してお受け取りいただくことができないキャンペーンがございます。(重複エントリーは可能です)。なお各キャンペーンには所定の対象条件やご注意事項がございます。ご参加にあたっては下記リンク先の告知ページを必ずご一読ください。
※通貨ペア毎の取引Lot数の入力によりキャッシュバック金額を確認できる【キャッシュバックチェッカー】を、今回より以下各キャンペーンページに追加しました。ぜひご活用ください。

●「キャッシュバック上限なしキャンペーン」
上記対象期間中の各「対象取引月間」における『外貨ネクストネオ』新規取引の数量合計が、通貨ペアグループA・B毎の合計で1,000Lot(100万通貨)の倍数に達する度に、グループ毎の所定の金額を上限なしにキャッシュバックいたします。
さらに、各月間の『外貨ネクストネオ』口座の「純増額」(月間の入金額合計と出金額合計の差額)がプラス500万円以上となった場合には、ボーナスとして同じ月のグループ毎のキャッシュバック額にそれぞれ50%を上乗せいたします。
キャッシュバック上限なしキャンペーン

●「トルコスペシャル キャッシュバック上限なしキャンペーン」
上記対象期間中の各「対象取引月間」における『外貨ネクストネオ』の通貨ペア「トルコリラ/円」新規取引の数量合計が1,000Lot(100万通貨)の倍数に達する度に、5,000円を上限なしにキャッシュバックいたします。
トルコスペシャル キャッシュバック上限なしキャンペーン

●「のりかえ&おかえりキャッシュバック上限なしキャンペーン」
これまで他社で取引され、今回初めて『外貨ネクストネオ』口座を開設された方、もしくは当社『外貨ネクストネオ』におけるお取引が一定期間(2015年10月1日〜同12月1日)なかった当社会員様であれば、本キャンペーンの適用対象となります。
いずれか一方を満たされた場合には、上記対象期間中の各「対象取引月間」における『外貨ネクストネオ』新規取引の数量合計が、通貨ペアグループA・B毎の合計で1,000Lot(100万通貨)の倍数に達する度に、グループ毎の所定の金額を上限なしにキャッシュバックいたします。
のりかえ&おかえりキャッシュバック上限なしキャンペーン

●「トレーダーご紹介キャッシュバック上限なしキャンペーン」
『外貨ネクストネオ』口座をすでにお持ちの会員様により上記対象期間中にご紹介された友人・知人の方が、同期間中に『外貨ネクストネオ』口座を開設し、かつ新規取引の数量合計が通貨ペアグループA・B合算で1,000Lot(100万通貨)以上となることで、本キャンペーンの適用対象となります。
この条件を満たされた場合には、ご紹介した方・ご紹介された方それぞれの上記対象期間中の各「対象取引月間」における『外貨ネクストネオ』新規取引の数量合計が、通貨ペアグループA・B毎の合計で1,000Lot(100万通貨)の倍数に達する度に、グループ毎の所定の金額を上限なしにキャッシュバックいたします。
トレーダーご紹介キャッシュバック上限なしキャンペーン

『外貨ネクストネオ』一部機能バージョンアップのお知らせ[15/11/30]

この度当社では『外貨ネクストネオ』リッチアプリ版およびWebブラウザ版にて、お客様からのご要望を参考とした一部機能のバージョンアップを実施しましたので、お知らせいたします。

【主なバージョンアップ機能】
●「スピード注文」画面に、以下の表示機能を新たに追加しました。(リッチアプリ版・Webブラウザ版)
 1.「必要保証金額」:入力されたLot数での発注に必要となる保証金額
 2.「注文可能目安」:その時点で発注が可能な最大Lot数(目安)※
※「注文可能目安」の最大値に近いLot数で発注されますと、相場状況によっては直ちにロスカットとなる可能性がございます。注文に際しては余裕を持たせたLot数での発注をおすすめいたします。
●取引画面にニュース閲覧機能を追加しました。(リッチアプリ版)
 ツールバーの右端「ニュース」をクリックするとウィンドウが表示されます。本文が長い記事の場合は、「自動更新」のチェックを一時的に外すことでじっくり閲覧することも可能です。

今後も当社では、お客様よりお寄せいただいたご要望をもとに、新機能・サービスを続々と『外貨ネクストネオ』に導入してまいります。ご期待ください。
お客様の声をかたちに

「Windows 10」環境下の一部ブラウザの推奨環境追加のお知らせ(Webブラウザ版)[15/11/30]

去る9月30日付で本欄にてご案内した、米Microsoft社の最新OS「Windows 10」環境下の一部ブラウザ上で『外貨ネクストネオ』Webブラウザ版のうち「スピード注文」画面などが別ウィンドウ表示されない事象につき、このほど対応が完了しましたのでお知らせいたします。
これを受け当社では、本事象が発生していた同OS環境下のブラウザのうち「Internet Explorer 11」を推奨環境に、「Microsoft Edge」を動作確認環境にそれぞれ追加いたします。

なお以前にもご案内した通り、同OS環境下の「Microsoft Edge」においてはJavaプラグインがサポートされていないため、チャートの表示ができません。誠に恐れ入りますが「Internet Explorer 11」からのログイン※、またはリッチアプリ版をご利用願います。
※すでに「Microsoft Edge」にてログイン済みの場合は、ブラウザ右上のメニュー【・・・(他の操作)】→【Internet Explorer で開く】からでもアクセスできます。

現時点での各チャネルの推奨環境につきましては、下記リンク先ページをご参照願います。
今後も当社では、皆様のご期待に応えるべく、当社FX取引環境のより一層の向上に努めてまいります。
リッチアプリ版 推奨環境
Webブラウザ版 推奨環境

『金融所得課税一体化』に向けたアンケート調査へのご協力ありがとうございました。[15/11/26]

平素は「外為どっとコム」をご利用くださいまして誠にありがとうございます。

2015年11月17日から実施しておりました「個人投資家向け税制に関するアンケート」につきましては2015年11月24日をもちまして回答を締め切りました。

本アンケートは44の賛同企業/団体で実施され、23981名から回答をいただきました。
ご協力いただきました多くのみなさまにお礼申し上げます。
アンケート結果につきましてはこちらをご覧ください。

今後とも外為どっとコムをご愛顧下さいますようよろしくお願い申し上げます。

「トルコリラ/円」スワップポイント優遇期間の延長(〜1/29)のお知らせ[15/11/25]

当社では、おかげさまでご好評をいただいております高金利で人気の通貨ペア「トルコリラ/円」のスワップポイント優遇につき、適用期間を来年1月29日(金)まで延長することとなりましたので、お知らせいたします。
これまで同様“業界最高水準”にてお届けする外為どっとコムの「トルコリラ/円」スワップポイント。すでに同通貨ペアのポジションをお持ちの方も、これから新たなお取引をご検討中の方も、ぜひお見逃しのないようお願いいたします。

なお当社では、「トルコリラ/円」の魅力を分かりやすくまとめた特設サイトを公開しております(下記リンク先)。高金利通貨ゆえにもたらされる高水準スワップポイントのご紹介、トルコリラの相場動向を知るための動画コンテンツなど、盛りだくさんの内容となっております。皆様の有益なお取引の参考になれば幸いでございます。
 【トルコリラ/円特設サイト

外為どっとコム総研『竹中平蔵レポート』最新号配信のお知らせ[15/11/18]

当社子会社「外為どっとコム総合研究所」首席研究理事・竹中平蔵の執筆によるレポート『竹中平蔵レポート』の最新号「TPPをどう活かすか?」の配信を、同社サイト内および当社『外為情報ナビ』にて、開始いたしました。

 本レポートは、経済学者にして主要閣僚ポストを歴任するという稀代の経歴を持つ竹中が、内外の経済や政治、マーケット情勢などについて、積年の活動を通じ培った見識に基づき分析したものです。下記リンク先ページおよび『外為情報ナビ』※にて、最新号とバックナンバーをご覧になれます。
※『外為情報ナビ』における本レポートの提供は、PC向け取引画面のみとなっております。

外為どっとコム総研『竹中平蔵レポート』
外為情報ナビの詳細
外為情報ナビのアクセス方法

個人投資家向け税制改正に向けたアンケート調査ご協力のお願い[15/11/17]

平素は、外為どっとコムをご利用いただき、誠にありがとうございます。
 
このたび金融庁が公表した「平成28年度税制改正要望」において、「上場株式等」と「デリバティブ取引等(先物・オプション取引、FX、商品先物取引等)」との損益通算を認めることが要望として挙げられました。
 
このたび、本要望に関する個人投資家の皆さまの意識調査を行うべく、賛同企業合同によるアンケート調査を実施することといたしました。個人投資家の皆さまの声を税制に反映させるべく、ぜひアンケートにご協力ください。
 
アンケート回答はこちら(※これより先は、外為どっとコム外のページへリンクします。)
 
※本アンケート調査は匿名で行うため、ご協力いただいたお客さまを賛同企業各社が特定することはできません。
 
今後とも外為どっとコムをご愛顧下さいますようよろしくお願い申し上げます。

来年1/30(土)法人会員様の全通貨ペア保証金率変更(引き上げ)適用開始のお知らせ[15/11/16]

去る10月30日付で本欄等にてお知らせした、法人会員様の全通貨ペアの「1Lotあたりの必要保証金額」計算式における係数(保証金率:現状は一律0.5%)を1%または4%へ変更(引き上げ)させていただく件につき、その適用開始予定日が来年・2016年1月30日(土)となりましたのでお知らせいたします。

本変更は、去る1月15日のいわゆるスイスショックの発生、およびその後現在まで主要国・新興国通貨を問わず相場の乱高下が生じやすい地合いが継続している実情をふまえ、投資家保護の観点から、新たな相場激変等が発生した場合における法人会員様の損失拡大をできる限り軽減することを目的に実施するものでございます。
本変更に伴い、法人会員様にはたいへんご不便をおかけいたしますが、なにとぞご理解ご了承を賜りますようお願い申し上げます。

【法人保証金率の変更対象となる通貨ペア】
●保証金率が0.5%→1%となる通貨ペア(全11種)
・USD/JPY(米ドル/円)
・EUR/JPY(ユーロ/円)
・EUR/USD(ユーロ/米ドル)
・AUD/JPY(豪ドル/円)
・GBP/JPY(ポンド/円)
・NZD/JPY(NZドル/円)
・CAD/JPY(カナダドル/円)
・GBP/USD(ポンド/米ドル)
・AUD/USD(豪ドル/米ドル)
・NZD/USD(NZドル/米ドル)
・EUR/AUD(ユーロ/豪ドル)
●保証金率が0.5%→4%となる通貨ペア(全9種※1)
・CHF/JPY(スイスフラン/円)
・HKD/JPY(香港ドル/円)
・USD/CHF(米ドル/スイスフラン)
・ZAR/JPY(南アフリカランド/円)
・TRY/JPY(トルコリラ/円)
・CNH/JPY(人民元/円)
・NOK/JPY(ノルウェークローネ/円)
・SEK/JPY(スウェーデンクローナ/円)
・MXN/JPY(メキシコペソ/円)
※1 本年4月27日付で本欄にてご案内した保証金率4%変更(引き上げ)対象の通貨ペア全9種と同じです。

【本変更後の法人会員様「1Lotあたりの必要保証金額」計算式】
[変更前]
●全通貨ペア共通(保証金率0.5%):基準レート×1,000(通貨)×0.5%
[変更後]
●保証金率が0.5%→1%となる通貨ペア:基準レート×1,000(通貨)×1%
●保証金率が0.5%→4%となる通貨ペア:基準レート×1,000(通貨)×4%
(いずれも100円未満切り上げ。計算結果が500円未満の場合は500円に切り上げ。非・対円通貨ペアの基準レートは、取引通貨が共通する対円通貨ペアの基準レートに同じ※2)
≪計算例≫
(以下、本変更の前後を通じて基準レートが変化しなかったと仮定)
●保証金率が0.5%→1%となる通貨ペア
・基準レート「120円」の通貨ペアの場合:[変更前]600円→[変更後]1,200円
・基準レート「85円」の通貨ペアの場合:[変更前]500円→[変更後]900円
●保証金率が0.5%→4%となる通貨ペア
・基準レート「120円」の通貨ペアの場合:[変更前]600円→[変更後]4,800円
・基準レート「9円」の通貨ペアの場合:[変更前]500円→[変更後]500円 ※3
※2 現在、非・対円通貨ペアの「1Lotあたりの必要保証金額」は取引通貨が共通する対円通貨ペアの「1Lotあたり必要保証金額」に同じとしておりますが、本変更とあわせて上記の通り変更いたします。
※3 保証金率が1%となる通貨ペアでは基準レートが「50円」以下の場合、また保証金率が4%となる通貨ペアでは基準レートが「12.5円」以下の場合、「1Lotあたりの必要保証金額」はそれぞれ変更前と同額(500円)となります。

なお、上記適用開始日時点でポジションをお持ちの法人会員様口座の「必要保証金額」が、本変更に伴い同時点の「有効評価額」を上回った場合には、その直後の月曜オープン(来年2月1日午前7時)時点でロスカットが執行され全ポジションが強制決済対象となります。こうした状況に該当する可能性があり、かつロスカットの回避をご希望のお客様におかれましては、できるだけ早い時期の追加ご入金または一部ポジションの決済等による対処をお願い申し上げます。
また本変更では、適用開始日時点で有効な未約定注文の「注文中保証金額」も同じく変更対象となります。仮に本変更に伴い「注文中保証金額」が増額したとしても「有効評価額」への影響はないため、その増額自体によりロスカットが執行されることはありませんが、その約定により口座の「必要保証金額」が「有効評価額」を上回った場合には直ちにロスカット執行対象となりますので、十分ご留意のほどお願いいたします。

本変更に伴い、上記適用開始日時点で適用される具体的な「1Lotあたりの必要保証金額」は、直前の木曜日である来年1月28日に、こちらのページにて公表予定です。

井上義教レポート「トルコリラ/円・南アフリカランド/円特別号」期間限定配信のお知らせ[15/11/16]

会員様限定プレミアム情報サイト『外為情報ナビ』にて配信中の「井上義教レポート」(FX Weekly Technical Report)の、トルコリラ/円・南アフリカランド/円の両通貨ペア分析に特化した特別号を、本日(11月16日)より本年12月28日(月)までの限定で週1回配信することとなりましたのでお知らせいたします(レギュラー号と同じく原則毎週月曜配信)。

本特別号は、株式会社オスピスの取締役・チーフアナリストである井上義教氏が、その経験から編み出した独自の「チャートリーディング」手法を駆使し、高金利通貨として人気の両通貨ペアを分析したテクニカルレポートです。主要5通貨ペアを分析したレギュラー号とあわせて、この機会にぜひご一読くださいませ。

井上義教レポート トルコリラ/円・南アフリカランド/円特別号 サンプル
井上義教レポートについて
『外為情報ナビ』について
『外為情報ナビ』へのアクセス方法

本年7月13日に『外貨ネクストネオ』にて発生した事象の再発防止策、および今後の取り組みについて[15/11/11]

2015年7月13日(月)に発生した、『外貨ネクストネオ』各チャネルへのログインができなくなるとともに、取引レートの更新および約定処理が停止した事象につき、お客様に多大なるご迷惑をおかけいたしましたことを、深くお詫び申し上げます。

その発生原因および再発防止策の進捗状況につき、改めて以下の通りご報告申し上げます。加えて、弊社における今後の取り組みにつきましてもご案内申し上げます。

【発生原因について】
お客様からの注文処理等を実行するサーバ全5台のうち1台において、ネットワーク機器との通信経路上の一部ハードウェアに不良が発生しました(事象[1])。本来、通信経路上のハードウェア不良発生時には予備系経路への自動切替により取引サービスへの影響が発生することはありませんが、本事象においてはファームウェア(当該ハードウェアを制御するためのソフトウェア)に内在していた、システム提供元を含め過去に報告事例のない不具合によりこの自動切替が正常になされなかったため(事象[2])、システムが異常を検知し、その結果としてサービスの緊急停止機能が発動したものです。

その後、弊社では問題が発生した当該サーバ1台を、サービス復旧へ向け一時的にシステム構成から切り離す作業を実施いたしました。しかしながら、お客様の一部注文が不成立となるなど約定しづらい状態となっていることが確認できたため、その解消を目的とした緊急システムメンテナンスを実施しております。このような状態が発生した原因は、今回のような不具合発生時に未処理のデータの有無をチェックし、データ不整合の発生を防止するための機能(以下、未処理チェック機能)が、想定以上のデータ量を処理しようとし、結果的に処理能力を超えたため(事象[3])であると判明しておりますが、その判明までに要した調査時間に加え、データ不整合の有無確認ならびにシステムの健全性確認を入念に実施した結果、緊急システムメンテナンスの長時間化へと至った次第でございます。

なお、システム構成から一時的に切り離したサーバ1台につきましては、同月18日(土)の臨時システムメンテナンス中にハードウェア不良部品の交換およびサーバ本体の健全性確認を実施したうえで、システムへの再接続を完了しております。

【再発防止策について】
・事象[1]の再発防止策: 一部ハードウェアの部品交換
本事象の直接的な原因となった一部ハードウェア不良につきましては、上記の通りすでに部品交換を完了しております。

・事象[2]の再発防止策:ファームウェアの更新
通信経路の自動切替に関するファームウェアの不具合につきましては、当該ファームウェアの更新を実施しております。

・事象[3]の再発防止策:未処理チェック機能の設計見直しとプログラム改修
今回の緊急システムメンテナンス長時間化の要因となった未処理チェック機能の問題につきましては、より適切に作動するよう設計を見直すとともに、これに沿ったプログラムの改修を実施しております。

以上の対処により、今回のような事象の再発は、回避できるものと弊社では考えております。

【今後の取り組みについて】
1. システム総点検の実施について
弊社では以上の再発防止策に加え、システム全体のリスク管理、特に異常時における復旧対策について包括的にチェックし、システム継続性の観点から本事象以外の重要な問題の有無を確認するため、本年12月中をめどにハードウェア面およびアプリケーション面の両面でのシステム総点検を実施いたします。

本点検は予防的観点より今後も定期的に実施し、システムの健全性を確保していくよう取り組んでまいります。また、点検の内容は専門家によるチェックを受け、客観的に妥当なものであることを担保し、より実効性のあるものとなるよう努めてまいります。

2. 外部システム監査の実施について
弊社では今回の事象に関する再発防止策の有効性評価のため、前述のシステム総点検が完了し次第速やかに、当該点検内容に関する外部システム監査を実施いたします。

本件につきまして、お客様に多大なるご迷惑をおかけいたしましたことを、重ねて深くお詫び申し上げます。

以上

当社オリジナル『外為手帳2016』会員限定プレゼントクイズ実施のお知らせ[15/11/10]

当社グループ企業・外為どっとコム総合研究所の協力による充実の金融コンテンツに加え、「NOLTY(ノルティ)」シリーズを開発した日本能率協会マネジメントセンター監修の豊富な情報量と高い機能性を兼備し、おかげさまで例年数多くの個人投資家の皆様にご愛用をいただいております、当社オリジナル「外為手帳」シリーズ。
その来年版『外為手帳2016』の完成を記念して当社では、平素よりご愛顧をいただいております当社会員様への感謝の意をこめて、正解された方の中から抽選で2,016名様に本手帳を進呈する会員限定プレゼントクイズを実施することとなりました。
入手をご希望の会員様は、ぜひともこの機会をお見逃しのなきよう、下記リンク先ページ[クイズに答える]ボタンよりお早めのご応募をおすすめいたします。
クイズに答えて『外為手帳2016』をプレゼント!

12/4夜・年末特番『外為ライブクイズ 〜クイズに答えてフィアットに乗ろう〜』配信のお知らせ[15/11/09]

当社では来たる12月4日(金)午後8時30分より、オンラインセミナー形式での年末特別番組『外為ライブクイズ 〜クイズに答えてフィアットに乗ろう〜』を配信することとなりましたので、お知らせいたします。

当日ご参加いただいたすべての方の中から抽選によりクイズ挑戦者に選ばれた方には、番組生配信中に出演者からお電話をいたします。「おカネ」に関するクイズにみごと正解した場合には、自動車「FIAT 500 1.2 Pop」をはじめとする豪華賞品を進呈いたします。
日本国内に在住で、かつ当選連絡先が日本国内である個人の方であれば、当社会員様を含めどなたでもご参加いただけます。皆様のご参加をお待ちいたしております。

※本番組へのご参加(クイズへの挑戦)には、所定のフォームからのお申込みが必要です。お申込み方法やクイズの賞品、その他詳細につきましては下記リンク先ページをご参照願います。
外為ライブクイズ 〜クイズに答えてフィアットに乗ろう〜

『外貨ネクストネオ』スマートフォンアプリ バージョンアップのお知らせ[15/11/05]

当社では本日(11月5日)付けで『外貨ネクストネオ』スマートフォン版(iPhone/Android)のバージョンアップを実施しましたので、お知らせいたします。

【主なバージョンアップ機能】
・Apple Watchアプリに、チャートおよび経済指標の表示機能を追加しました
・チャートに「スパンモデル※」「スーパーボリンジャー※」「サイコロジカルライン」「乖離率」の各テクニカル指標を追加しました。
・iPhoneアプリをiOS9に対応させました。
※スパンモデルとスーパーボリンジャーはエフピーネット社の登録商標です。

●以前から当社Apple Watchアプリをご利用のお客様へ
(※Apple Watchアプリをご利用でない方は、以下の操作は不要です)
本修正内容を適用させるため、スマートフォン側のiPhoneアプリの再インストールが必要となります。該当するお客様におかれましては、大変お手数ですがiPhoneアプリをいったん削除した後、App Storeより同アプリの再インストールをお願いいたします。
※再インストール後には保存したユーザーID(口座番号)・パスワードがクリアされるとともに、両建設定などの注文設定がすべて初期化されます。ID・パスワード保存機能をご利用の方は事前のご確認を、また再インストール後の初回ログイン時には必ず【注文設定】画面のご確認をお願いいたします。
iPhoneアプリ「注文設定」操作マニュアル[PDF]


今後も当社では、お客様よりお寄せいただいたご要望をもとに、新機能・サービスを続々と『外貨ネクストネオ』に導入してまいります。ご期待ください。