通貨ペア別照会

現在保有している未決済のポジションを、通貨ペア別でまとめて参照することができます。

更新ボタンリッチアプリ版では、ウィンドウ内に表示される情報は自動的に最新の情報に更新されます。但し、インターネット回線の接続状況によっては、正しく反映されていない場合がありますので、その際は各ウィンドウの右クリックメニューより[更新]を選択してください。ウィンドウ内に表示される情報が最新のものに更新されます。(右クリックメニュー

表示項目

表示項目

通貨ペア
12通貨ペアのいずれかが表示されます。
その通貨ペア毎の売り注文の取引数量が表示されます。
その通貨ペア毎の買い注文の取引数量が表示されます。
「決済」ボタン
各通貨別に保有している未決済の注文に対してまとめて決済することができます。
平均値
その通貨ペアに対して保有しているポジションの加重平均値です。
現在値
その通貨ペアの現在のレートです。
スワップ円
スワップ損益の円換算です。換算レートは下記のようになります。
  • 決済通貨:USD…米ドル/円 Bidレート
  • 決済通貨:CHF…スイスフラン/円 Bidレート
※表示される数値は「予想値」であり、実際の確定損益については、決済時点の取引レートで計算されるため損益が異なる場合があります。
スポット円
スポット損益の円換算です。換算レートは下記のようになります。
  • 決済通貨:USD…米ドル/円 Bidレート
  • 決済通貨:CHF…スイスフラン/円 Bidレート
※表示される数値は「予想値」であり、実際の確定損益については、決済時点の取引レートで計算されるため損益が異なる場合があります。
決済損益合計
各通貨ペア別に対する決済損益の合計値です。

右クリックメニューの機能一覧

右クリックメニュー

更新
最新の情報に更新します。※通常時は自動的に更新されますが、通信状態などの影響で更新されていない場合に利用します。
選択したポジションを決済
各通貨別に保有している未決済の注文に対して一括で決済することができます。クリックすると決済画面を開きます。通貨ペア別照会から決済
コピ-
範囲選択されている部分の値をコピーします。
表示項目選択
通貨ペア別照会にどの項目を表示させたいかを選択できます。表示したい項目にチェックを入れ、[OK]ボタンを押してください。[全て表示]にチェックを入れると、自動的にすべての項目にチェックが入ります。
項目入れ替えを有効にする
有効にすると、項目及び行の位置を他と入れ替えることができます。有効にした際、右クリック時にチェックが入った状態となります。入れ替えたい項目及び行をクリックして選択後、ドラッグ&ドロップで、入れたい場所まで移動させてください。選択した項目、及び行が入れ替わります。

項目、及び行を入れ替え

項目、行を入れ替え

項目、及び行の位置を他と入れ替えることができます。入れ替えたい項目及び行をクリックして選択後、ドラッグ&ドロップで、入れ替えたい場所まで移動させてください。項目が入れ替わります。

※項目、及び行を入れ替えは、右クリックで[項目入れ替えを有効にする]にチェックが入っている必要があります。チェックが入っていない場合、入れ替えを行うことはできませんのでご注意ください。

項目をソート

項目をソート

項目をクリックすると、▽(△)印が現れ、項目の内容を昇順、または降順にソートできます。※FXステージを終了するとソート機能は無効化され元に戻ります。

項目の幅の調整

項目の幅の調整

各項目名の間にカーソルを置くと、矢印マークが出現し、各項目の列の幅を変更することができます。また、矢印が出現している状態でダブルクリックすると、値が全て見えるように項目の列幅が自動調整されます。

お取引ルールが変わります

外国為替保証金取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。
【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差が生じます。
<取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:『外貨ネクストネオ』各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上(法人のお客様は1%以上)に設定 売買手数料:『外貨ネクストネオ』手数料0円>
株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065
金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509)

[謝辞]
This product includes software developed by the OpenSSL Project for use in the OpenSSL Toolkit. (http://www.openssl.org/)2009年11月