月曜オープン時の約定ルール

指値注文、ストップ注文は月曜日の午前7時のオープン(取引開始)レートで約定の条件を満たしていれば、オープンレートで成立いたします。

指値注文・ストップ注文の場合

例:金曜日のニューヨーク終値:105.50-51、月曜日のオープンレート:104.00-01の場合

買い指値注文 105.00で発注したとき、オープンレートが104.00-01であれば、Askの104.01で成立します。
売りストップ注文 105.00で発注したとき、オープンレートが104.00-01であれば、Bidの104.00で成立します。

以上のように、お客様の有利になる約定もありますが不利になる約定もありますので、週末に大きな為替相場の変動要因がある場合は、保有されているポジションを縮小されたり、あらかじめご入金していただくなどの手段によりご資金に余裕をお持ちになった上で、週末を迎えられることをお勧めいたします。 ※IFD注文、OCO注文、IFO注文はいずれも指値注文、ストップ注文の組み合わせとなりますので、月曜日の約定のルールが適用されます。

月曜日の約定ルール

IFD注文・IFO注文の場合

例:金曜日のニューヨーク終値:105.50-51で、月曜日のオープンレート:104.00-01の場合

IFD注文またはIFO注文における決済注文で、対になっている新規注文が月曜日のオープンレートで約定したものにつきましては、約定の条件を満たしていれば、同じオープンレートで成立いたします。

買い指値新規注文に
対する売りストップ決済注文
IFD注文またはIFO注文において、買い指値新規注文を105.00で発注し、 かつその売りストップ決済注文を104.50で発注したとき、オープンレートが104.00-01であれば、買い指値新規注文はAskの104.01で成立します。
また、売りストップ決済注文はBidの104.00で成立します。
売りストップ新規注文に
対する買い指値決済注文
IFD注文またはIFO注文において、売りストップ新規注文を105.00で発注し、 かつその買い指値決済注文を104.60で発注したとき、オープンレートが104.00-01であれば、売りストップ新規注文はBidの104.00で成立します。
また、買い指値決済注文はAskの104.01で成立します。

※上記の例において、オープンレートが105.00-01よりも高かった場合には、いずれのオーダーもこの時点では成立いたしません。

以上のように、お客様の有利になる約定もありますが不利になる約定もありますので、週末に大きな為替相場の変動要因がある場合は、保有されているポジションを縮小されたり、あらかじめご入金していただくなどの手段によりご資金に余裕をお持ちになった上で、週末を迎えられることをお勧めいたします。 ※IFD注文、OCO注文、IFO注文はいずれも指値注文、ストップ注文の組み合わせとなりますので、月曜日の約定のルールが適用されます。

お取引ルールが変わります

よりスムーズに!スピーディーに!リッチアプリ版の魅力

外国為替保証金取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。
【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差が生じます。
<取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:『外貨ネクストネオ』各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上(法人のお客様は1%以上)に設定 売買手数料:『外貨ネクストネオ』手数料0円>
株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065
金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509)

[謝辞]
This product includes software developed by the OpenSSL Project for use in the OpenSSL Toolkit. (http://www.openssl.org/)2009年11月