ポップアップブロックについて

2004年9月2日よりマイクロソフト社から提供されているWindows XP Service Pack2のセキュリティ強化機能では、ポップアップブロック機能が標準搭載されます。
ポップアップブロック機能とは、WEB閲覧中に自動的に開かれるポップアップウィンドウを制御する機能で、Google、Yahoo!などのツールバーやブラウザに搭載されています。当社サイトでは、一部のサービスで画面のポップアップを利用しておりますので、ポップアップブロックを設定されている場合、ご利用いただけない場合がございます。当社サイトをご利用いただく際には、当社サイトのポップアップを許可する設定でご利用ください。設定方法は下記よりご確認ください。

1. Windows XP Service Pack2適用のInternet Explorerの設定方法

1.Internet Explorerのツールメニューからポップアップブロックを選択

Internet Explorerのツールメニューから「ポップアップブロック」>「ポップアップブロックの設定」を選択してください。

Internet Explorerのツールメニューからポップアップブロックを選択

2.ポップアップブロックの設定

「ポップアップブロックの設定」が開くので、「許可するWebサイトのアドレス」に 「*.traditionfx.co.jp」、 「*.gaitame.com」と入力し、「追加」ボタンをクリックしてください。「許可されたサイト」に追加されます。以上で設定は終了です。「閉じる」をクリックしてください

ポップアップブロックの設定

2. Googleツールバーの設定方法

1.設定ウィンドウを立ち上げる

Googleツールバー「設定」ボタンをクリックして、設定ウィンドウを立ち上げてください。

設定ウィンドウを立ち上げる

2.ポップアップブロックの設定

設定ウィンドウから「ツール」を選択し、「ポップアップブロッカー」のチェックを外してください。以上でGoogleツールバーの設定は終了です。「保存」をクリックしてください。

ポップアップブロックの設定

3. Yahoo!ツールバーの設定方法

Windows XP SP2またはWindows VistaでInternet Explorer版Yahoo!ツールバー6.2以降をお使いの場合、およびFirefox版では、Yahoo!ツールバーのポップアップブロッカー機能は使用できません。

1.オプションメニューから「ポップアップの表示を許可するサイト一覧」を選択

Yahoo!ツールバーのオプションメニューから「ポップアップの表示を許可するサイト一覧」を選択してください。

オプションメニューから「ポップアップの表示を許可するサイト一覧」を選択

2.Yahoo!ポップアップブロッカーにURLを入力

Yahoo!ポップアップブロッカー」が開くので、「ポップアップの表示を許可するサイトの追加」に「*.traditionfx.co.jp」と入力し、追加するボタンをクリックしてください。
同様の手順で下記の情報を追加してください。

*.gaitame.com
www.personal.billingjapan.co.jp

Yahoo!ポップアップブロッカーにURLを入力

3.「ポップアップの表示を許可するサイト」を確認

2で追加した情報が「ポップアップの表示を許可するサイト」に表示されます。以上で設定は終了です。「閉じる」をクリックしてください。

「ポップアップの表示を許可するサイト」を確認

お取引ルールが変わります

よりスムーズに!スピーディーに!リッチアプリ版の魅力

外国為替保証金取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。
【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差が生じます。
<取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:『外貨ネクストネオ』各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上(法人のお客様は1%以上)に設定 売買手数料:『外貨ネクストネオ』手数料0円>
株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065
金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509)

[謝辞]
This product includes software developed by the OpenSSL Project for use in the OpenSSL Toolkit. (http://www.openssl.org/)2009年11月