全ポジション一括決済

通貨ペアや売買区分、決済注文の発注の有無に関わらず、全ての保有ポジションに対して一括で決済注文を発注することができます。

全てのポジションの決済手順

1.各ポジションのウィンドウメニューから「全てのポジションを成行で決済」を選択する

右クリックメニュー

[ポジション照会]から決済したいポジションを選択し、ウィンドウメニューから[全てのポジションを成行で決済]を選択してください。全ポジション決済注文入力画面がたちあがります。その他の決済注文の発注方法ポジション照会

2.ポジションのチェックを確認する

数量入力画面

ポジションすべてが表示されます。また、チェックをはずすことで、そのポジションを決済の対象外とすることも可能です。

すでに決済注文が発注されているポジション(緑の[R]マークで示されているもの。IFD、IFO注文などのセット注文を含む)については、その決済注文はすべてキャンセルされ、チェックした全てのポジションが成行注文で決済されます。 ※一度に発注できる数量は、200万通貨かつ100ポジション(同一通貨ペア・売買区分問わず)までです。 ※相場変動に伴い、同一通貨ペア・売買区分であってもポジションごとに約定レートが異なる場合があります。 ※一括で決済を発注しても、決済注文はポジション毎に処理されます。よって、決済完了まで時間がかかる場合があります。ご了承ください。

連続新規注文
連続して注文を出したい場合
[連続決済注文]にチェックを入れてください。注文が完了した後、注文画面が消えずに残ります。
同一売買方向・同一通貨ペアの保有ポジションの数量合計が200万通貨を超える場合は、この[連続決済注文]を使用すると、成立日時の古い順に決済注文を出すことができますので便利です。

3.注文確認後、[OK]をクリック

確認ウィンドウ

[確認]をクリックすると、[注文内容確認画面]が表示されます。問題なければ、[OK]ボタンをクリックしてください。決済注文が発注されます。

約定した注文は [取引履歴]で確認でき、[ポジション照会][通貨ペア別照会]にも反映されますので、各ウィンドウ右上の[更新]ボタンをクリックして最新の情報に更新してご確認ください。※Web版では、ウィンドウ内に表示される情報は自動的に更新されません。取引履歴ポジション照会通貨ペア別照会

画面の設定
注文完了画面の表示設定
[注文初期設定][注文設定]で、「注文完了画面」の表示・非表示の設定が可能です。注文初期設定

お取引ルールが変わります

よりスムーズに!スピーディーに!リッチアプリ版の魅力

店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。
<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。>
<『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。>
株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065
金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509)

[謝辞]
This product includes software developed by the OpenSSL Project for use in the OpenSSL Toolkit. (http://www.openssl.org/)2009年11月