注文初期設定

注文初期設定では、注文に関する初期条件を設定できます。あらかじめ数量、保証金率(レバレッジ)などを指定できる[取引設定]と、1クリック注文などに関して設定できる[注文設定]の2つがあります。1クリック注文(マーケット注文)

取引設定

注文初期設定の画面

取引設定では、注文時の発注条件を一括で決定します。設定できる条件は、[数量][スリッページ幅]※1[保証金率(レバレッジ)]の3つです。※決済注文の初期設定に反映されるのは[スリッページ幅]のみとなります。


注文初期設定の画面1クリック注文時には、この[取引設定]で設定した条件で即注文が発注されます。ただし、注文の都度、レートボックス上の数値を変えることで[数量][スリッページ]は変更が可能です。(保証金率(レバレッジ)はレートボックス上で変更できません。)
また、その他の通常の新規注文では、注文時の初期条件としてこの3つが適用されます。ただし、これらはレートボックス上、または新規注文画面上で変更が可能です。 新規注文の出し方

注文設定

注文タイプ

注文初期設定の画面

レートボックスをクリックした際の新規注文方法を[通常注文](通常のマーケット注文)にするか[1クリック注文]にするかを選択します。通常注文を選択した場合、[注文内容確認画面]を表示するか選択ができます。1クリック注文(マーケット注文)

注文完了画面

注文初期設定の画面

[通常注文]及び [1クリック注文]、どちらの場合も注文が完了した場合の確認画面を出すか出さないかを選択します。※1クリック注文に設定している場合、注文完了画面を[出さない]に設定すると、誤ってレートボックスをクリックしてしまい注文が発注されても、それに気づかないままになる可能性があります。設定には十分ご注意ください。

※1 スリッページ幅
スリッページ幅とは、注文を発注した(クリックした)時点で画面上に表示されていたレートに対し、実際に約定するレート(お客様のご注文情報が当社サーバーに到達した時点の実勢レート)とのかい離幅(値幅)をいいます。この[スリッページ幅]設定では、このときのかい離幅の最大許容範囲を設定できます。
マーケット注文発注時に、実勢レートがお客様にとって不利な方向にかい離した場合、そのかい離幅が[スリッページ幅]の設定範囲内であればその時点の実勢レートで約定する一方、スリッページ幅を上回った場合は約定しません。反対に実勢取引レートがお客様にとって有利な方向にかい離した場合は、[スリッページ幅]の設定にかかわらず、その時点の実勢レートで約定します。
設定できるスリッページ幅は、0ptから20ptの間で1pt刻み、または[成行]です。ptとは、レートの値動きの最小単位のことです(pipと同じ)。1ptの場合、通貨ペアによってそれぞれ下記の数字を意味しています。
  • ユーロ/米ドル、ポンド/米ドル:1pt=0.0001米ドル
  • 米ドル/スイスフラン:1pt=0.0001スイスフラン
  • 対円通貨ペア(上記以外のすべて):1pt=1銭(0.01円)
[スリッページ幅][成行]を選択された場合には、スリッページ幅の最大許容範囲が無限大となりますため、かい離方向の有利・不利にかかわらず、当社サーバに注文情報が到着した実勢レートで必ず約定します。したがって、相場状況によっては提示されたレートと大きくかい離したレートで約定する場合がありますのでご注意ください。 約定レートについては、[取引履歴]をご確認ください。

お取引ルールが変わります

よりスムーズに!スピーディーに!リッチアプリ版の魅力

外国為替保証金取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。
【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差が生じます。
<取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:『外貨ネクストネオ』各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上(法人のお客様は1%以上)に設定 売買手数料:『外貨ネクストネオ』手数料0円>
株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065
金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509)

[謝辞]
This product includes software developed by the OpenSSL Project for use in the OpenSSL Toolkit. (http://www.openssl.org/)2009年11月