取引保証金の計算方法

取引保証金は、【成立値(指値レート)×10,000×保証金率】を計算し、1,000円未満を切り上げて1万通貨当たりの保証金を算出後、数量を乗算して算定します。

1万通貨単位の保証金算定式

マーケット注文 対円通貨ペア 【成立値×10,000×保証金率】を計算し、1,000円未満を切り上げた後、数量を乗算します。
非・対円通貨ペア※1 【成立値×円換算レート×10,000×保証金率】を計算し、1,000円未満を切り上げた後、数量を乗算します。
指値・ストップ注文 対円通貨ペア 【指値レート×10,000×保証金率】を計算し、1,000円未満を切り上げた後、数量を乗算します。
非・対円通貨ペア※1 【指値レート×円換算レート×10,000×保証金率】を計算し、1,000円未満を切り上げた後、数量を乗算します。

※1 非・対円通貨ペアは、ユーロドル、ポンド米ドル、ドルスイスフランになります。※ 10,000通貨の最低取引保証金は、10,000円です。(1,000通貨の最低取引保証金は1,000円です) ※ OCO注文は、指値の大きい方で1万通貨当りの保証金を算出し、それに大きい方の数量を乗算します。 ※ 円換算レートは、リアルタイムのBIDレートを使用します。
 ユーロ/米ドル、ポンド/米ドル……「米ドル/円」のBidレートを使用
 米ドル/スイスフラン……「スイスフラン/円」のBidレートを使用

1万通貨単位の保証金算定式の計算例

85円でドル円を保証金率5%(レバレッジ20)で2万ドル保有する場合

[保証金率]5%
まずは、1万通貨の保証金を算出します。
85×10,000×0.05=42,500円だが、1,000円未満は切り上げになるので、43,000円となります。
そして、この1万通貨の保証金に数量を乗じます。
43,000×2(2万通貨)=86,000なので、保証金は86,000円となります。

1.4100でユーロドルを保証金率4%(レバレッジ25)で3万ドル保有する場合

[保証金率]4%
[円換算レート]85円の場合

1.4100×85×10,000×0.04=47,940円だが切り上げになるので、48,000円となります。
そして、この1万通貨の保証金に数量を乗じます。
48,000×3(3万通貨)=144,000なので、保証金は144,000円となります。

OCO注文の保証金の算定式
OCO注文は、指値の大きい方で1万通貨当りの保証金を算出し、それに大きい方の数量を乗算します

ドル円で84.20円で指値の買を2万通貨、87.45円でストップの買を1万通貨、
保証金率4%(レバレッジ25)で新規注文する場合

[保証金率]4%
まずは、1万通貨の保証金を算出します。指値の大きい方で算出しますので、
87.45×10,000×0.04=34,980円だが、1,000円未満は切り上げになるので、35,000円となります。
そして、今度は大きい方の数量を乗じます。
35,000×2(2万通貨)=70,000なので、保証金は70,000円となります。

1千通貨単位の保証金算定式

1千通貨単位の保証金は、【成立値(指値レート)×10,000×保証金率】を計算し、1,000円未満を切り上げて1万通貨当たりの保証金を算出後、10で割って1千通貨の保証金を算出し、数量を乗算します。

マーケット注文 対円通貨ペア 【成立値×10,000×保証金率】を計算し、1,000円未満を切り上げた後、10で割って1千通貨の保証金を算出し、数量を乗算します。
非・対円通貨ペア※1 【成立値×円換算レート×10,000×保証金率】を計算し、1,000円未満を切り上げた後、10で割って1千通貨の保証金を算出し、数量を乗算します。
指値・ストップ注文 対円通貨ペア 【指値レート×10,000×保証金率】を計算し、1,000円未満を切り上げた後、10で割って1千通貨の保証金を算出し、数量を乗算します。
非・対円通貨ペア※1 【指値レート×円換算レート×10,000×保証金率】を計算し、1,000円未満を切り上げた後、10で割って1千通貨の保証金を算出し、数量を乗算します。

※1 非・対円通貨ペアは、ユーロドル、ポンド米ドル、ドルスイスフランになります。 ※ 1,000通貨の最低取引保証金は、1,000円です。(10,000通貨の最低取引保証金は10,000円です)※ 1,000通貨の場合、1,000円未満の切り上げはいたしません。※ OCO注文は、指値の大きい方で1万通貨当りの保証金を算出し、それに大きい方の数量を乗算します。 ※ 円換算レートは、リアルタイムのBIDレートを使用します。
 ユーロ/米ドル、ポンド/米ドル……「米ドル/円」のBidレートを使用
  米ドル/スイスフラン……「スイスフラン/円」のBidレートを使用

1千通貨単位の保証金算定式の計算例

85円でドル円を保証金率5%(レバレッジ20)で1千ドル保有する場合

[保証金率]5%
まずは、1万通貨の保証金を算出します。
85×10,000×0.05=42,500円だが、1,000円未満は切り上げになるので、43,000円となります。
そして、この1万通貨の保証金を10で割ります。
43,000÷10=4,300なので、保証金は4,300円となります。

注文訂正時の取引保証金再算定

注文訂正する場合、新たに保証金を再計算し、訂正をしたレートを用いて保証金の再算定をいたします。 その際、訂正後のレートによって、NYC(ニューヨーククローズ)ロスカットの基準である、全体保証金率が4%維持できるかを確認いたします。

もし、訂正後のレートによって、全体保証金率が4%を下回ってしまう場合は、訂正を受け付けることはできませんのでご注意ください。

外国為替保証金取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。
【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差が生じます。
<取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:『外貨ネクストネオ』各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上(法人のお客様は1%以上)に設定 売買手数料:『外貨ネクストネオ』手数料0円>
株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065
金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509)