Javaの設定

Javaのインストール状況の確認

コントロールパネルを開く

「スタート」メニューをクリックし、コントロールパネルを開きます。

クラッシック表示に切り替える

「クラッシック表示に切り替える」をクリックします。Javaのインストールを確認します。

“クラッシック表示に切り替える”をクリックします。

Javaのアイコンがある場合

Javaアイコンが表示されている方は、古いJavaがインストールされている可能性があります。
インストールされているJavaの確認方法とアンインストール方法はこちらをご参照ください。

Javaのアイコンが無い場合

Javaがインストールされておりません。インストール方法へお進みください。

古いバージョンのアンインストール

「コントロールパネル」を開く

「スタート」メニューより「コントロールパネル」を開きます。

「プログラムの追加と削除」をクリック

「プログラムの追加と削除」をクリックしてください。

古いバージョンのJavaをアンインストール(削除)

現時点でインストールされているJavaの全バージョンが表示されますので、最新のもの(数字の最も大きなもの)以外の古いバージョンのJavaを選択して、アンインストール(削除)をしてください。

最新版Javaのインストール

「インターネットオプション」を選択

Internet Explorerを起動し、ツールメニューの中の「インターネットオプション」を選択します。

既定レベル」をクリック

セキュリティタブをクリックし、「既定レベル」をクリックします。

「セキュリティのレベル」を「中」に設定

「このゾーンのセキュリティのレベル」を「中」に設定します。

「プライバシー」を「中」に設定

次に「プライバシー」タブをクリックし、プライバシーのレベルを「中」に設定します。

「ファイルの削除(F)」をクリック

全般タブをクリックし、「ファイルの削除(F)」をクリックします。

すべてのオフラインコンテンツを削除する

ファイルの削除画面にて、 「すべてのオフラインコンテンツを削除する(D)」にチェックします。
※1:お客様のパソコンによっては処理に時間がかかり、砂時計が表示される場合があります。

「Cookieの削除」をクリック

続いて同じ全般タブの「Cookieの削除」をクリックします。

「Cookieの削除」をクリック

Cookieの削除画面にて画面下の「OK」をクリックします。

画面下の「OK」をクリック

その後、画面下の「OK」をクリックします。最新版Javaは、Sun MicrosystemsからJavaソフトウェアをダウンロードしてください。

「Cookieの削除」をクリック

Javaを有効にする

「インターネットオプション」を選択

インターネットエクスプローラーを起動し、ツールメニューの中の「インターネットオプション」を選択します。

「インターネットオプション」を選択

「Microsoft VM」の項目にあるチェックを全て外す
「詳細設定」タブを選択し、「Microsoft VM」の項目にあるチェックを全て外し、「OK」をクリックして完了です。

外国為替保証金取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。
【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差が生じます。
<取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:『外貨ネクストネオ』各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上(法人のお客様は1%以上)に設定 売買手数料:『外貨ネクストネオ』手数料0円>
株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065
金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509)