メニューの使い方

※「next chart」の起動にはSun Microsystems社のJavaソフトウェアが必要となります。

1. 通貨・種類・テクニカル等設定メニュー

通貨・種類・テクニカル等設定メニューのキャプチャ 通貨・種類・テクニカル等設定メニューのキャプチャ拡大
通貨の変更や足の変更、テクニカル分析など、チャートを参照するうえでの各種設定の切り替えをメニューから行います。

通貨選択
米ドル・円、ユーロ・円など通貨を選択します。
チャート種類
表示するチャートを折れ線、ローソク足のどちらか選択します。 また、チャートのデータ足期間の選択もこちらから行います。
テクニカル分析
各種テクニカル分析の切り替えを行います。
テクニカル分析の説明
設定
各種テクニカル分析の設定値変更を行えます。数値を自分で入力します。

2. チャート表示設定メニュー

チャート表示設定メニューのキャプチャ 通貨・種類・テクニカル等設定メニューのキャプチャ拡大
チャート表示エリアのテクニカル分析の分析ラインのカラー設定、背景色の変更と上下の反転、チャート表示と歩値・四本値表示の切り替えができます。

カラー設定
各テクニカル分析には、複数の分析ラインが表示されます。このラインは、ライン毎に色分けされています。このラインの色を変更することが出来ます。このボタンをクリックすると、別ウィンドウでカラーパレットが表示されます。
背景色
チャート表示エリアの背景色が、白色から黒色に変化します。このボタンをクリックするたびに、背景色が「黒」→「白」→「黒」…の順に変化します。

反転
チャートの上下が反転します。たとえば通貨ペア「米ドル/円」の場合、初期状態では上方向が「円安・ドル高」ですが、このボタンをクリックすると、上方向が「円高・ドル安」に切り替わります。もう一度ボタンをクリックすると、元の表示に戻ります。
歩値
クリックすると、チャート表示エリアが、テキスト形式の「歩値」(ティックデータ)と「四本値」表示画面に切り替わります。もう一度ボタンをクリックすると、チャート表示に戻ります。 これらのテキストデータを表計算ソフト(Microsoft Excelなど)にコピーする場合は、右上の「区切り文字」を「スペース」から「タブ」に切り替えた上で、それぞれ下記の操作を行なってください。
【Windowsのパソコンの場合】
コピーしたいデータを選択して、「Ctrl」キーと「C」キーを同時に押します。
【Macintoshのパソコンの場合】
「コマンド」キーと「C」キーを同時に押します。

外国為替保証金取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。
【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差が生じます。
<取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:『外貨ネクストネオ』各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上(法人のお客様は1%以上)に設定 売買手数料:『外貨ネクストネオ』手数料0円>
株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065
金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509)