川口一晃 テクニカルトレンド通信 実践編

川口一晃 テクニカルトレンド通信 実践編

テクニカルアナリストの川口一晃氏がさまざまなテクニカル手法を用い、為替・日経平均などを個別分析。 より実践的なテクニカルレポートです。


「ストキャスティックス」−分析対象:豪ドル円 2007年11月12日

ダブルトップとSD

「ダブルトップとSD」

今回は豪ドル円のチャートを、ストキャスティックスを使って見てみることにする。ストキャスティックスにはファストとスローの2種類があるが、今回はスロー・ストキャスティックスである。スロー・ストキャッスティックス(以下、SD)とはファスト・ストキャスティックスを更に移動平均化したもので、グラフはよりなだらかになる。教科書的には%D(図の赤線)をSD(青線)が下から上に抜けたところで買いシグナル、逆にADが%Dを上から下へと抜けるときには売りシグナルとされている。直近のグラフを見ると、まだ、下落している最中である。SDは売られ過ぎゾーンに入ってきたものの、まだ底値を確認できない状態というところか。これを踏まえてローソク足の方を見ると納得する。
 q点とs点でミニダブルトップを形成し、その間に形成されたネックライン(r)を直近では下回ってしまった。つまり、ダブルトップの完成である。しかも、赤点線で示した節目も割り込んだ。ということは、下値を探る展開が続くことが予想される。また、q点とs点を1つと見るとp点との大きなダブルトップとも見て取れる。そうなると、少し厳しい調整(豪ドル安)を覚悟しないとならないだろう。ただし、個人的には売られ過ぎた場合の%DとSDの位置に注意して底値を探ってみたい。

●「当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

外貨ネクストはこちら

のりかえ&おかえりキャッシュバックキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

  Bid SP Ask
ドル円
ドル円
ユーロ円
ユーロ円
豪ドル円
豪ドル円
ユーロドル
ユーロドル

全ての通貨ペア