川口一晃 テクニカルトレンド通信 実践編

川口一晃 テクニカルトレンド通信 実践編

テクニカルアナリストの川口一晃氏がさまざまなテクニカル手法を用い、為替・日経平均などを個別分析。 より実践的なテクニカルレポートです。


「RSI(買われ過ぎ、売られ過ぎ)」−分析対象:米ドル円 2007年8月29日

出たぞ、逆行

「出たぞ、逆行」

今回の急落後の状況をRSIを使って見てみることにしよう。
RSIとは「買われ過ぎ、売られ過ぎ」を把握するテクニカル分析である。計算期間中の変動幅においてどの程度上昇幅が占めるのか、ということで求められる。通常は14日間で計算されるのであるが、個人的には10日以内で計算した方が相場にマッチしていると考えている。そして、RSIは0%から100%の間で表示されるのだが、通常、70%以上が「買われ過ぎ」30%以下が「売られ過ぎ」と言われている、そして、70%以上を越えているところで反転してきたら「売り」、逆に30%以下の状態で反転したら「買い」を考えることになる。

ところで、今回は図に示した矢印の部分に注目していただきたい。ドル円は7月末に約118円前後の水準で下げ止まっていたが、8月に入り118円水準を大きく割り込んできた。同じ期間のRSIを見てみると、7月末の段階ではドル安に呼応し10%台に落ち込んできている。しかし、8月に入り、ドル円が安値を更新したのにも拘らず、RSIの数値は7月末の数字を割り込むことなく20%前後で推移していた。本来であれば、8月のRSIの数値の方が低くなっているのが普通であろう。このように、現物の価格とテクニカル分析RSIの数値のトレンド、方向が違うことを「逆行」と呼んでいる。通常はテクニカル分析の指している方向に向かう、つまり、反発上昇すると考えられる。そして、今回は多くのクロス円もRSIの逆行が生じている。ということは、目先の底は見えたということか。

●「当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

外貨ネクストはこちら

のりかえ&おかえりキャッシュバックキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

  Bid SP Ask
ドル円
ドル円
ユーロ円
ユーロ円
豪ドル円
豪ドル円
ユーロドル
ユーロドル

全ての通貨ペア