川口一晃 テクニカルトレンド通信 実践編

川口一晃 テクニカルトレンド通信 実践編

テクニカルアナリストの川口一晃氏がさまざまなテクニカル手法を用い、為替・日経平均などを個別分析。 より実践的なテクニカルレポートです。


「日柄カウンターと計算値」−分析対象:ポンド米ドル 2007年7月16日

美しい形

「美しい形」

長年に亘りチャートを見てくると、眺めた瞬間に「美しい!」と一目惚れしてしまうようなチャートもある。今回はそういったチャートである。これは「ポンド・米ドル」である。
 まず、B→E→Fと見ても、上げ下げ上げがきれいに出ている。しかも、B(1.9181)からC(1.9821)まで上昇した値幅0.064をD(1.959)に加えると、2.023となりほぼE(2.0132)と一致する。BCDのN計算値である。
次にBからEまでの上昇幅をF(1.962)に加えると2.057という数字が出てくる(BEFのN計算値)。更に、BからCまでの上層幅をCに加えると2.046(BCのE計算値)となり、今計算した2.057に近づく。つまり、価格の配置も整然としているのだ。これによると次の高値は2.046から2.057付近であろう、ということが想像できる。
そして、図に示した日柄である。ABの日柄は31日、BEの日柄は32日、EFの日柄は38日となっている。EFの日柄は他の日柄に比べると数日ほど多いがここでは許容範囲としたい。そして、Fから32日をカウントすると対等日は7月24日となる。7月24日に天井をつけると美しいが、月末の動きには要注意というところか。
ひょっとして、7月24日前後まで上昇トレンドが続き、2.05前後で天井を打ったのであれば、これはもう…「美しい」と叫ぶしかない。
このようなチャートを見て胸がときめくのは私だけであろうか。

●「当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

外貨ネクストはこちら

のりかえ&おかえりキャッシュバックキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

  Bid SP Ask
ドル円
ドル円
ユーロ円
ユーロ円
豪ドル円
豪ドル円
ユーロドル
ユーロドル

全ての通貨ペア