川口一晃 テクニカルトレンド通信 実践編

川口一晃 テクニカルトレンド通信 実践編

テクニカルアナリストの川口一晃氏がさまざまなテクニカル手法を用い、為替・日経平均などを個別分析。 より実践的なテクニカルレポートです。


「相場格言−半値戻し」−分析対象:米ドル円 2007年3月30日

買い転換はまだ遠い?

「相場格言」

「半値戻しは全値戻りに通じる」という相場格言がある。これは天井を付けて下落し安値をつけた後に上昇した場合に、下落した値幅の半分を戻せるといずれ全値を戻すであろう、ということを意味している。それだけ、強い銘柄である、ということなのである。逆に、半値も戻せないようであれば、調整が長引いてしまう、ということでもある。
さて、2月末以降、為替相場は大きく乱高下している。しかし、ようやくここに来て落ち着きを取り戻しているとみていいのではなかろうか。そこで、この格言通りに半値を戻しているのか否かを検証してみよう。図に示したチャートは米ドル円のチャートである。この図の便利なところは、表示している期間の高値と安値の値幅を1とすると、その中でどれくらい安値から戻っているのかが一目でわかる。つまり、真ん中に引かれている線が2分の1の線、半値戻しのポイントなる水準である。そのすぐ上にある線(上から3番目の線)は安値から0.618(黄金分割比)戻した水準、その上(上から2番目の線)3分の2戻した線となる。逆に、下から3番目の線は、安値から0.382(=1−0.618)戻した線、下から2番目は3分の1戻した線になる。
戻りの水準を測るのには便利な機能である。これによると、米ドル円は2分の1を戻していない。実は、他の通貨(ユーロ円、ポンド円、豪ドル円)は早々と半値戻しを達成してしまっている。しかし、米ドル円だけはまだ半値を戻していない。個人的には、今回の暴落の原因は上海でもない、日銀の利上げでもない、米国そのものの問題であろう、と考えている。

●「当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

外貨ネクストはこちら

のりかえ&おかえりキャッシュバックキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

  Bid SP Ask
ドル円
ドル円
ユーロ円
ユーロ円
豪ドル円
豪ドル円
ユーロドル
ユーロドル

全ての通貨ペア