米雇用統計
2017年12月8日の結果と解説

米雇用統計予想と結果

米雇用統計発表時の相場

米労働省が12月8日に発表した11月雇用統計の主な結果は、非農業部門雇用者数22.8万人増、失業率4.1%、平均時給26.55ドル(前月比0.2%増、前年比2.5%増)という内容であった。

11月の非農業部門雇用者数は22.8万人増加して市場予想(19.5万人増)を上回った。失業率を継続的に低下させるために必要とされる15〜20万人増を2カ月連続で上回っており、8月から9月にかけて米南部を襲ったハリケーンの影響は完全に消えたと考えられる。3ヶ月平均の増加幅も17.0万人に上向いており、米労働市場が堅調である事を示す結果と言えそうだ。

11月の失業率は前月に記録した2000年12月以来の低水準である4.1%から横ばいとなり、市場予想と一致した。ただ、労働参加率も62.7%と低位のままであり、労働人口の増加が確認できない点はやや気がかりだ。なお、正規雇用を望みながらもパートとして働いている人を含めた広義の失業率(不完全雇用率)は8.0%となり、11年ぶりの低水準を記録した前月の7.9%からわずかに上昇した。

9月の平均時給は26.55ドルとなり、前月の26.50ドル(26.53ドルから下方修正)から0.2%増加。前年比では2.5%増えた。しかし、伸び率はいずれも市場予想(0.3%増、2.7%増)に届かなかった。前月分の下方修正も考慮すると、今回の賃金の伸びはやや物足りない結果であり、雇用の拡大ペースに比べると賃金の上昇ペースは鈍いと言わざるを得ないだろう。

米11月雇用統計では、物価上昇の先導役である賃金の伸びが力強さを欠いた事から、来年の利上げペースが緩やかになるとの見方も一部で浮上したようだ。それでも、今月12-13日の連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げが見送りになる事はないとの見方が大勢を占めた。こうした中、ドルは雇用統計の発表直後こそ円やユーロなどの主要通貨に対して弱含んだが、発表前の上昇分を吐き出すには至らず堅調を維持した。一方、米国債利回りはおおむね横ばいの動きとなった。また、米国株はNYダウ平均などの主要指数が軒並み上昇して取引を終えた。米11月雇用統計に対する市場の反応は総じてマイルドなものだったと言えるだろう。

2017年12月8日の
米雇用統計セミナー録画を配信

12/8 12月利上げは確実か!?気になる来年の相場は?元外銀ディーラーのYEN蔵氏がズバリ解説!

2017年12月8日の
米雇用統計発表前の解説動画

動画解説

10月米雇用統計の主な結果は、非農業部門雇用者数26.1万人増、失業率4.1%、平均時給26.53ドル(前月比±0.0%、前年比2.4%増)という内容であった。
非農業部門雇用者数について、3.3万人減だった9月分が1.8万人増に上方修正され、8月分の修正と合わせて9.0万人分が上乗せされた結果、3カ月平均の増加幅は16.2万人へと持ち直した。これは大型ハリケーンの影響で歪められた9月分の反動が出たためと考えられる。
12月米国利上げの期待が高まる中、トレンドが無い状態の続くドル/円はこの先どちらに進むのか。IT企業の経営者として、またFX投資家として活躍する株式会社イー・ソリッド代表取締役社長の福寄儀寛(ふくより・のりひろ)氏を招き、トレードシナリオやFX投資のポイントについて聞く。聞き手は外為どっとコム総研神田調査部長。

米国 経済指標(失業率・非農業部門雇用者数)過去の推移

●免責事項
本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によってに生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。