米雇用統計
2017年8月4日の結果と解説

米雇用統計予想と結果

米雇用統計発表時の相場

米労働省が8月4日に発表した7月雇用統計の主な結果は、非農業部門雇用者数20.9万人増、失業率4.3%、平均時給26.36ドル(前月比0.3%増、前年比2.5%増)という内容であった。

7月非農業部門雇用者数は市場予想(18.0万人増)を上回る20.9万人増となり、前月の23.1万人増から減速したが、前月分と前々月分が上方修正された事もあって、3ヶ月平均の増加幅は19.5万人へと小幅に加速した。民間部門の幅広い業種で雇用者の増加が確認されており、米雇用市場の堅調さを裏付ける結果となった。

7月失業率は市場予想どおりに4.3%に低下し、5月に記録した約16年ぶりの低水準に並んだ。また、労働参加率が62.9%に上昇したにも関わらず失業率が低下しており、求職者が増える中で失業者が減少した可能性を示唆す好内容と言えるだろう。

7月平均時給は26.36ドルとなり、前月の26.27ドルから0.3%増加。前年比では4カ月連続で2.5%増となった。なお、市場予想は前月比が0.3%増、前年比が2.4%増であった。米労働市場では緩やかな賃金上昇が続いている事が確認された。米国のインフレ加速を想起させるほどの強さではなかったが、過度な低インフレ懸念は後退したと見られる。

米7月雇用統計は、全体的に見て良好な結果と言えそうだ。賃金の伸びには若干の物足りなさも残るが、失業率が歴史的な水準に低下し、人手不足感も出始める中にあって、雇用者の増加ペースが高水準を維持したのは心強い動きだろう。今後、賃金に上昇圧力がかかり、それに沿ってインフレも上昇するとの米連邦準備制度理事会(FRB)の見通しに変化はないだろう。市場は、この雇用統計の発表を受けて、ドル高、株高のポジティブな反応を示し、米国債は安全資産としての投資妙味が薄れるとの見方から下落(長期金利上昇)した。なお、コーン米国家経済会議(NEC)委員長は、「トランプノミクス(トランプ大統領の経済政策)が米国民を労働力として呼び戻している」「それはまさに大統領が実行すると表明していた事だ」と述べて、米7月雇用統計の好結果を歓迎した。

2017年8月4日の
米雇用統計セミナー録画を配信

8/4 リアルトレード生放送!元外銀プロディーラ成澤氏のトレードを凝視!

2017年8月4日の
米雇用統計発表前の解説動画

Play

00:00/00:00

btn
動画解説

米6月雇用統計は、失業率が4.4%、非農業部門雇用者数は22.2万人増、労働参加率は62.8%、平均時給は前月比+0.2%、前年比+2.5%であった。賃金の伸びが予想を下回った事などからドル売りが先行してドル/円は113.50円前後まで下押すも、その後は全般的には概ね堅調との見方を背景に米10年債利回りが上昇する中で買戻しが優勢となった。
その後、ドル/円に方向感は出ていない。
レンジ相場が続く中、果たしてどのようなトレード戦略が有効なのか。元外銀ディーラーのYEN蔵氏に、重要視している相場判断のポイントを聞く。

米国 経済指標(失業率・非農業部門雇用者数)過去の推移

●免責事項
本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によってに生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。