直前解説動画
どうなる!?米雇用統計

Play

00:00/00:00

btn
動画解説

米3月雇用統計は、非農業部門雇用者数(NFP)が予想(18.0万人増)を大きく下回る9.8万人増に留った事から、直後はドル売りが強まった。ただ、失業率が4.5%と、2007年5月以来の低水準となった事や、平均賃金は事前予想通り前月比+0.2%、前年比+2.7%となった事から、売り一巡後は買戻しが優勢となった。
マーケットはシリア・北朝鮮情勢から、リスク回避の動きが続いている。円高トレンドはどこまで続くのか。
元外銀ディーラーで、日々為替市場を見守っているYEN蔵氏が、今回の米雇用統計の注目点を語る。

出演

YEN蔵(えんぞう)氏

株式会社ADVANCE代表取締役
YEN蔵(えんぞう)氏
米系のシティバンク、英系のスタンダード・チャータード銀行と外資系銀行にて、20年以上、外国為替ディーラーとして活躍。その後独立し、現在は投資情報配信を主業務とする株式会社ADVANCE代表取締役。為替を中心に株式、債券、商品と幅広くマーケットをカバーして分かり易い解説を行っている。長期のファンダメンタルズ+短期のテクニカルを組み合わせて実践的なリポート、セミナーを展開。ドル、ユーロなどメジャー通貨のみならず、アジア通貨を始めとするエマージング通貨でのディーリングについても造詣が深い。
●免責事項
本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。