米雇用統計
2017年1月6日の結果と解説

米雇用統計予想と結果

米雇用統計発表時の相場

2016年1月6日に米労働省が発表した12月雇用統計の主な結果は、非農業部門雇用者数15.6万人増、失業率4.7%、平均時給26.00ドル(前月比0.4%増、前年比2.9%増)という内容であった。

12月の非農業部門雇用者数は、市場予想(17.5万人増)に届かず、前月の修正値20.4万人増から伸びが鈍化した。3カ月平均の増加幅でも前月の18.2万人から16.5万人に減速した。なお、2016年は通年で225.9万人の雇用が創出されたが、前年の274.4万人を50万人近く下回っており、今年に入り雇用の拡大ペースが鈍った事がわかる。

12月失業率は市場予想どおりに前月から0.1ポイント上昇した。もっとも、前月の4.6%は2007年8月以来の低水準であった事や、労働参率が62.8%に上昇した(労働力人口の増加が窺える)事から、悪化したとの印象は薄い。なお、広義の失業率である不完全雇用率(U6失業率)は、前月からさらに0.1ポイント改善して2008年4月以来の低水準となる9.2%に低下している。

12月平均時給は、前月比、前年比ともに市場予想(0.3%増、2.8%増)を上回る伸びを見せた。前月は予想外の減少(前月比0.1%減)となっただけに、注目が集まっていたが、増加基調に変化はない事が確認できた。なお、前年比2.9%の伸び率は、2009年6月以来、7年半ぶりの高さであった。

この米12月雇用統計に対して市場は、ドル高・債券安(長期金利上昇)・株高というポジティブな反応を示した。非農業部門雇用者数の減速については、失業率が「完全雇用」に近いと考えられる水準まで低下する中にあって悪材料視される事はなかった。失業者が減少する中では雇用者数が伸びないのは当然との受け止め方が主流のようだ。そうした中で平均時給が予想以上に伸びた点は、人手不足による賃金上昇の兆候と見る事もできる。トランプ次期米大統領の経済政策への期待感と相まって米国景気は堅調を維持していると言って良いだろう。市場は今のところ、米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げは6月以降(短期金利先物市場の織り込み度合いより)と見ているが、もし次回1月雇用統計で平均時給の伸びが加速すれば、3月利上げ観測が急浮上する可能性もありそうだ。

2017年1月6日の
米雇用統計セミナー録画を配信

1/6 「為替王子」こと川島寛貴氏が再登場!リアルトレードを生で大公開!

2017年1月6日の
米雇用統計発表前の解説動画

Play

00:00/00:00

btn
動画解説

前回12月発表の米雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比17.8万人増(予想18.0万人増)、失業率が4.6%(予想4.9%)、平均時給・前月比が-0.1%(予想+0.2%)という結果であった。失業率は2007年8月以来の低水準に改善した一方、平均時給が予想に反して減少するというマチマチの結果となったためドルが乱高下した。
世界にとって、また為替相場にとって波乱だった2016年が終わり、新年を迎える中で、この先どのような視点でマーケットを確認すればよいのか。
今回は大手外銀でながくディーラーとして活躍された、小林淳氏を招き、為替相場見通しの他、「トランプ相場」についても解説を頂く。聞き手は外為どっとコム総研神田調査部長。

米国 経済指標(失業率・非農業部門雇用者数)過去の推移

●免責事項
本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によってに生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。