米雇用統計
2016年11月4日の結果と解説

米雇用統計予想と結果

米雇用統計発表時の相場

2016年11月4日、米労働省が発表した10月雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比16.1万人増(市場予想17.3万人増)、失業率が4.9%(同4.9%)、平均時給が25.92ドルで前月比0.4%増(同0.3%増)、前年比では2.8%増(同2.6%増)という内容であった。

非農業部門雇用者数の増加幅は10月分こそ市場予想を1.2万人下回ったが、前2カ月分が合計4.4万人上方修正された事でバランスを取った。なお、米連邦準備制度理事会(FRB)のフィッシャー副議長は、今回の16.1万人という増加幅について「5%の失業率を保つには十分だ」との認識を示している。非農業部門雇用者数の3カ月移動平均は19.2万人増から17.6万人増に鈍化したが、米労働市場は「完全雇用」の状態に近いとされる中で、これを「減速」と受け止める向きは少ないようだ。

10月の失業率は、予想通りに4.9%へと低下した。9月に上昇していた反動とも言えるが、低下は実に5カ月ぶりという事になる。労働参加率が62.8%に低下(前月62.9%)した影響と見られるが、こちらも前月に上昇した反動の範囲内だろう。失業率については、必ずしも改善したとは言い切れない面はあるが、少なくとも悪化したとの受け止め方はない。

平均時給は、前月の25.82ドル(25.79ドルから修正)から0.10ドル増加した。前月分が上方修正された上に前月比の伸び率(+0.4%)が予想を上回った点は、まさにポジティブ・サプライズと言える。また、前年比の伸び率(+2.8%)は2009年6月以来の高さであり、米労働市場が「完全雇用」に近づいているとの見方を裏付ける賃金上昇となった。

今回の米10月雇用統計は、米連邦公開市場委員会(FOMC)による12月利上げを後押しする内容だったと言えるだろう。特に平均時給が大きく伸びた点は注目に値する。人手不足によって賃金上昇圧力の予兆と見る事もできそうだ。

2016年11月4日の
米雇用統計セミナー録画を配信

11/4 著名FXストラテジスト シティグループ証券の高島修氏が参画!

2016年11月4日の
米雇用統計発表前の解説動画

Play

00:00/00:00

btn
動画解説

前回10月発表の米雇用統計は非農業部門雇用者数が15.6万人増、失業率が5.0%、という結果であった。比較的弱い結果となり、ドル/円は発表直後に下落した。
接戦の米大統領選を控え、ビッグイベント前の為替市場は11月発表の米雇用統計を受け、どのように動くのか。
今回は株式会社オスピス取締役チーフアナリストの井上義教氏が、個人投資家に向け、雇用統計前に考えること、また相場のポテンシャルをどう読むかなどについて解説する。

米国 経済指標(失業率・非農業部門雇用者数)過去の推移

●免責事項
本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によってに生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。