米雇用統計
2016年10月7日の結果と解説

米雇用統計予想と結果

米雇用統計発表時の相場

2016年10月7日、米労働省が発表した9月雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比15.6万人増(事前予想17.2万人増)、 失業率が5.0%(同4.9%)、 平均時給が25.79ドルで前月比0.2%増(同0.3%増)、前年比では2.6%増(同2.6%増)という内容であった。

非農業部門雇用者数は、事前予想を下回る15.6万人の増加にとどまり、2カ月連続で20万人台に届かなかった。前月分がわずかに上方修正されたが、前々月分が下方修正された結果、3カ月平均は19.2万人増となり再び20万人台を割り込んだ。

失業率は、横ばい予想に反して5か月ぶりに5.0%に上昇した。このところ、失業率の改善基調は一服しているが、同時に労働参加率も上向いており9月は6カ月ぶりの62.9%に上昇した。職探しをあきらめて労働力人口から外れていた人々が求職活動を再開したためと見られ、これが失業率の下げ渋りに繋がっている模様だ。

平均時給は、前月の25.73ドルから0.06ドル増加した。前月比の伸び率は+0.2%と予想を下回ったが、前年比では2.6%と予想通りの伸びを示した。賃金が急激に上昇する気配は依然として感じられないが、緩やかな上昇基調は維持されている。

今回の米9月雇用統計は、米連邦公開市場委員会(FOMC)の利上げ時期を読む手掛かりとして注目が集まっていたが、全体的に予想に届かなかった事から芳しい内容ではなかったとの評価が一般的なようだ。発表後は米ドル安が進行し、米国株と米長期金利も小幅に低下した。ただ、米国の労働市場が「完全雇用」に接近していると指摘される中、15.6万人という雇用増加は及第点と言っても良いだろう。失業率の上昇についても、労働参加率の上昇を伴っているため「悪化」との印象はない。「完全雇用」が近いにしては賃金の伸びが穏やかな点にやや物足りなさはあるが、全体として見ればまずまず良好との評価が妥当ではないだろうか。米9月雇用統計発表後の12月利上げ確率(短期金利市場における利上げ織り込み度合い)は前日の63.4%から65.1%へわずかながらも上昇している。なお、11月利上げの確率はわずかに低下したが、市場は米大統領選直前にあたる11月の利上げはもとより見込んでいなかった。

2016年10月7日の
米雇用統計セミナー録画を配信

10/7 著名投資ストラテジストの武者陵司氏がスタジオ生出演!

2016年10月7日の
米雇用統計発表前の解説動画

Play

00:00/00:00

btn
動画解説

前回9月発表の米雇用統計は非農業部門雇用者数が15.1万人増、失業率が4.9%、 平均時給前月比が+0.1%という結果であった。いずれも予想に届かなかった事からドル/円は発表直後に下落したが、米長期金利の反発とともに103円台後半へと持ち直し た。その後の米経済指標がいずれも弱く、米利上げの可能性が高まらない中で迎える10月発表の米雇用統計。市場予想も含め、どのように考えればよいのか。 今回は香港上海銀行へ訪問し、花生浩介氏から見通しを伺う。聞き手は外為どっとコム総研の神田調査部長。

米国 経済指標(失業率・非農業部門雇用者数)過去の推移

●免責事項
本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によってに生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。