米雇用統計
2016年9月2日の結果と解説

米雇用統計予想と結果

米雇用統計発表時の相場

2016年9月2日、米労働省が発表した8月雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比15.1万人増(市場予想18.0万人増)、失業率が4.9%(同4.8%)、平均時給が25.73ドルで前月比0.1%増(同0.2%増)、前年比では2.4%増(同2.5%増)という結果であった。

非農業部門雇用者数は、市場予想を下回るとともに、増加幅は前月の27.5万人から縮小した。ただ、直近3カ月の平均増加幅は前月の19.0万人から23.2万人へと拡大しており、基調的な強さは維持した格好だ。

失業率は、3カ月連続して4.9%で横ばいだった。改善基調には一服感もあるが、米国の雇用情勢は「完全雇用」に近いため、この先失業率が大きく低下する事はないとの見方は根強い。なお、8月は労働参加率も62.8%と前月から横ばいであった。

平均時給は、前月の25.70ドルから0.03ドル増加。緩やかな増加基調は続いているものの、伸びとしては物足りないと言わざるを得ない。前年比の増加率は前月の2.7%から鈍化しており、個人消費のさらなる拡大やインフレ率の押し上げにはやや力不足との印象が拭えない。

今回の米8月雇用統計は、米連邦公開市場委員会(FOMC)の利上げ時期を読む上で大いに注目が集まったが、結果的には強い手がかりを示さなかった。「9月利上げの根拠としてはやや力不足だが、年内の利上げの可能性を否定するほど弱くもない」と市場は判断したようだ。ドル/円相場は、雇用統計発表直後こそ102円台後半までドル安・円高に振れたが、米国株が上昇して米長期金利も上昇する中で104円台前半へと切り返した。

2016年9月2日の
米雇用統計セミナー録画を配信

9/2 著名FXストラテジスト、シティグループ証券の高島 修氏が電話生出演!

2016年9月2日の
米雇用統計発表前の解説動画

Play

00:00/00:00

btn
動画解説

前回8月発表の米雇用統計は比較的強い結果となり、発表直後のドル/円はジワジワと上昇。約1円の円安・ドル高となった。しかしその後は上値が重い状況が続いている。心理的な節目である「ドル/円100円」の近辺で推移しており、次のトレンドが上昇、下落どちらになるのか、注目されている。
今回はテクニカル分析に定評がある株式会社トレードタイムの平野朋之氏を招き、テクニカル分析で見た9月発表の米雇用統計時のトレードアイディアを聞く。外為どっとコム総研の神田調査部長がファンダメンタルズ分析を担当、2人の見通しから相場分析を深める。

米国 経済指標(失業率・非農業部門雇用者数)過去の推移

●免責事項
本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によってに生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。