米雇用統計
2016年8月5日の結果と解説

米雇用統計予想と結果

米雇用統計発表時の相場

2016年8月5日に米労働省が発表した7月雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比25.5万人増(予想18.0万人増)、失業率が4.9%(同4.8%)、平均時給が25.69ドルと前月比0.3%増(同0.2%増)、前年比では2.6%増(同2.6%増)という結果であった。

非農業部門雇用者数は、2カ月連続で25万人以上の増加を記録した。なお、5月分は1.1万人増から2.9万人増に、6月分は28.7万人増から29.2万人増にそれぞれ上方修正された。その結果、直近3カ月の平均増加幅は19.0万人となり、5月以前の水準を回復。5月の落ち込みは、米景気減速の兆候ではなく統計の一時的な「歪み」であった可能性が高まった。

失業率については、予想には届かなかったが、労働参加率が62.8%に上昇にする中で前月と同水準を維持しており、特に問題視すべきものではないだろう。職探しを再開し、失業者としてカウントされる(労働市場に復帰した)人が増えた事が労働参加率の上昇に繋がっており、そうした中での失業率の横ばいはむしろ好内容と言えるかもしれない。

平均時給は6月の25.61ドルから0.08ドル増加。7カ月連続の増加であり、賃金の上昇基調が続いている事が確認された。もっとも、そのペースはリーマン・ショック前の前年比3%台に比べれば相変わらず緩やかだ。米経済の7割を占める個人消費を一段と押し上げて、インフレ期待を急速に高めるほどの賃金上昇圧力は、まだ感じられないといったところだろう。

今回の米7月雇用統計は好結果であったにもかかわらず、次回9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げ期待には大きく影響しなかった。シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)のFEDウォッチツールによると、9月利上げの確率は発表前の9.0%から15.0%へ上昇したに過ぎない。それだけに、ドル/円相場の上昇が1円未満に留まるなど、為替市場ではドル買いに勢いが感じられなかった。一方で、NYダウ平均が史上最高値にあと80ドルに迫るなど、米国株は雇用統計を好感して力強く上昇した。市場には、英国情勢や米大統領選の行方を睨んで、米FOMCはそう簡単に早期の利上げには踏み切れないとの見方が強いようだ。

2016年8月5日の
米雇用統計セミナー録画を配信

8/5 元外銀為替ディーラーの松崎美子氏が電話生出演!

2016年8月5日の
米雇用統計発表前の解説動画

Play

00:00/00:00

btn
動画解説

英国のEU離脱を問う国民投票から一カ月を経過し、過度な警戒感が薄れる中、為替市場は次のトレンドを模索しているように見える。米国に目を移すと、年内の利上げ期待が高まらず、強いドル買い要因を見出すことができない。重要指標である米雇用統計結果が新たなドライバーになるのか、注目されている。今回、特別動画として個人投資家から支持を集めるFXストラテジストの川合美智子氏が、今回の雇用統計について解説する。聞き手は外為どっとコム総研神田調査部長。

米国 経済指標(失業率・非農業部門雇用者数)過去の推移

●免責事項
本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によってに生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。