米雇用統計
2016年7月8日の結果と解説

米雇用統計予想と結果

米雇用統計発表時の相場

2016年7月8日、米労働省が発表した6月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比28.7万人増(予想18.0万人増)、失業率が4.9%(同4.8%)、平均時給が前月比0.1%増(同0.2%増)、前年比で2.6%増(同2.7%増)の25.61ドルという結果であった。

非農業部門雇用者数の28.7万人増は昨年10月以来の増加幅であり、前回(5月分)の雇用統計を受けて広がっていた米国景気の減速懸念をひとまず払拭する高い伸びであった。もっとも、2010年9月以来の低い伸び(3.8万人増)にとどまっていた前月分が1.1万人増へと下方修正された事もあって、3ヶ月平均の雇用者数は14.7万人増に落ち着いている。

失業率については、2007年11月以来の低水準であった5月から0.2%上昇しており、0.1%の上昇を見込んでいた市場の想定を上回る悪化となった。ただし、労働参加率が前月の62.6%から62.7%に上昇しており、労働力人口の増加が失業率を押し上げたと見られる事から特に問題視すべきものではないだろう。

平均時給は前月の25.59ドルから増加したとはいえ、伸び率は前月比と前年比ともに市場予想に届かなかった。賃金上昇のペースは依然として緩やかであり、人手不足による賃金上昇圧力が急速に高まる様子は感じられない。米国のインフレ率が急激に上昇するリスクは低いとの見方を強める結果と言えそうだ。

市場は今回の米6月雇用統計に対して、米国株(NYダウ平均)が大幅に上昇、米長期金利(10年債利回り)は小幅に低下、ドル(ドルインデックス)は小幅に上昇と、各市場がまちまちの反応を見せた。米株式市場は、非農業部門雇用者数の伸びによって米景気の減速懸念が後退しつつも、平均時給の伸び鈍化などを背景に利上げ観測が高まらなかった点を好感したと見られる。一方で為替市場や債券市場は、これらについて決め手を欠いたと判断した模様だ。

2016年7月8日の
米雇用統計セミナー録画を配信

7/8 元外銀為替ディーラーの小林淳氏がスタジオ生出演!

2016年8月5日の
米雇用統計発表前の解説動画

Play

00:00/00:00

btn
動画解説

英国国民投票を終えた今、いよいよ7月利上げが期待される中で発表される今回の米雇用統計は、はたしてどのような結果となるのか。また、主要通貨ペアの値動きは?為替アナリストの雨夜氏の分析する相場見通しを、外為どっとコム総研神田調査部長が聞く。

米国 経済指標(失業率・非農業部門雇用者数)過去の推移

●免責事項
本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によってに生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。