米雇用統計
2016年5月6日の結果と解説

米雇用統計予想と結果

米雇用統計発表時の相場

2016年5月6日に発表された米4月雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比16.0万人増と7カ月ぶりの低い伸びとなり、失業率も前月から横ばいの5.0%にとどまった。いずれも事前予想(20.0万人増、4.9%)に届かず冴えない結果となった事で、市場には米連邦公開市場委員会(FOMC)が6月の理事会でも利上げを見送るとの見方が広がった。なお、昨年の終盤以降は、雇用者の増加ペースが鈍化するとともに失業率の低下が一服しており、米雇用情勢が勢いを失い始めたようにも見える。

ただ、現在の米雇用環境は「完全雇用」に近いとされており、雇用者の増加ペース鈍化はある意味自然な流れだろう。歴史的低水準にある失業率についても、低下が一服するのはやむを得ない面がある。そうした中、今回の雇用統計では、時間当たり賃金(平均時給)が25.53ドルと前月比で0.3%増加、前年比では2.5%増と堅調な伸びを示した点に注目すべきだろう。雇用者数の伸び鈍化や失業率の下げ渋りとは対照的に、時間当たり賃金は緩やかながらも着実に増加基調を辿っている事がわかる。

今回の米4月雇用統計については、6月利上げの可能性を高めるほどの強い内容ではなかった事は確かだが、賃金の上昇が加速を始めた兆候が見られる点において、6月利上げの可能性が潰えるほどの弱い内容でもなかったと言えるだろう。

実際に、ダドリーNY連銀総裁兼FOMC副議長は米4月雇用統計の発表後に「年内2回の利上げ見通しは依然として妥当な予想」との見解を示している。利上げに慎重なハト派に属するとされる同氏の発言としては、やや意外感をもって市場に受け止められたが、利上げペースに関して過度に悲観的な市場の見方をけん制する狙いがあったと見られる。6月3日に発表される米5月雇用統計の結果次第では、6月会合(14-15日)での利上げもあり得るというFOMCからのメッセージと解釈できる。

2016年5月6日の
米雇用統計セミナー録画を配信

5/6 オンラインセミナー 米雇用統計 全員集合!
外為業界の情報通 荻野氏がズバリ解説!

Play

00:00/00:00

btn

2016年5月6日の
米雇用統計発表前の解説動画

Play

00:00/00:00

btn
動画解説

米国の利上げ期待がしぼみ、ドル安傾向からドル円の上値は重くなっている。次回、FOMCでの利上げを予測する上でのポイントは何か、次の大きなトレンド発生の条件は?外銀ディーラーとして活躍し、現在は様々なメディアでマーケット情報を発信しているYEN蔵氏が、外貨投資「次の一手」を考える。

米国 経済指標(失業率・非農業部門雇用者数)過去の推移

●免責事項
本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によってに生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。