直前解説動画
どうなる!?米雇用統計

Play

00:00/00:00

btn
動画解説

年初からの「円高」相場が収まらず、5月には105円台に突入したドル/円相場。年内の米国利上げの回数について様々な見通しが示されている。そんな中、6月には英国でEU離脱の是非を問う国民投票が予定されるなど、大きな相場変動要因が迫ってきている。はたして、6月FOMCでの利上げはあるのか?今回の米雇用統計の位置づけとは?大局的な視点でマーケットを俯瞰する武者陵司氏に、外為どっとコム総研神田調査部長が聞く。

出演

武者 陵司(むしゃ・りょうじ)氏

株式会社 武者リサーチ 代表、ドイツ証券株式会社 アドバイザー、
ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社 アドバイザー
武者 陵司(むしゃ・りょうじ)氏
1973年横浜国立大学経済学部卒業後、大和証券(株)に入社。
1988年〜1993年ニューヨーク駐在、(株)大和総研アメリカでチーフアナリスト、米国のマクロ・ミクロ市場を調査。1997年ドイツ証券(株)調査部長兼チーフストラテジスト、2005年ドイツ証券(株)副会長を経て、2009年(株)武者リサーチを設立。
著書に『超金融緩和の時代』等がある。

神田 卓也(かんだ・たくや)

外為どっとコム総合研究所 調査部長
神田 卓也(かんだ・たくや)
1987年福岡大学法学部卒業後、第一証券(株)(現三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社)を経て、1991年(株)メイタン・トラディション入社。インターバンク市場にて、為替・資金・デリバティブ等の取引業務を担当し、国際金融市場に対する造詣を深める。2009年7月(株)外為どっとコム総合研究所入社。
●免責事項
本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。