米雇用統計
2015年10月2日の結果と解説

10月2日(金)米雇用統計予想と結果

10月2日(金)米雇用統計発表時の相場

米9月雇用統計は、失業率こそ予想通りの5.1%であったが、非農業部門雇用者数が前月比14.2万人増と予想(20.1万人増)を大幅に下回った上に、平均時給の前月比も±0.0%と予想(+0.2%)に届かなかった。

また、7月及び8月の非農業部門雇用者数が合計で5.9万人下方修正されるなど、弱さが目立つ内容となったため、 発表直後からドル売りが活発化した。119.000円前後では一旦下げ渋ったものの、弱い雇用統計を嫌気する 形で米国株が下落して始まると一時118.684円まで下値を切り下げた。

2015年10月2日の
米雇用統計セミナー録画を配信

10/2 オンラインセミナー 米雇用統計 全員集合!
川合美智子氏が発表直前にトレードアイデアを大公開!

2015年10月2日の
米雇用統計発表前の解説動画

動画解説

米8月雇用統計は非農業部門雇用者数が17.3万人増と予想を下回った事から、ドル/円は118.532円まで下落。しかし、失業率が2008年4月以来の水準に低下した事などから、119.619円まで切り返すなど、乱高下となった。はたして今回の発表は? 注目の雇用統計について、外為どっとコム総研神田調査部長と為替アナリストの雨夜恒一郎氏が、注目ポイントを解説します。

米国 経済指標(失業率・非農業部門雇用者数)過去の推移

●免責事項
本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によってに生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。