川口一晃 基礎から学ぶテクニカル教室

「15.モメンタム」

(1)モメンタム

モメンタムというのは相場の勢いを見るのに使います。では、その勢いをどのように表わすかということが問題になってきます。

そしてその勢いは現在の価格と過去の価格を比べることで表わします。
つまり、過去の価格よりも現在の価格の方が高いということは、当たり前のことですが現在の価格は過去よりも上昇しているということになります。

そこで、「現在の価格−過去の価格」という式を用います。

10日前
100円

5日前
150円

現在
120円


とし、5日前で比べてみると

5日前だと 150円−100円=50円(プラス)
現在は 120円−150円=-30円 (マイナス)

5日前だと上昇の勢いがあったのですが、現在は上昇ではなく下落の勢いの方がある、ということになります。

10日前で比べると
現在は 120円−100円=20円 (プラス)

10日前と比べるとまだ上昇している勢いがあるということになります。

ここで、気づかれていると思いますが、0(ゼロ)よりも大きい、つまりプラスの値だと上昇の勢い、マイナスだと下落の勢いが強いということになります。

モメンタム

上昇しているB時点では
B−A=プラス (上昇)

天井を形成した後のC時点では
C−B=プラス (ただし、プラス幅が縮小)

下落し始めたD時点では
D−C=マイナス (下落)

底を形成した後のF時点では F−E=0 (0は底値や天井を形成した後の上昇、下落の分岐点)

上昇し始めたG時点では
G−F=プラス (上昇)

というように、ゼロを境にプラスとマイナスの数字を見ていくのです。
そして、相場の分岐点に差し掛かるとプラスにしても、マイナスにしても数字が縮小してきます。

これは日経平均です。

日経平均

ユーロドルです。

ユーロドル

(2)ROC

ROCはモメンタムを比率にしたものです。
いくつか計算方法はあるのですが、ここでは以下の式にしたがって計算します。

ROC=現在の価格÷過去の価格

よって、モメンタムは0が分岐点でしたが、
上記の式からは1が分岐点となります。

ROC>1 →  強気相場
ROC<1 →  弱気相場

となります。

どちらを使うかは利用者の使いやすさでいいと思います。
以下に実際のチャートを表示しておきましょう。

日経平均株価
米ドル円

「14.サイコロジカルライン」

「16.一目均衡表(その1)」



●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

外貨ネクストはこちら

米雇用統計特別企画

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

  Bid SP Ask
ドル円
ドル円
ユーロ円
ユーロ円
豪ドル円
豪ドル円
ユーロドル
ユーロドル

全ての通貨ペア